スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜とともに・・・

玉ねぎ110607-1

先週土曜日午後、玉ねぎの収穫をしました。
と言っても、20個ほどですが・・・

昨秋、余った苗をもらえることになり、初めて育てていたのですが
淡路島は玉ねぎの産地でもあり、今が収穫時。
毎年、知りあいの農家さんから頂くことも多いので
あえて自分の畑で育てるつもりはなかったのですが・・・

それでも、自分で植えた玉ねぎを見守り、収穫までたどり着けたのは感極まります!!
↓は、抜く前の状態。葉が倒れてしまったら、抜いても良いサイン。

玉ねぎ110607-2

土の中で育っていたとき、必要以上に草も抜かず
冬場、雨がほとんど降らずに、地上部の葉部分は貧弱でしたが
春先からの雨で、急にしっかりしてきたのです。
元肥も追肥も、なたねの油かすのみ。

春からは、こぼれ種であちこちに咲き始めたジャーマンカモミールを間に植えました。
カモミールは玉ねぎの育ちがよくなるコンパニオンプランツなのです♪

上の写真に写っているのは、カタバミと名も知らぬ草ですが
一般に雑草と呼ばれているものですら、土作りに貢献しているのだと知り大いに活用中です。

玉ねぎは、売られているサイズからするとMでしょうか。
健全な野菜が一番!大きさにこだわっていない私にとっては、十分な大きさです。
今、ヒモでくくって吊るしている状態で、まだお食べてはおりませんので
それは、また後日報告いたしますね。

玉ねぎは、
農薬を使っている農家さんが多いことも聞いていましたが
ネットでも調べてみると虫がつきやすいと説明されてて、意外でした。

というか、これはもう、実際のところ、虫が来るとか来ないとか観察する以前の
慣習になってしまっているのかもしれません・・・

稲とカメムシ、スズメに至っても、同じことが言えると思います。
そのことを書いた以前の記事 「土を知るPART1」はコチラ

あるとき、農業歴のあるブログ友さんから
「玉ねぎを切った時、白い汁が出てくるのは農薬だよ。」って教えてもらってから
私が初めて栽培して、こんなに健全に育った玉ねぎにすら、
一般栽培では、農薬の散布量が、いかに多いかということを
知るきっかけになったのですが・・・

そのブログ友さんも言ってたように
農家さんは、自分たちが食べる野菜には、農薬を使わないのは常識というほど
その怖さを認識しているということでもあるのでしょう。

では、何故、使うのか?
それは、国の政策や消費者側にも問題があるようで・・・

実際、現在、自然農法にたどり着いた農家さんほど、
積み重なった農薬が元で体調を崩したり病気になったりしている方が多く
また本を出されている方は、土、肥料、草、虫と野菜の根本的な関係に気がついているのですよね。


自然農法(化学肥料、農薬使用せず、または化学肥料のみならず有機肥料も使わず無肥料、無農薬)で育てると
基本的に野菜が丈夫なこともあり、虫は来ないし、トラブルなしで収穫時を迎えることができ、
私自身もその証明ができた気がしています。

ちなみに、この苗をくれた人の畑では、同じ苗ながら、途中で葉部分が黄色くなって枯れる
という病気が発生していて、化学肥料や土に入れて硬くなってしまった石灰の影響もあったのでは?
と推測がたちました。
栽培から何年か、最初の頃は、見事にどれもできていたのに・・・

プチトマト110607-1 きゅうり110607-1 なす110607-1 

それぞれの野菜達、クリックすると大きく見られます。
順調です♪ 
種から芽を出したという、いただいたナスは、まだまだ小さい苗ですが・・・


私が玉ねぎの苗をもらった方、そして一般栽培の方が
害虫が増えてきたと嘆いているのも、聞いていると栽培する年数が経つほど深刻化しているようで
土に本来要らないものを入れているため、野菜が弱くなる→虫に狙われる→農薬を使う
という悪循環に陥っている気がします。

雑草、ばい菌、害虫ではなく、それらを、
神草、神菌、神虫と独自の表現をされている
赤峰勝人さんの「循環」の世界を伝えたく、
まとめて4冊「循環農法」の本を知って欲しい人に渡したく買いました。

赤峰さんの農園では、人糞、人の食べ物に一番近い豚糞、草の堆肥を使っているようですが
私は、肥料の点においては、
「農薬だけじゃなく肥料も使わない」自然栽培野菜ナチュラル・ハーモニーの河名秀郎さんや
「耕さず、肥料・農薬を用いず、草々・虫たちを敵にしない、畑から持ち出さず持ち込まず」の川口由一さん
に近づきたく
なかなか、すべてを畑の中で循環させるには難しいですが、目指しています。

今回購入できた、赤峰さんの本には
生えてくる草の種類で野菜に適した土の完成度がわかるという、目安まで紹介してあり
とても参考になります。

草はすべて、意味があって、そこに生えてきているのだと知ったことは
大きな収穫です。


コンポストの中の種から育ったカボチャに、昨日、一番果を見つけました。

花は何個か咲いてくるのに、なかなか雌花が見当たらず
赤峰さんの本によると、親ヅルに葉っぱが25枚の時に摘心するとあり
数を数えると、ちょうどその数!
で、その直前の花に雌花を一つ発見しました♪
今朝、大きく開いていたので、念のため、雄花を摘んで花びらを取って人工受粉。

カボチャ110607-2

午後には、雌花はしぼんでいました。これからの観察、楽しみです。

カボチャ110607-1

趣味の域を越えて、生活の大事な要素になった野菜作り。

「植物と香りのある生活」という、最初にひらめいたブログのタイトルは
私の生活そのものであり、
最近、何かで読んだように

植物なくしては、人間を含むすべての動物は生きていけないのだ

というのも、再認識するようになりました。


畑110607-1

人が病気にならず健康で生きるには、どうすればいいのか
自然に寄り添えば、自ずとわかることだったのです・・・

何が起こったとしても
自分の体が元気であることは、何よりも財産になります。
そのためには、日頃どうすればいいか、

遺跡110605-1



地元ですが
弥生時代後期の遺跡が見つかり、復元したところに、日曜日行ってまいりました。

私は、歴史で知った学生時代から、弥生以前の
縄文時代に、漠然とした憧れがありました。

免疫学を提唱する医学博士
安保徹教授も 「進化で得た~筋肉を使わない~というのが問題。縄文時代の生き方にヒントがある。」と。

最先端も流行も追わない、自然と戯れて過ごす生活
私は、こんな時代に生まれきたほうが、似合っていたかもしれませんね。。。

最近、力を入れる作業も多かったので、細腕ながら、またまた筋肉モリモリです。

今の世の中が、ちょっと息苦しい、
そう感じているような

そんな仲間がほしいです。


ついつい今日も長くなりました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Category: 菜園

コメント

まゆみサン。こんばんわぁ。

>玉ねぎを切った時、白い汁が出てくるのは農薬だよ。
ビックリです。
白い汁が出ない玉葱ってみたことあったけ??
って思わず考えちゃいました。。。
そう思うと。
確かにお隣サンから頂いたモノは出なかったかもしれません。

我家も石灰は畑を作った1年目のみ。
その後は入れることも無く。
肥やしもなく。
冬の間に台所で出たものを入れたくらいなんですけど
この夏の野菜作りは不に落ちない点も・・・。

勉強したいことだらけデス。。。

話が少し逸れてしまいますが。
燕蔵が働く車が好きなので
最近はゴミ清掃車の先回りをして仕事している姿を
私も一緒に見ているのですが
主人と2人だった頃は本当にゴミも少なかったのに今では・・・。

やりたいこと。
もっともっと勉強したり工夫したいことがいっぱい。
時間がどれだけ合っても足りません。
でも。
1つ1つやることが1番の近道だと思うので
無理なく長く続けれるように努力したいなぁ。と思っています^^

まゆみサンの記事。
毎回とっても考えさせられます。
いつも素敵な発信ありがとうございます♪


2011/06/08 (Wed) 00:31 | himekichi #k87Cp.wM | URL | 編集

ばんにゃ♪

お久しぶりです^^
最近どうも不調続きで、ネット徘徊しても
コメントを残せずにおりました^^;

しかし、立派な玉ねぎだね!!
すごーい♪
カモミールと相性が良いとは知らなかった。
でも、うちの小さな菜園にカモミールを植えたら
あっという間にカモミールに占領されそうだわ^^;
ミントにも占領されそうだったので、ミントは今春花壇の方へ移しました~。

本当に本当に本当に!!!
調和が一番。
何も排除しないのが一番ですね。
人は改良という名の元に何をしてきたのでしょう。
真っ直ぐにした川は魚の住処を奪い、
農薬だらけの土地はやせ衰え。。。
虫は次々と殺虫剤より強くなり、更に強い殺虫剤を使う羽目に陥り。。。

うちの菜園はまだまだ苗を植えたばかり。
なので最近は山菜採りに励んでいます^^
ここのところメニューは山菜尽くし♪
昨日はウドの酢味噌和えとフキの煮物。
それにコゴミのサラダでした~^^
もちろん山菜の収穫には気を遣います。
根こそぎ採るなんてもってのほか!
ちゃんと来年も楽しみたいですものね♪

2011/06/08 (Wed) 20:49 | あお #- | URL | 編集

おはようございます(^^)

自然農法いいですね。
私の母は自然農法ではないですが、油粕とコンポストを置いて草や残飯を入れて、耕し苗を植えます。
今年に入り草取りが大変だと全てにワラを敷いて秋にはワラを土に戻すと言っていました。
畑には色々な切り花用花が咲き山菜もあります。こぼれ種でビオラなどが咲いています。目指すは山の中の畑だそうですアハハ(山奥の育ちだからかな?)
「今の土になるまで10年かかったよ」と言っていました。もちろん無農薬です。

まゆみさんのブログのおかげで私の考え方も少しずつ変わってきているような気がします。
虫やカタバミ・鳥に関しても・・・
ありがとうございます<m(__)m>
これからもイロイロ教えてくださいね。

2011/06/09 (Thu) 08:19 | ゆきんこ #TluyS4YI | URL | 編集
himekichiさんへ

コメントありがとうござます!
お返事遅くなりました。相変わらず、座る時間がなくって(苦笑)

> 白い汁が出ない玉葱ってみたことあったけ??
> って思わず考えちゃいました。。。
> そう思うと。
> 確かにお隣サンから頂いたモノは出なかったかもしれません。

玉ねぎ、私も、それを聞いたときは、白い汁は当り前だと思っていたけど
スーパーで野菜を買わなくなって、農家さんから頂いたり地元で産地直送の物を買うようになってから
そういうのがあまりないのですよね。

人参ひとつにしても、ヘタを水栽培していたらわかるのですが
スーパーで買うものは、葉っぱが出てきて、しばらくは楽しめるのですが
ある日、突然、葉っぱがしおれ、ヘタの部分を見ると、柔らかくなっています。
朝市で、農家の人が直接持って来てる人参は、見た目はゴツゴツした感じで
ヘタ栽培をしていて気がつくのですが、何ヶ月経ってもしっかりしてるのです。
花も今までより大きく咲いたり、葉っぱが勢いよくて数が多かったり・・・
今、新ゴボウの茎の部分を水につけて出てきた葉っぱを楽しんでいるところ。
元気ですよ~♪
地産地消、やっぱり地元のものは規格外れで出荷できない物で
カタチやサイズは不ぞろいでも、元気ですね!

> 主人と2人だった頃は本当にゴミも少なかったのに今では・・・。

ゴミを出さない工夫は、生活の知恵でもあるし
無駄を省く生活は、体にも良い気がしますね~
最初からゴミの出ない買い物を・・・と考えると、
やっぱりスーパーで買うものって、パッケージひとつにしても分別してもゴミが出る気がします。

> やりたいこと。
> もっともっと勉強したり工夫したいことがいっぱい。
> 時間がどれだけ合っても足りません。

私なんて、子育て終わってても時間が足りないもの。
himekichiさんはブログで拝見するに
3人のお子様を育てながら、時間を上手に使ってらっしゃると思いますよ♪

> 1つ1つやることが1番の近道だと思うので
> 無理なく長く続けれるように努力したいなぁ。と思っています^^

それが、いいですね~
できることから、少しづつ、丁寧に♪ それで、十分だと思います。

> まゆみサンの記事。
> 毎回とっても考えさせられます。
> いつも素敵な発信ありがとうございます♪

ありがとうございます。そう、言っていただけると発信している甲斐あります^^

2011/06/09 (Thu) 21:10 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
あおさんへ

コメントありがとう~
私こそ、随分御無沙汰です。。。
なんで、こんなに動きまくっているんだろう?って思うほど
座ってる時間がないのですよ。。。
あおさん、不調だったのですか?大丈夫?

> しかし、立派な玉ねぎだね!!
> すごーい♪

あおさんに、そう言ってもらえると嬉しい~!!

> カモミールと相性が良いとは知らなかった。

私も、今年になってから調べていて行き当たりました。

> ミントにも占領されそうだったので、ミントは今春花壇の方へ移しました~。

ミント地植えしない方がいいですよぉ。
地下茎で増えすぎて大変なことになるよ~

> 何も排除しないのが一番ですね。
> 人は改良という名の元に何をしてきたのでしょう。
> 真っ直ぐにした川は魚の住処を奪い、
> 農薬だらけの土地はやせ衰え。。。
> 虫は次々と殺虫剤より強くなり、更に強い殺虫剤を使う羽目に陥り。。。

そうでしょ~
この思いをもつ人が増えてくるといいのだけど・・・
他の生き物からすると、人間はいてほしくない存在でしょうねぇ。
ある本で、「人は生きているだけで地球の癌」という表現を見て
あぁ、その通りだなぁって思えました。
生かされているということに感謝できれば、もう少しカタチは変ってくると思うのだけど
傲慢になって、また、他の生き物を敵だと決めつけてしまうのはよくないですよね。
他の命の上に成り立っていることを考えると、行動が少しづつ変ってくる気がします。

> うちの菜園はまだまだ苗を植えたばかり。
> なので最近は山菜採りに励んでいます^^

わぁ、山菜採りですか!?
それは、素敵!
自然に恵まれた所に住んでいてこそ、叶う贅沢ですよね。
旬のものは、体に必要なようにできているしね♪

> もちろん山菜の収穫には気を遣います。
> 根こそぎ採るなんてもってのほか!
> ちゃんと来年も楽しみたいですものね♪

そうそう、そういうエチケットは守らないとね!
私も、この前の日曜日、浜辺でオカヒジキを少しだけ摘んできて食べましたよ~
あの食感がたまらない!!
でも、浜辺には流れ着いた人工的なゴミも多くって、人が環境を荒らしているのがショックでもありました。

みんなで地球を綺麗にしていきたいね!
日々の積み重ね、一人一人の自覚でもありますねぇ。

2011/06/09 (Thu) 21:23 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ゆきんこさんへ

メールありがとうございます!

> 私の母は自然農法ではないですが、油粕とコンポストを置いて草や残飯を入れて、耕し苗を植えます。
> 今年に入り草取りが大変だと全てにワラを敷いて秋にはワラを土に戻すと言っていました。

ゆきんこさんのお母様、自然を大切に、ちゃんと循環させていて素晴らしいです!

> 畑には色々な切り花用花が咲き山菜もあります。こぼれ種でビオラなどが咲いています。目指すは山の中の畑だそうですアハハ(山奥の育ちだからかな?)
> 「今の土になるまで10年かかったよ」と言っていました。もちろん無農薬です。

現在、化学肥料や農薬を使っている農家さんが、健全な土に戻そうとしたら
それは、10年、20年の単位になりますよね。。。
山の植物を見ていると、人が栽培しているのとの違いが見えてきますものね。
リンゴ農家の木村秋則さんの本を読んで、それがよくわかりました。

> まゆみさんのブログのおかげで私の考え方も少しずつ変わってきているような気がします。
> 虫やカタバミ・鳥に関しても・・・

ありがとう^^
ゆきんこさんの、このコメント、とても嬉しいです!!
いくつのも命の上に、私たちが生かされていることを自覚したら変れますよね。
そして、その方が、いいことあるし♪
そんな人が増えていくことを、願っています^^

2011/06/09 (Thu) 21:33 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

まゆみサン。こんばんわぁ。
我家の玄関に今燕の巣があるんです。
でも。
出入りの激しい我家。
先日までは私が玄関に居ても燕が行き来していて
あぁー。この家の人って分かっているんだなぁ。って思い
朝はおはよ。って話しかけていたんです。
でも・・・。
昨日から急に威嚇するようになって。
今日は宅配便の人にも・・・。
もし子供の目をつつかれたら失明するのではないかと言うほどスゴイ勢いなんです。

私は勝手にそろそろ雛がうまれるのかなぁ。って思っていたんですけど
他の人から見たらどうしてこんなに危険なのに巣を落とさないのだろうって思うほど。
宅配業者の方もそんな感じだったんです。。。

私もまゆみサンのブログを読んでいなかったら子供を守ることを即決断していたかもしれません。
でも。
この地球は人間だけのものではないし。
人間だけ服をきて。
嗜好食品を飲食し。
自動車や電車など乗り物にのって。
好き勝手やっているんだよなぁ~って思ったら。
燕にとっては人間の方が天敵なんだなぁ。って思ったんです。

そんな矢先の

「人は生きているだけで地球の癌」
という言葉。
まさに私の気持ちを上手に言葉にしてもらえた気分でした。

子供も燕も守れるような。
何かいい方法はないか考えてみたいと思っています^^



2011/06/10 (Fri) 23:18 | himekichi #k87Cp.wM | URL | 編集

淡路のタマネギいいですねぇ~
生でもいいソテーして甘みを引き出すのも あこがれます☆
南淡路の方で峠を下ると新タマネギ収穫真っ最中でオニオン~っ!!て感じの香りを楽しんでタマネギ畑の道を走ったのを覚えています。春から今ぐらいが旬ですよね。

トマト、なすも楽しみですね。イタリアンでまとめるとホント合いますよね。勝手にリクエストすると トマトソースにすると濃厚な風味が出るイタリアン トマトと 濃厚な甘みとみずみずしさが美味しい長なすにトライしてもらいたいです。うちの実家の方の博多長ナスの美味しさは まゆみさんの農園で再現してほしいです。これを組み合わせたら 何か凄いものができるような気がします。気が早いですが、心すでに収穫祭に向いています 笑

2011/06/11 (Sat) 21:39 | ぐっさん。 #GX8l0vGE | URL | 編集
himekichiさんへ

再コメントありがとうございます!!
お返事遅くなってゴメンナサイ。

> 我家の玄関に今燕の巣があるんです。

ツバメの巣のある家は、昔から商売繁盛の印とも、安全であるという言い伝えもあり縁起がいいのですよね。

> 出入りの激しい我家。

人の出入りが多いからこそ、カラスなどの天敵から守ってくれると、人の住んでいる近くに巣を作るののですね♪
ツバメだって、雛を守るためには、用心深くなるでしょうし
威嚇してくるのも、敵だと意識したときに始まるのかもしれませんね。。。

動物は、嫌う人のほど吠えたり攻撃的になるようにも思うし
また、人間は、お子さんを守るためには、虫や鳥たちにも、
そう感じさせてしまうときもあるかもしれませんが、うまく共存できるといいですねぇ~

> 私もまゆみサンのブログを読んでいなかったら子供を守ることを即決断していたかもしれません。
> でも。
> この地球は人間だけのものではないし。

himekichiさんの想いが、ツバメにも伝わるとイイな~と想います^^

> 人間だけ服をきて。
> 嗜好食品を飲食し。
> 自動車や電車など乗り物にのって。
> 好き勝手やっているんだよなぁ~って思ったら。
> 燕にとっては人間の方が天敵なんだなぁ。って思ったんです。

ほんとに、私もそう思うのです。

> 「人は生きているだけで地球の癌」
> という言葉。
> まさに私の気持ちを上手に言葉にしてもらえた気分でした。

人中心で回っている世界が当り前になること自体が問題でもありますよね。。。
どれだけ命の上に、私たちが生きていられるのか、感謝の気持ちをもてることで
大きく変ってくる気がしています。

> 子供も燕も守れるような。
> 何かいい方法はないか考えてみたいと思っています^^

私は、気持ちは伝わるものと思いたいから
ウォーキング中に出会う大きな鷺や、鷹や鳶やカラスにも
優しい心で接していたいと思っているんです。
みんな、同じ地球で生きているのですものね。
人が一番偉いのではないということを自覚しているだけでも違うかなと・・・

色んな意味で、感謝の気持ちって
とても大切だと思います。

今回のhimekichiさんのコメントも、本当に嬉しく読ませていただきました。
いつも、ありがとうね!

2011/06/14 (Tue) 21:58 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ぐっさん。へ

コメントありがとうございます!

> 淡路のタマネギいいですねぇ~
> 生でもいいソテーして甘みを引き出すのも あこがれます☆

淡路島のタマネギって、甘味が強いのですよね。
甘くて美味しいがいいのか、最近疑問でもあるのですが
タマネギも種類が多いのですが、私の畑のタマネギは、どうやら「ターザン」という中手の種類のようで
頂いた早生のタマネギと食べ比べをしてみたら、生で食べるには辛味が強かったです。
調べてみたら、生で辛い品種ほど火を入れると甘くなるとか・・・
タジン鍋で蒸し焼きにしてみたら、なかなか味に深みがあり美味しかったですよ~
最近、野菜はシンプルにそのもの自体のお味を確かめるかのごとく
調味料も天然塩で引き出して食べることが多くなりました。

> 南淡路の方で峠を下ると新タマネギ収穫真っ最中でオニオン~っ!!て感じの香りを楽しんでタマネギ畑の道を走ったのを覚えています。春から今ぐらいが旬ですよね。

あはは~
南淡路は、ほんとタマネギの収穫時にはニオイが凄いですね。
ぐっさん。その時期に走ったのですね!

> トマト、なすも楽しみですね。

ナスは、まだまだ小さい苗なので気にかかります。
このナスを種から育てた経験のその方は、実はラジオ体操仲間でして
春に転勤して、もうこちらにはいらっしゃらないのですが
通常のナスの三倍くらいの大きさになる品種だそうで・・・
なんとか、その方に報告できるよう大切に育てたいというか見守っていきたいと思っています。
プチトマトは、水やりを控えることによって濃厚な味になるので
そのようにし、毎年、問題なくできておりますが
加熱して食べるイタリアン トマトは、育てたことはないので、
ぐっさん。のリクエストにお応えして、来年はトライしてみたいです。
ナスは、原産地から考えても、高温多湿を好み、この多湿という環境は
日本の夏ではむずかしいところです。。。
去年は、ほとんど雨が降らず、ナスにとっては厳しい環境でしたし・・・
今年はできるだけ水やりしやすい場所に植えるのがポイントだと思って、
そして
美味しくというより、健全に育つには?の諸々の条件というか環境をさぐっています。
野菜作りというのは、できるだけ原産地の環境に近づけ
また尚且つ、人が食べて体に良いように、本来の旬をはずさない作り方が理想です。
夏野菜、ナスは特に体を冷やす陰性の食べ物
原産地はインドなので、体を冷やす極陰性の野菜というのも納得ですね。
栽培の関しては、ハウス栽培ではなく路地での栽培、日本ではどうすれば?と
しかも、肥料喰いの野菜のようなので自然栽培ではハードルが高いのです。。。

ほんとに、人の体と土、野菜、薬と農薬、は、同じなので
仕事がら、ほんとに思いは年々深くなり・・・

また、自然農法は、生き方を問うことでもあり
体力はあれど、知りたいこと観察したいことがたくさんありすぎて
頭の中がいっぱいいっぱいな毎日です(苦笑)
でも、知れば知るほどに納得でき、楽しいのですよ~

自然から学ぶこと、ほんとうに素晴らしいです。


2011/06/14 (Tue) 22:31 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

まゆみさん、こんにちは。
うちも玉ねぎはほとんど淡路産のを食べてますが、たまにスーパーで買ったのの白いお汁が農薬だったなんて、なんかとっても怖いです。

農薬や肥料も使わずの自然栽培で、丈夫で栄養のある野菜ができるのには、やはり土作りにもかなり気を使っておられますよね。
野菜本来のお味、そして体の健康を真剣に考えたら、やはりまゆみさんの言う自然農法が一番!

「人が病気にならず健康に生きること」
私もそろそろ真剣に考えないといけない時期にきたみたい。
「今の世の中がちょっと息苦しい。。。」
そう感じる時がありますよ。
自分自身でもっと考えて自らを変えていかないといけない.......
まゆみさん、また色々教えて下さいね。

2011/06/16 (Thu) 16:59 | Maa #- | URL | 編集

まゆみさん、おはようございます♪

淡路玉ねぎが、ご自分の畑で
収穫できちゃうなんて♪すごいなぁ~^^
お味はいかがでしたか?

人が健康に生きるために。。
植物や太陽、風、虫たち

自然にチカラを借りて
そのお返しに、人は自然に
できることを考える。。

神草、神菌、神虫ということば。。
いいなぁ。赤嶺さんの循環農法
私も読んでみたくなりました^^

どんなものにも意味があり
皆に生かされているのだと知ると
身体も、ココロも豊かに生きていける気がします。

それにしても~何でも実践してしまうまゆみさん♪
しかも、おしゃれに。。^^


いつも、生き方や暮らし方etc。。
いろんなヒントをを教えていただいてありがとう~^^


今日もHAPPYな一日を♪

2011/06/18 (Sat) 06:57 | sabo #- | URL | 編集
Maaさんへ

コメントありがとうございます!


> うちも玉ねぎはほとんど淡路産のを食べてますが、たまにスーパーで買ったのの白いお汁が農薬だったなんて、なんかとっても怖いです。

白い汁がほんとにそうなのか、どうか???ですが・・・
でも、農薬なしで野菜を作っている農家さんは少ないのは事実ですね。。。
それは、農家さんが悪いわけでもなく、色んなことが絡んできた結果だと思います。

農薬も肥料もなしで栽培しようと思えば、できないことではなさそうです。
ただ、病んだ土を健康な土に戻すには年数がかかるから
今更・・・ということにもなり
跡継ぎが少なくなった日本の農家さんには、それだけでも深刻な状況であるでしょうし・・

でも、放射線が人体にとって心配されるのと同じように
農薬も、日々一生の形で人の体に入っていく現実を
どれだけの方が問題視しているかということですよね。。。。

国に求めるだけでなく
自分で自分を守っていくことも考えなくてはならない時代がきていることを痛感しています。
現実を知ることから、対策を・・・ですよね^^

2011/06/18 (Sat) 19:01 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
saboさんへ

コメントありがとうございます!

> 淡路玉ねぎが、ご自分の畑で
> 収穫できちゃうなんて♪すごいなぁ~^^
> お味はいかがでしたか?

あの頃の畑と随分変りましたし
また、日々の観察の目も、日に日に変ってきたとういうか・・・
本当に、色々、学びが多いです。
玉ねぎには、色々品種があるようなので、どれが本来どんな味?というのも
まだよく知らない私ですけど
私のところの玉ねぎは、生で食べるには辛味が強く
でも火を通すと、甘いだけでない奥深い味だったように思います^^

> 神草、神菌、神虫ということば。。
> いいなぁ。赤嶺さんの循環農法

ほんとに、それそれが、ちゃんと役割を持っているのですもの。
これを知ると、神様が最初に作って下さったものには
本当に無駄がないと思えます。
人の体も、ほんとに上手くできているし
自然に逆らった生活をしなければ、病気になりにくく
またなったとしても、何が原因なのかを知ろうとすることが大切なのですよね~

> 私も読んでみたくなりました^^

私は、赤峰さんの本を何冊か読んでいますが
ayaさんは、「ニンジンの奇跡」を読まれたそうで・・・
私はもっぱらAmazonで中古を安く買っていますが
食べるものと病気の関係は知っておいた方がいいと思いますよ~

> どんなものにも意味があり
> 皆に生かされているのだと知ると
> 身体も、ココロも豊かに生きていける気がします。

ほんと、そうですねぇ。
人は、気づかずに生活していることが多いけど
たくさんの命の上に生かされているのだという感謝の気持ちがどれだけ大事か
つくづく感じます。

> それにしても~何でも実践してしまうまゆみさん♪
> しかも、おしゃれに。。^^

肉体労働ですから
どうせやるなら、楽しくお洒落に、その方が長く続けられますもんね♪

> いつも、生き方や暮らし方etc。。
> いろんなヒントをを教えていただいてありがとう~^^

いえいえ、こちらこそ、いつもありがとう~
ブログ、淡路島編、ほんとに嬉しかったですよ^^
また計画立てましょうねぇ。

2011/06/18 (Sat) 19:13 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。