スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想いを繋げて

ヤギ130114-2

想いを描いています・・・

私には早くから後悔なんて言葉を使うこと、なくなっていたのに
なのに、今回は何故?と
その「何故」に気がつきました。

ここでは詳しく書けないのですが
納得いかないままに受け入れていたことがあり
すっきりしないまま、あの子たちがこうなるまで引きずっていたから・・・

私が後悔しない理由には、自分で決めることには、すべて納得してきたからで
中途半端にしてきたばかりに自分で自分を苦しめていたのだと思えました。
あの子たちの体重が増えなくなるばかりか、減り始めたのも、その時期からなので
私の心の内も、いくらか影響していたのかもしれないと・・・

決してそればかりではないのですが
これを越えないと、私らしく生きれない
自分がココロから楽しめなくて、何ができるというのだろう・・・

今みたいな想いを繰り返さないように、これからは自分軸がブレないようにしたい。
そう思い直していたところに
後押しして下さったのが、昨日お会いしてきた山崎先生の言葉でした。


山崎先生130113-2

ヤギを通して発信したいと考えていたこと
また、悩んでいた私の心の内をお話したら、深く頷きながら聞いてもらえ共感して下さった。
一気に晴れ間が広がった感じがしました。


山崎先生が、案内して下さったヤギ飼いの方の所へも
昨日は弟と母と三人で行ってきたのですが
(ゆっちは少し熱があったので、残念ながら この日は一緒に行けず・・今は、もう元気に♪)
私たちが、飽きることなく長い間ヤギを見ていたので、「ほんとに好きなんだね。」とビックリしてたかの様子。

そして
「ヤギの時代が来る。またヤギを飼うといい。」
その方と山崎先生は、乳用のザーネン種を飼うことも考えておられるようで
私も可能であればザーネンを・・と思いますが、ザーネンはかなり大きくなるので。。。

でもこれからは、山羊飼いの方との繋がりを、もっともっと増やしていきたいと想っています。
話ししているだけで、とても落ち着くのです。


山崎先生から

「ヤギと触れ合える場を作ってほしい。」とのお言葉をいただいたことは
本当に心強く、どれだけ嬉しかったことでしょう

私の想いは通じている
私の生きる道も繋がっている・・
カノンとカレンが繋げてくれている・・・と。

それは町中でも不可能なわけじゃなく
昨年神奈川県で行われた14回目の全国山羊サミットでのテーマは
『都市近郊における山羊の活用』であったようですし

山羊とのふれあいを通じて、山羊の持つ「癒し効果」と「教育力」を実践している活動の報告もあり
これからの時代だからこそ山羊に注目してほしいとの想いは、
カノンとカレンと暮らしながらも、日々強くなっていました。

実際、ご近所の方にも、彼と仕事している施術所に来られる患者さんやそのお子様にも評判が良く、
喜んで触れてくれたり、鳴き声を聞いているだけでも癒されると言って下さったり
また写真を撮っておられる方も多く・・・
本当にカノンとカレンは半年間という短い間にも、たくさんの方から可愛がってもらいました。

山崎先生のフランシスと今月19日で2ヶ月になる子ヤギは、とっても仲良し♪

山崎先生130113-1


やっぱり、いいな・・・草食動物って温和で吠えることも怒ることなく、いつだって癒してくれる・・・
ず〜っと、ここにいたいな・・・そんな感じでした。

私ばかりでなく、ずっと元気がなかった弟も、この子ヤギにまた会えてホッとしていた様子。
子ヤギを抱っこさせてもらうと、カノンとカレンが如何に小さく華奢だったかがわかるように
繋がれることなく自由に動いている茶色い子ヤギは、とても逞しかった。

山崎先生はエサを与え
「この食べっぷりを見ておきなさい。ヤギを飼うのは難しいことではない。
こうして小さいときから、フスマも与えておくといい。」と。

↓は、私たち家族がヤギを飼うきっかけになった同じ市内のヤギ飼いのお宅です。

ヤギ130113-1

通りすがりに、ここのヤギちゃんに出逢い、それ以前から飼いたいと言っていた弟のヤギ熱が高まって
ここのご主人様に色々とお話を聞かせてもらえたからこそ、飼おう!ってその気になったのです。
見ず知らずの私たちに丁寧に教えて下さり
またカレンの体温が下がり危篤な状態になった年末の30日の夕方には
どうしたらいいのか途方に暮れ、ここの奥様に電話。
突然の連絡にビックリされた奥様も、「犬用のホットカーペットを使って」と飛んで来て下さり
動揺している私を精神的にも支えてくれました。
昼間に電話していた出身地の農場のオーナーさんにアドバイスされていたように
点滴をしてくれそうな獣医さんを探すため、あちこちに電話しても年末のこと
不在や休みに入っているところがほとんどで
そんな中で
パートナーの知り合いの方から他の獣医さんにも繋がり、
テキパキとしたその獣医さんは寄生虫だとしたらこの注射で2~3日で良くなると
今はこれしかできませんと言われたのですが
それでも、お腹を下にして抱いてなくても静かに眠るカレンを見ている時間は
それまで歯ぎしりもしていた姿を見ていたココロの痛さからはしばし解放されていました。

点滴はできず、回復もせず、結局は助からなかったのですが
本当に、カレンのために何人もの人が動いて下さいました。

過去の体験から自分は本当に強くなったと思っていて
自分さえしっかりしていたら、どんな時でも大丈夫と自信を持っていた私が
一人では何もできなくて、ただオロオロして。。。
この時思い知ったのは、人との繋がりがどれほど大事で、如何に支えてもらえているかということでした。
本当に有難くどれほど感謝したかしれません。
命が失われていく中でも、これだけは感じていました。

こうして文字にして綴っていくと
自分の心の中も次第に整理され、次のステップに進めているようで

今日も、ゆっちが私の所にきて
並べてあるヤギのフィギュアを触り「僕もほしい。」と言いながら

カノンとカレンの話しになると
顔がこわばり泣きそうになるのを、あの子はあの子なりに堪えていました。
今まで聞いてなかった ゆっちの悔しかった気持ちも今日初めて聞きました。
私と同じように、あの子も小さな心の中で抱えていたものがあったことを知りました。

またヤギを飼おうね、という話しになると、嬉しそうで
山崎先生の所の子ヤギも「チャチャ(茶々)」とか「茶々丸」と呼んで
先生の本も持って帰りました。

カノンとカレンが引き合わせてくれた山崎先生。
私の人生の指針が揺らがないよう
あの子たちが身をもって、先生に会わせてくれたのかもしれない・・・・

「初めてのことは誰だってわからないことはある。
そんなに落ち込まないで、この親子ヤギを連れて帰るか?」とも言って下さり
いつの時点でどのヤギを迎えるか、今はまだ家族と話し合いの中ですが、
動物好きのこの先生と繋がっていたいし、もっともっと、お話したいと想っています。


前回の記事にも、さっそくコメントありがとうございました♡
とても嬉しいです。
まだ続編ありますので、よかったらまた読んで下さいね。

平静さを取り戻していく中で
弱っていく姿を見るのは辛かったけど、
夜もずっとそばにいられて幸せだっと思える先月24日からの一週間のことも記録しておきたく
それを次回に・・・




Theme: 小さな幸せ | Genre: ライフ
Category: ヤギ

コメント

aya

こんばんは^-^ 心の氷が溶けるように
自分らしいに気づけるって とっても気持ちが軽くなるよね。。
私も自分の心に素直にといつも心にとめているつもりでも。。
「つもり」で終わってしまうと心の奥で何かが詰まってしまうのよね。。風通しが悪くなるみたいに。。


>自分がココロから楽しめなくて、何ができるというのだろう・・・
今みたいな想いを繰り返さないように、これからは自分軸がブレないようにしたい。


あぁ~** ほんとその通りだなぁ~て思います。。
自分が楽しめなくて。。幸せだと思えてなくて 誰かを幸せにはできないな~って。。
自分の軸がぶれると起きる出来事もぶれてしまうのよね。。
引き寄せの法則っていうように。。
自分の心のあり方が全ての出来事や人を引き寄せるのだな~と。。
わかっているつもりでも、つもりで終わってしまったりね^^

>この時思い知ったのは、人との繋がりがどれほど大事で、如何に支えてもらえているかということでした。
本当に有難くどれほど感謝したかしれません。

そうですよね。。
人は自分の命を最後にするとき、残せるものがあるとすれば物でもお金でもなく、
人と人とのつながりの中で生まれた心だけですよね。。
それはどんなに月日が流れたとしても
朽ちること無く次の世代にもその次の世代にも心の中で繋がれていけるもので。。

素敵な獣医さんに出会えたことも。。
カレンとカノンに感謝ですね♪^-^
きっと空の上。。まゆみさんがまた歩き始めたそのことに。。
きっと喜びながら駆け巡っていると思いますよ♪

2013/01/14 (Mon) 21:43 | #EvmDRqhQ | URL | 編集

まゆみさんこんばんは。
またヤギを飼おうね、の言葉に、何だかほっとしました♪

2013/01/14 (Mon) 22:50 | イベリコ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/01/14 (Mon) 22:53 | # | | 編集

こんにちわ。
いろんな事があったのですね。
年末年始から私も色々あって拝見できてませんでした。
今日、ゆっくり以前の分から拝見させてもらいました。
別れは辛い、悲しい、切ないけど、きっと次へ繋がることも残してくれていますよね。
ここから、またドンドン思いを繋げて行って下さい。
カレンちゃんもカノンちゃんも頑張るまゆみさんを応援してくれますよね。

2013/01/16 (Wed) 12:48 | ここっち #GF1DZCGU | URL | 編集
ayaさんへ

ご心配、おかけしました。
ようやく前に進み出せているって感じでしょうか。
まだ涙も出てくるときがありますが、それも私。
15年一緒に暮らすつもりだったので、あまりに早過ぎて
まさかという気持ちがどうしてもね。。。

時間はかかりそうですが

> 自分が楽しめなくて。。幸せだと思えてなくて 誰かを幸せにはできないな~って。。

これは、ほんとにそうだと思えます。
カノンとカレンがいなくなってからの自分と
それ以前と、こんなにも違うものかと・・・
幸せ不幸せって意識でもないのですが
悲しみの感情は自然と湧いてくるものなので、止めようがないというか
それだけ大切な存在だったということを、身をもって知ったということでもあるしね。
命あるもの、いつかは・・・なのですが

> 人は自分の命を最後にするとき、残せるものがあるとすれば物でもお金でもなく、
> 人と人とのつながりの中で生まれた心だけですよね。。
> それはどんなに月日が流れたとしても
> 朽ちること無く次の世代にもその次の世代にも心の中で繋がれていけるもので。。

人と人とのつながり
またすべての命あるものとのつながり
どちらも、失ったときから、また新たなストーリーとなるのかもしれないですね。
というか、そうして語っていくことも大切だと。

> 素敵な獣医さんに出会えたことも。。
> カレンとカノンに感謝ですね♪^-^
> きっと空の上。。まゆみさんがまた歩き始めたそのことに。。
> きっと喜びながら駆け巡っていると思いますよ♪

うんうん、ayaさん、ありがとう。
カノンとカレンは、私の想いを
生涯かけて繋げていきたいと想っていることを、もっと大きくしてくれるため
早く逝くことによって、この獣医さんに出会わせてくれたのかもしれないとも感じています。
悲しいけど、そう思えることで一歩を踏み出せそうに想うのですよ^^

2013/01/21 (Mon) 21:35 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ここっちさんへ

コメントありがとうございます。
御無沙汰したままで、ごめんなさい。

> 別れは辛い、悲しい、切ないけど、きっと次へ繋がることも残してくれていますよね。
> ここから、またドンドン思いを繋げて行って下さい。
> カレンちゃんもカノンちゃんも頑張るまゆみさんを応援してくれますよね。

ありがとうございます。
悲しみはどうしようもなく、泣きたいだけ泣いたけど、
それも自分と受け止め、次のステップにと繋げますね。
今年もよろしくお願いいたします♡

2013/01/21 (Mon) 21:38 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
イベリコさんへ

コメントありがとうございます♡

> またヤギを飼おうね、の言葉に、何だかほっとしました♪

そうですか?
そう言っていただけて、私もほっとしました^^

2013/01/21 (Mon) 21:40 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
鍵コメさんへ

共感していただけて、本当に私自身とても救われています。
ありがとうござます。

2013/01/21 (Mon) 21:43 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。