スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそ、一人一人が

大地震から1週間が過ぎ
多くの方々の疲労を想うと、いても立ってもいられない気持ちですが
ここは長期に渡って支援できるようにと
毎日、被災地の方の気持ちにできるだけ寄り添えるように
節電にも気をつけながら、そして、明るい希望のイメージを持ちながら暮らしています。

ニンジン110320-1

捨てずにいた野菜のヘタもこんなに伸びて
蕾が見えてきた大根と、どこまでも伸びる人参の葉です。
母が私の家に来て植物たちの元気さにビックリするのですが
私にとっては、ごく自然なこと。想いは、必ず伝わるという証です。
最近は、物質にはすべて意識があるのでは?と思え
すべての物に心の中で声をかけ、大事に大事にしています。
そしたら、壊れかけのものも使えるようになるのだもの、不思議です。



こちら淡路島でも、被災地の方の一時避難の受け入れが始まり
住み慣れた土地を離れ生活していらっしゃる方がいます。

この春から、神戸で「ココロとカラダ塾」を受講する予定の私ですが
その関連で
今こそ「本当に命のパワー宿る玄米」を身体に取りいれることが必要だと
私の想いと重なったプロジェクトも立ち上がったようなので、
できるだけの協力を、と思っています。



自然派の私は、今まで、
息子がコンビニ店長でありながら、コンビニ否定派でした。
添加物の入ったものは避けていました。
でも
非常時にカップ麺やレトルト食品、ペットボトル飲料などが主流の支援物資が
いち早く被災地に届けられ
まず、そういった保存食が命を繋ぐということを実感したとともに、
物事は一面だけでなく色んな角度から見て判断しないといけないのだということも思い知らされました。
ちょっと反省したのですよね。

ニンジン110320-2



とともに
昼夜問わず、照明が赤々と照されるお店がいかに多かったか
個人的にも不要な電力を使っていなかったか・・・

多くの電力が今まで必要以上に使われていたことも認め
これを機会に見直しの時期にきているのではないかとも思います。

「奪い合えば足りぬ、分け合えば足りる」

色んなことに、それが言えそうです。


今、現地で、また各地から駆けつける
一生懸命の人たちがたくさんいることに感動します。

また現地に行けなくても、心から応援している人もたくさんいます。


日本って
なんて素晴らしい国なのだろうと再認識された方は多いと想います。


心配されている被爆したら・・・に 食事での対応


普段からの主な食事もそうですが
それは、まさに伝統の日本食だったのですね。

被爆時には

もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
長崎に原爆を落とされたとき、何が、生と死の明暗を分けたのでしょう?

★ 放射能の被爆から、体質的に体を防御する食べ物

自然醸造味噌、自然塩、ごま塩、玄米、玄米おむすび、味噌汁(具は、わかめ、かぼちゃなど)
わかめ、昆布、塩昆布、血液を守るために、白砂糖・甘いものは摂らない。
アルコールも摂らないこと。これを徹底して実行すること。

↓ 調べていて、行き当たりました。

こちら




食事って、やはり普段からが大事です。

「体質医学」の大切さ
私も、次世代の人に伝えていきたい。
病気にならないように自分でできることって、実はたくさんあるのですよ。


今風の保存食と、昔ながらの伝統食を
いかに考えて摂るか
それは、今回の地震で、被災しなかった人たちにも投げ掛けられていることのような気がします。


それから

テレビで、ある栄養士さんが
今、食べ物が思うように手に入らず心配している妊婦さんや授乳中の方の不安に
答えていらっしゃったのを見たのですが

災害時には、離れている人の方が情報が入りやすく
現地の方に、こういう適切な声が届いているといいのですが・・・

心から体に影響するということも、
温かく包み込むような表現で優しくおっしゃっていました。
そのまま、ここでお伝えできず申し訳ないのですが・・・

短期間なら栄養の心配はしなくても大丈夫だということ
今こそ母乳を与えてほしいということ
出なくてもあきらめないで吸わせていくことが大事だということ
精神的な不安が赤ちゃんに影響を与えるデメリットも考えてね、ということでした。

これは、どんなときにも言えるお母さんとお子さんの心の関係ですね。
そして、非常時ほどスキンシップが大切なことも・・・

報道を見ていると、日本では普段あまり見られない「ハグ」が印象的でした。
安否が確認でき、再会できて抱きあう姿は、本当に自然な喜びのカタチ、思わず涙が出ます。

ニンジン110320-3


私がこの地震の前に記事にしたいと思っていた「空腹力」

72時間は飲まず食わずでも大丈夫で助かる可能性が高いということからも
食べないと元気になれない ではなく
食べなくても暫くは大丈夫なのだと思えることが
心理的な面からの不安を呼ぶストレスが少なくて済むのでは・・と思います。



でも
今、食べたくても食料が届いていない方がたくさんいるのです。

どうか、まんべんなく食料が届きますように・・・・
報道があまりされていない地域もあると思うので心配です。


普段、お腹いっぱい食べることが果たして幸せでしょうか?

食べ過ぎの害や、生活習慣病との関係、断食の効果はまたの機会にと思いますが

お腹を空かした時の、1個のおにぎり、温かいお味噌汁は格別なのでしょう。
そう答えてらっしゃる映像を目にしました。
私も災害に遭った時に感じたように、やはり日本人ですね・・・
おにぎりは、本当に力のもとになったのですよ。

もちろん、カップ麺もパンも、どれも、とてもありがたいのです。
インスタントのお味噌汁も、ものすごく嬉しかったのです。

でも、私は災害に遭ったとき(2004年の秋の台風) 
普通の生活に戻れるまで4ヶ月間かかっているのですが、一体何を食べていたのだろう?と・・・

それが、思い出せるのは・・・
ありがたく頂戴したものだけなのです。

大根110320-1


本当に人の温かさが身にしみ、
その時、お手伝いをしていただいた上に連日栄養ドリンクまで頂いて
何日か後、買い物に行って自分で買った栄養ドリンクを
手伝っていただいたお礼にと、こちらからお渡しできたのですが
びっくりされたように「ありがとう」の言葉が返ってきましてね・・・
その時の状況、はっきり覚えているのですが、
水没が悪夢であってほしいと、朝起きる度に思ってた私が、
ここまでできるようになったということが、その時とても嬉しかったのを覚えています。

普段から小食、比較的空腹にも慣れていた私は、
あの時も食べずに 暗くなるまで ひたすら泥かき、泥を洗い流す作業をしていたのかもしれません。。。
1ヶ月後、短期トレーニングしたような体になったね、と言われたので
あまり食べなくても筋肉はついていたのでしょうね。。。

でも、今の被災地の方々は、本当に食料が足りていないと思います。
私ごときの経験とはわけが違います。

被災地の方が、大変な中で
人と人のつながり、命の尊さを身にしみて感じておられる様子が
最近は身近であまり耳にしなくなった
「ありがたいです。」の言葉。

被災後、初めて入ったお風呂での笑顔の感想。

普段、あまりにも当たり前になって、忘れていることを知らされます。

お亡くなりになられた方のご親族やお知り合いの悲しみが、どれほど深いことか
そしてそんな中ですら、跡形なく壊れてしまった家のあった場所で
お孫さんが誕生した時に植えられたという梅の木に芽吹いた新芽を見つけ
見つからないお孫さんのことをあきらめたわけではないでしょうが
この梅の木を育てます!と強くおっしゃっていたのに感動し・・・

この地の人たちの力強さを感じるとともに
私たちができることは何なのかを、真剣に考えていかなければと思います。



長期に避難生活が続くと
阪神淡路大震災の時もそうでしたが
これから、心のケアも、とても大事になってきますね。

と同時に

長期に及ぶほど、ほんとに体にとってパワーになるものが届けられるようにと願います。

私なら非常時に持ち合わせておきたい食品は・・・
玄米、大豆製品(味噌、きな粉)や乾物、ナッツ類、そして天然塩は欠かせないです。

12時間水に浸した玄米、生で食べられると知って塩をかけて食べてみました。
万人に向くかどうかは何とも言えませんが、
栄養価から考えても私の非常時には役に立つこと間違いなしです。


飽食の時代ゆえ、これから見直していくべきことも、国民みんなの問題なのでしょう・・・

なかなかうまくまとめられずに、更新できずにいましたが
被災地に想いが届くよう、お祈りは続けています。

きっと、光は見えてくる。
手を取り合い支え合って、
みんなで、これからの日本を作り上げていく覚悟でいようと
そんな人が増えることも祈って・・・・


誰を責めるでなく
批判せず、協力しあっていけますように・・・


まずは、自分のできることから・・・


☆追記

更新後、テレビで知ったこと

9日ぶりに、16歳のお孫さんと80歳の女性が助けられたということ。
壊れた家に閉じこめられた状態で、冷蔵後の中のヨーグルトや牛乳でしのいでいらしたと。
寒さの中、低体温になっているという少年、
やっと家から出ることが出来たので、屋根に上って救助隊に合図を送って助けられたと。
おばあちゃんの方は、意識もしっかりとしてらして
ほんとによく生きていて下さったと思います。素晴らしいです。
空腹も寒さにも耐え9日間も・・・人の生命力って、本当に素晴らしい。

コメント

ばんにゃ♪

そうですよね、昨日も今日も生存が確認された方達がいらっしゃいます。
まだまだ、諦めてはいけません^^
この世界は、私達一人一人の想いが映し出され創られています。
こんな時だからこそ、明るく笑顔で輝く未来を信じることがとても大切ですよね。
コンビニ否定派のまゆみさんが少し反省されたようで^^
何故かとても嬉しく思いました。
昔ながらの生活は本当に学ぶところが多くあります。
けれども、だからといって昔の生活にそのまま戻ることはない。
今の時代にも、まゆみさんも気づかれたように
使い方次第ではよきものが多くあります。
それらを融合し、また新たな自然に沿う形での進化がこの先あると思います。
それは、人の心にも・・・^^

2011/03/20 (Sun) 22:08 | あお #- | URL | 編集

こんばんは~^-^ 
野菜のへたさん達がほんと!元気に育ってくれていますね~!
私もまゆみさんから頂いた大根のへた・・まゆみさんの真似してお水につけてます。^m^
葉が少しずつ伸びていますよ~♪
そして自然に育てたまゆみ大根もあの実験に。。。
結果が少しずつ見えてきています。。
知るたびに自然に自分の力で育つ野菜達の生命力の凄さと
素晴らしさを知らされる思いです。。^^


>まず、そういった保存食が命を繋ぐということを実感したとともに、
物事は一面だけでなく色んな角度から見て判断しないと
いけないのだということも思い知らされました。



私も同じことを感じていました。
便利さと不便さ?(ちょっと表現が違うけど)を上手く共有させながら 
でも健康に生きるとはどういうことかを考えていきたいな~と思います。^^


空腹力。。。
食べ物がすぐ手に入れることができる環境&世の中になったぶん、
人はお腹がすけば食べ物をすぐに口に入れるということが習慣になっています。。
だから変な言い方ですが空腹の時間が恐いといえば大げさかもしれませんが
口に入れない時間が長いことに気持ち的に落ち着かないのかもしれません。。
だから、常に体の中で胃も休まるときをしらないでいる。。

なんでも口に入れることのできる時代ですが人間には人間に
必要な食べ物、食べ方があるということ。。
草しか食べない動物がなぜ筋肉をつけ狩りをし子孫を残し生きていけるのか。。
それは草だけでも生きていける体を生まれながらにもっているから。。
人間にも必要なものは溢れる程にあるわけではなく、
また不必要なものを必要以上に入れ込むことで
体の機能が低下していくこともあるという事や。。
食べ物は生きる上で基本であるだけに大切なことですよね^^
体だけではなく、精神面にも影響してくるものですし。。

いろんな外国食を日頃口にしていても、きっと日本で生まれた日本人という人種である以上。。
食べ物を口にできなくなったとき一番恋しいと思うのはお米ではないでしょうか?
なぜ、シンプルなおにぎりが何より美味しくもありエネルギーになるのかは。。
日本人である体と心が答えを出してくれているようにも思います。。
母乳の件にしてもそうですが、空腹でも人の体の中での栄養は長期にわたり
生かされるのだということに、改めて人間の体の素晴らしさを知りました。



被災地では地震もまだまだ余震が続き安心して暮らせる事ができずにいるのと同時に
長い避難生活や寒い環境の中で新たな被害がでてきています。。
あの寒さの中で命をつなぎ生きて見つかった方ももちろんですが 
人の生命力の素晴らしさにはまゆみさん同様 本当に感動します。。
素晴らしい体や命を、神様から人は頂いているんだと改めて思います。。

被災地で問題になっている低体温について、私も今勉強しているところですが
人の体の仕組みをしるというのは科学的な難しい事とは別で 
突き詰めればとてもシンプルな事でもあるのだとも思います。。

体も心も食べ物も運動も。。全ての事が一本の線で繋がっていく。。
どれが必要でどれが不必要というわけではなく人間の体が生まれ持って備えているものは
そこに必要あって備わっているものであり、すべてに意味があり機能すべくして
与えられているのでしょうね。。
けれど。。いろんな情報を見つめていても一番大切なことは 
心がそこに向いているかということかもしれませんね。。^-^

被災された方たちに、私たちは逆に教えられることのほうが多いです。。
それは人として忘れかけている大切なことばかりです。。
そういうことを教えてくださっている方たちに 私たちこそ感謝ですよね。。^--^

2011/03/20 (Sun) 23:30 | aya #EvmDRqhQ | URL | 編集

野菜のヘタが元気に育っていますね。
ニンジンの葉って炒めて食べると美味しいですよね(^^)ちょっとニンジンくさいかも・・・

私、行くならここが良いって決めているコンビニがあるんですよ(^^)
それは笑顔の店長さん夫婦がいるコンビニ(^^)
中越地震の時にはお水を貰ったり~お世話になったんですよ。。。
パンなども分けて頂きました。
それとね地元野菜を置いてあるんですよ。

TVで救助された方や避難所暮らしの人たちの姿をみます。
今、私に出来る事を無理なく続けていきたいと思います(^^)

2011/03/22 (Tue) 16:11 | ゆきんこ #TluyS4YI | URL | 編集
コメント下さった方々へ

あおさん、ayaさん、ゆきんこさん
また拍手して下さった方、訪問して下さっている方々
ありがとうございます。
コメントはその都度、嬉しく読ませていただいているのですが
お一人ずつへの お返事が遅れていてすみませんm(__)m
想いは深く、また、被災者の方から学ぶことも多く・・・

27日は神戸
http://naturalhealing-school.org/topics.html
へ行きます。

今、そのために
私なりの準備とエネルギーを充電中です。

と、同時に、自然と力を抜きたいなという感覚の今夜です。。。

同じ想いの人が繋がる安心感、心強さ
いつも、ほんとにありがとうございます♡



2011/03/23 (Wed) 20:58 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

いろいろ思ったこともあります
毎日ニュース見て泣いていました
何かできないか、何かしなきゃ、と募金したり、電気消したりしています
まゆみさんの言葉に感銘し、なんか頑張ろうと思いました
自分の生活を振り返って、もっと頑張りたいと思います
言葉にするのはなかなかうまくいかないですがm(__)m

2011/03/29 (Tue) 13:03 | MK.KAWORI #- | URL | 編集
あおさんへ

お返事がすっかり遅くなってしまいました。
と、その間、メールもありがと~

> この世界は、私達一人一人の想いが映し出され創られています。
> こんな時だからこそ、明るく笑顔で輝く未来を信じることがとても大切ですよね。

ほんとに、ほんとに、同じ想いです、
こんなときだからこそ、不安になりすぎることなく、
明るいイメージを抱くのが大切だと、私も思います。
ホ・オポノポノに、たどり着いていてよかったなと想うし
私たちは今、闇の中で光の方向に進むべく、その途中にいるのでしょう・・・

> コンビニ否定派のまゆみさんが少し反省されたようで^^
> 何故かとても嬉しく思いました。

そうですか?^^
何事も一面から見ていたらダメですよね。。。
息子ともピンチのときほど、何かしらチャンスとなり
わかりあえるようになっているようで・・・
世の中に起こることって、
どんな時でもそうなのかもしれませんね。
今までとは違うことに気づくきっかけを与えてくれているのでしょうねぇ。

> 昔ながらの生活は本当に学ぶところが多くあります。
> けれども、だからといって昔の生活にそのまま戻ることはない。

そうなんです。
タライでの洗濯は楽しいけど
パソコン検索して調べものができることも、
こうしてブログで繋がっていることも大事だもの。

> 今の時代にも、まゆみさんも気づかれたように
> 使い方次第ではよきものが多くあります。

何が良い悪いというよりも、使い方ですね♪

> それらを融合し、また新たな自然に沿う形での進化がこの先あると思います。
> それは、人の心にも・・・^^

うんうん、そうですね!

2011/03/30 (Wed) 21:00 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ayaさんへ

こちらへの返信が、すっかり遅れてしまいました。

> 野菜のへたさん達がほんと!元気に育ってくれていますね~!

もう、どんどん増えて、先のは花が咲きかけで、どこまで元気なの~!?って
びっくりしているくらいです。

> 私もまゆみさんから頂いた大根のへた・・まゆみさんの真似してお水につけてます。^m^
> 葉が少しずつ伸びていますよ~♪

ありがと~

> そして自然に育てたまゆみ大根もあの実験に。。。
> 結果が少しずつ見えてきています。。

また、結果教えて下さいね!


> 私も同じことを感じていました。
> 便利さと不便さ?(ちょっと表現が違うけど)を上手く共有させながら 
> でも健康に生きるとはどういうことかを考えていきたいな~と思います。^^

きっと、ayaさんとは想いは同じ。
それをまた語り合える日を楽しみにしています♪

> 空腹力。。。
> 食べ物がすぐ手に入れることができる環境&世の中になったぶん、
> 人はお腹がすけば食べ物をすぐに口に入れるということが習慣になっています。。

そうなんですよね
食べられるのが当たり前になっていて
でも、そんな時代に実際食べ物が手に入らなくなっている地域がある。。。
ここで、何を想い、これからどうすべきか
突きつけられているようにも思えます。

> だから変な言い方ですが空腹の時間が恐いといえば大げさかもしれませんが
> 口に入れない時間が長いことに気持ち的に落ち着かないのかもしれません。。

食べないと元気になれないと思っている人が大半だと思うけど
人間って飢餓の時代の方が長かったから、空腹にはある程度耐えられて
満腹には対応できずに不具合が起こるらしいですねぇ。
それが、理解できてなくて、食べ物がないとなると
大変だ~って心が先に病んでしまうのかもしれません。。。

> だから、常に体の中で胃も休まるときをしらないでいる。。

胃だけが、自分の意思で休ませることができる臓器なんですよね。
自分の中で休むことなく働いている胃、時にはプチ断食というカタチで
労ってあげることも大事ですよね。

> なんでも口に入れることのできる時代ですが人間には人間に
> 必要な食べ物、食べ方があるということ。。

歯の割合で食べるといいって言いますよね。

> 草しか食べない動物がなぜ筋肉をつけ狩りをし子孫を残し生きていけるのか。。
> それは草だけでも生きていける体を生まれながらにもっているから。。

私も草食動物に近い食生活になりました。
温和で持久力のある性格になりたいものです^-^

> 人間にも必要なものは溢れる程にあるわけではなく、
> また不必要なものを必要以上に入れ込むことで
> 体の機能が低下していくこともあるという事や。。
> 食べ物は生きる上で基本であるだけに大切なことですよね^^

口から入るものの及ぼす影響を知っておくと、病気にならずにすむことも多いですものね。

> 体だけではなく、精神面にも影響してくるものですし。。

そうそう、味覚は心にも影響しますもの。
その関係を知るのも、大事なことですね~

> いろんな外国食を日頃口にしていても、きっと日本で生まれた日本人という人種である以上。。
> 食べ物を口にできなくなったとき一番恋しいと思うのはお米ではないでしょうか?

だと、思います。

> なぜ、シンプルなおにぎりが何より美味しくもありエネルギーになるのかは。。
> 日本人である体と心が答えを出してくれているようにも思います。。

母国の食べ物、その地の食べ物のありがたみがわかります。
そして、また、おにぎりは、人の愛情もプラスされ最高の食べ物かもと思います。

> 母乳の件にしてもそうですが、空腹でも人の体の中での栄養は長期にわたり
> 生かされるのだということに、改めて人間の体の素晴らしさを知りました。

最低限で生きていけるよう、うまく作られていますよね~

> 人の生命力の素晴らしさにはまゆみさん同様 本当に感動します。。
> 素晴らしい体や命を、神様から人は頂いているんだと改めて思います。。

だからこそ、失う前に
大事に大事にしたいものです。

> 被災地で問題になっている低体温について、私も今勉強しているところですが
> 人の体の仕組みをしるというのは科学的な難しい事とは別で 
> 突き詰めればとてもシンプルな事でもあるのだとも思います。。

ayaさんが疑問に思って、調べてわかったこと
また教えてね。

> 体も心も食べ物も運動も。。全ての事が一本の線で繋がっていく。。

もう、ほんとに、そのことがよくわかります。


> けれど。。いろんな情報を見つめていても一番大切なことは 
> 心がそこに向いているかということかもしれませんね。。^-^
> 被災された方たちに、私たちは逆に教えられることのほうが多いです。。
> それは人として忘れかけている大切なことばかりです。。

ayaさん、同じ思いですよ~全く。

> そういうことを教えてくださっている方たちに 私たちこそ感謝ですよね。。^--^

色んなことを教えてくれる災害ゆえ
被災地の方も私たちも、共に、これから生きていくために繋がることが大事なのですね♪

2011/03/30 (Wed) 21:20 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ゆきんこさんへ

お返事遅くなりました。
その間にも、イイお付き合いをさせていただいてありがとうございます!

> 野菜のヘタが元気に育っていますね。

元気すぎてビックリの野菜のヘタ。
お花が咲きそうなのがいくつかあるのですよ~

> ニンジンの葉って炒めて食べると美味しいですよね(^^)ちょっとニンジンくさいかも・・・

私、ニンジンくさいのって、好き~♪


> 私、行くならここが良いって決めているコンビニがあるんですよ(^^)
> それは笑顔の店長さん夫婦がいるコンビニ(^^)

笑顔が一番ですよね~
私もお店の方のお人柄で、行きたくなりますもの。

> 中越地震の時にはお水を貰ったり~お世話になったんですよ。。。
> パンなども分けて頂きました。
> それとね地元野菜を置いてあるんですよ。

まぁ、そうなんですか?
地元野菜を置いてあるコンビニって、素敵ですねぇ。

> TVで救助された方や避難所暮らしの人たちの姿をみます。

多くの方から、学んだことがありました。
人は、その姿に、感動し、涙し、共感できて
繋がっていくのですね。。。

> 今、私に出来る事を無理なく続けていきたいと思います(^^)

長い期間、忘れずに
そのためにも、自分のペースでということですよね。
それぞれができること、無理なく・・・・と
私も思っています。

2011/03/30 (Wed) 21:28 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
MK.KAWORIさんへ

コメントありがとうございます。

> いろいろ思ったこともあります
> 毎日ニュース見て泣いていました

私もです。。。

> 何かできないか、何かしなきゃ、と募金したり、電気消したりしています

できることから、それぞれが、思い思いのカタチで
私もそれでいいと思っています。

> まゆみさんの言葉に感銘し、なんか頑張ろうと思いました

ありがとうございます。
これは、同情や哀れみの気持ちでもなく
だから
被災地の方だけのためじゃなく
日本のため、地球のため、そして自分のため・・・

生かされているということを、思い知らされたという感覚で受け止めています。
失ってこそ、始めて気づくことがありますよねぇ。
私は、東北の方が肩代わりして下さったのではないかと思っています。
多くの悲しみを、一瞬にして無くした命を無駄にしないためにも
残された私たちが、変えていかなくてはならないときが来ているのかな。。。と。

> 自分の生活を振り返って、もっと頑張りたいと思います
> 言葉にするのはなかなかうまくいかないですがm(__)m

お気持ちが、とても伝わってくるコメントでした。
ほんとにありがとうございました。
同じ地球に生かされている者同士、頑張っても頑張りすぎることなく
それぞれのペースで無理なく続けられることを、自分のためにもやっていけるといいな~と思います。
なんでもない日常が、どれだけ幸せなのかも噛みしめていくためにも・・・

2011/03/30 (Wed) 21:37 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

今の時代にコンビニという存在は欠かせないものになって、あの全国ネットワークで物流をして、被災地の店舗にも24時間体制で物品を供給し販売する体制は、ややもすれば、電気、ガス、水道、ガソリンスタンド、鉄道・道路に続いての コンビニ ってポジションにあり、もはやインフラやライフラインの一角にもなっていると思います。
震災から1ヶ月かかって、うちの会社もやっと復旧や事業再開の動きが見えつつあります。長かったような短かったような1ヶ月でしたが、これから社会を良い方向に持って行くための企業活動も重要だと思いますので、がんばらないといかんですね。

2011/04/11 (Mon) 03:38 | ぐっさん。 #GX8l0vGE | URL | 編集
ぐっさん。へ

ほんとに、コンビニの存在は大きかったですね。
暮れに、ぐっさん。から、コンビニがオアシス的存在だとコメントに残してくれたことに始まり
私にとっても意識が、今回また変わりました。
時代と共に、必要となっていくもの、また無くてもいいもの
それらのバランスも大事だってことですね。
震災から一ヶ月、現地の方の今後を思うと、
私たちも、日本全体が元気になるように考えることを長期間に渡って考えていく必要がありますね。
まずは日常の自分が元気でなくてはと・・・・
最近、ちょっと凹んでいましたが、復活しました!

2011/04/12 (Tue) 21:39 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。