スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35年の歳月を経て part2

35年と一言で言っても、過ぎた年月の間に
それぞれが、楽しいことばかりでなく
悲しいこと、しんどいことを含め
さまざまな出来事に遭遇しながら生きてきたのだと思います。

バスセンター100429-1

18日、クラス会、そして二次会を終えてホテルを出てから
この近くにあるバスセンター内のカフェで
島外から帰省し出席してくれた人を見送るまでの一時間ほどの間
2次会のあとも残った12人が別れを惜しみ最後の話に花を咲かせておりました。

11時半の受付から6時半まで、まだまだ一緒にいたい
そんな気持ちに誰もがなっていたかもしれないほど、有意義な時を過ごせたように思います。


出席者、そして残念ながら参加できなかったけど写真と名簿を希望されていた方々に
地元の人にはできるだけ手渡し、遠方の方には郵送で。。と
すでに受け取っていただいた方からはお礼の電話やメールが入り
幹事三人が、とてもやり甲斐のあった今回のお世話役を心から嬉しく感じて
その喜びを分かち合っています。

ここ10日ほど、一日一日がとても早く感じ
今、またあの日のことを思い出しては感動がよみがえり・・・

クラス会ロビー100418-1  私たちは大きく分けると3つの高校に進路が分かれ
 前回の・・・と言っても卒業後初めて開催した
 学年全体の同窓会からは
 すでに15年の歳月が経っており
 卒業後初めて会う人とは35年ぶりとあって、
 ロビーで顔を合わせた途端、
 懐かしさで胸がいっぱいになりました。

中学卒業時と言えば15歳
かつては20歳になったら大人だと思い
30歳はおじさん、おばさんだとイメージしていた人たちも
自分がその年齢に達したとき、意外とそうではないなと思うのでないでしょうか?

そんな年齢も遥かに超え、
今や私たちの学年の人達は、現在50歳になり
そして当時の担任の先生は80歳という、なんともキリがいい歳に達しているんですが

15年前に作成した名簿を頼りに、現住所を確認すべく電話から始まり
文書での案内、返信を待つ、というプロセスを踏みながら
出席、欠席の返事に一喜一憂した私たち幹事3人は
いずれもソワソワ落ち着かない心境でホテルのロビーにてお出迎えすることになりました。

来てくれた、あぁ、この人が、という感動。

転居先不明で高校の同窓会でも連絡がとれずにいた男子が一人いて
それならば・・・と彼の御実家の方に足を運んで聞いてくるよ、そう言ってくれた男子もいて
自分に届いた案内葉書を差し出して新住所へ送っていただけるようお願いしてくれて
自作の葉書で返信してくれたその人には本当に感謝。
海外赴任の時に連絡が途絶えてしまったということが判明し
なんか訳ありで行方わからず?みたいに囁かれていたことも根拠なく失礼な話しで
あきらめていたら、会えずにいた我がクラスの元委員長が出席!

授業前にあった「起立!礼!」
当時と同じように号令をかけて、そのあと乾杯の音頭を。。と密かにお願いしていたんですが
これ、ウケました!!

で。。。先生とグラスを傾けようとしたそのとき
隣に座っていた私だけが気づいたことですが
乾杯!のとき
あちゃ~
先生、小刻みに震える手で空のグラスを手にしていたんです。

「先生、こっち、こっち、乾杯はこの食前酒のグラスの方で・・・」
あ~もうちょっと早く気がつけばよかった、申し訳なかったです。。。

その乾杯に至るまで。。。実は結構長くてネ
たぶんお料理の段取りをされているホテル側からすると、やきもきしていたのでは?とも思うんですが

司会進行、パートナー
そして開会の挨拶を私から・・・と始まったあと
先生も一言話したい、とご挨拶して下さったんですが

途切れずに延々しゃべり続ける先生、いつまで?と思うほど(笑)
昔と今のギャップが、よかったんですが

あとで先生がおっしゃるに
「みんなの顔を見ていたら、あれもこれもと思い出し、
ついつい話しが長くなりすぎてなぁ。あれは失敗だったなぁ。。と反省してな。」
と苦笑い。
いえいえ、そんなことないですよ~先生!

とにかく、在学中は先生と生徒が特につながっていたという関係でもなく
先生も地味で口数少ない人ならば、私たちクラスのメンバーも
5クラスの中で一番おとなしい組だったもので

だからこそ、こうして再会でき、当時からは考えられないような語りがあったのが
なおさら出席した人達にとって感動的だったのでは?と思います。

年月の流れというのは、不思議なもので・・・
居合わせた同級生と先生が同じ空気の中
当時より深い繋がりを感じていった・・・そんな気がします。

花束100418-1

先生への花束贈呈のあと、全員で記念撮影をし
その後
もうひとつの もくろみは。。。

先生に出席をとっていただくことでした。

一人一人の名前を、当時のままで呼んでいただき
出席者は返事を、欠席の人は、返信葉書や電話でいただいていたメッセージや近況を報告するという
これは私の案で私の役割としましたが
マイクを交互する先生と私にしっかりとみんなの視線が届き
頷きながら耳を傾けてくれる姿勢に少し照れながらも
みんなが、それぞれの顔を再確認し、また来ていない人のことも思い出しながら

ようやく宴に入っていったというわけでした。

つづく。。。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/04/30 (Fri) 12:56 | # | | 編集
【2010/04/30 12:56】の鍵コメさんへ

長文コメントありがとうございます^^
ほんとに色んなことがありますよねぇ。
ご無沙汰しておりましたが
ゆっくりとメールでお返事させていただきますね~
いつも色々とお話しして下さってありがとう♪
嬉しいです^^

2010/04/30 (Fri) 22:15 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

こんばんは~^-^
読んでいるだけで、その時間が懐かしさだけではない
 長い時間の隔たりさえ感じない楽しくもあり想いの深い同窓会だったことが伝わってきますね^^

50才になった今だから感じる事もたくさんあるのでしょうし
時が流れるって・・単に年を重ねるというだけではないんですよね。。
あわなかったその何十年という年月の中で誰もが色んな事に出会い乗り越え
生きてきたから それぞれにこうして楽しい時間を持つことが出来るのかもしれませんね。。^-^


2010/05/01 (Sat) 00:03 | aya #EvmDRqhQ | URL | 編集

そうですよねぇ~若い頃は30歳はおじさん・おばさんで・・・40過ぎなんて考えられなくて・・・
私たちも10年以上前に同級会をしました。その時幹事をして大変でしたが、楽しい想い出になりました。
やはり数人、行方が分からない人もいて~実家もなくなり連絡が取れませんでした。
結局、集まったのは1/3位でした。
これからの人生を楽しいものにしたいです(^^)

2010/05/02 (Sun) 20:29 | ゆきんこ #TluyS4YI | URL | 編集
ayaさんへ

ayaさん、ありがとう♪
35年前とはまた違った感覚。
クラスのみ、そして先生にも来ていただいた、
それぞれが、色んなことを乗り越えて、大人になって今だからこそ
みたいな感動がありました。
> 50才になった今だから感じる事もたくさんあるのでしょうし
> 時が流れるって・・単に年を重ねるというだけではないんですよね。。
そうなんです、ほんと、その通りで。。。
> あわなかったその何十年という年月の中で誰もが色んな事に出会い乗り越え
> 生きてきたから それぞれにこうして楽しい時間を持つことが出来るのかもしれませんね。。^-^
ayaさんのコメントに、ひとつひとつ、
そう、そう、そうなのって頷いていました^^

2010/05/02 (Sun) 21:10 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ゆきんこさんへ

いつの間に、こんな年齢になったの?
って感じですが、でも、ここんとこ、ほんと、ここ最近で
私も内面が少し大人になってきたのかな、って思えるのです。
クラス会を開催するにあたって
気の配り方ができている方が多く、「大変だったでしょ。」
って労ってくれる、そんな気持ちも嬉しくて
大変と言えば大変だったけど、最初から最後まですごく楽しめたし
やりがい、ありましたね~
ゆきんこさんも同じ体験してたんですね♪
行方がわからない人、追っかけすぎてはいけないことも
それも見極めなければなりませんよね。そっとしておいてほしい人も、きっとあるでしょう。
高校時代の幹事さんには、そういうアドバイスも受けていましたので
そこらへんも慎重になりました。
今回、連絡とれなかった人も、いつかまた会える日がくれば嬉しいですけどね。。
悲しい事も、しんどい事もあるから、楽しい事も感じられる
歳を重ねるごとに、そう思えるようになりました。
頑張るじゃなくて楽しむ人生にしたいですね~
それには、やっぱり求めすぎないことかな、と思います^^

2010/05/02 (Sun) 21:39 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。