スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろえましょう

ajisai0800704-1


ドライフラワーに挑戦中♪
キッチンで使っているお気に入りのボールに生けた紫陽花です。
なんだか、今日はもう梅雨明けしたような真夏日になったので
意外とからりと仕上がるような気もしておりますが、あまいかな?
畑の野菜・・・プチトマトにガーデンレタス、収穫は順調です♪

プチトマト080704




さて、今日は最近知ったこんな詩をご紹介。
知ってる方もいらっしゃると思いますが・・・


はきものをそろえると心もそろう

心がそろうと はきものもそろう

ぬぐときに そろえておくと

はくときに 心がみだれない

だれかが みだしておいたら

だまって そろえておいてあげよう

そうすればきっと 世界中の人の心も

そろうでしょう



『はきものをそろえると心もそろう』  これは・・・
藤本 幸邦氏  曹洞宗・ 長野市円福寺の和尚さんが
子供にもわかりやすく行動として身につくようにと考えて作られた詩だそうです。
禅宗の教えには「脚下照顧」という言葉があって
「自分の足元を見よ」「自分の行いを見よ」と言う意味なんですって。
だからまず、履き物をそろえるところから・・・なんですね。

これだけは、毎度ながらに感心しているのですが
まごの4歳になるゆっちは、私の家に遊びに来ても玄関で
「おじゃましますっ。」って言いながら必ず靴をきちんと揃えます。
小さな手で丁寧に揃えているのを見ると嬉しくなってしまいます。
どんなに急いでいる時でも、反対向いてたり散らばっていることがありません。

靴080704


ただ、左右逆のことがあるので、その時は「反対だよ~」って直してあげます。
ところが、ゆっちの家に行くと・・
「あれ~!?ゆっちの靴だけが揃えてある・・・」ってこともあって愕然とします(>_<)

息子が10代だった頃、
遊びに来た友達でいつもきちんと靴を揃えていた男の子が一人だけいました。
他の子は、上がった方向のまんま、でもその子だけは綺麗に揃えてあったのです。
それが当たり前だと思っていた私ですが
お家での躾というか、その子の家庭をかいま見たような気になり嬉しくなったものです。
我が息子は家では反対向きのこともあり、よそ様のお宅ではどうなっているのか気になって
「ちゃんと揃えてるの~?」って聞いたこともありました。

プライベートでは、片付けがどうも苦手な息子・・・というか面倒くさがり。
一緒に住んでいる間は、どれだけイライラしたことか・・・
なのにインテリアにはこだわりが強く、一夜のうちにガラッと部屋の模様替えをし
そのセンスはなかなかだったり♪(ん?私ゆずりかも?)
やる時はきちんとできるのに・・・普段はねぇ・・・
その息子がこの間「ゆっちがオモチャ全然片付けない。」と嘆くから
そりゃ、父親ゆずりでしょうよ・・・と内心 笑ってしまいました。

亡き父は、整理整頓が得意、几帳面すぎるくらいの人でした。

96歳で亡くなった祖母(父の母)は、
その年齢までベッドの布団が乱れていたのを見たことがありませんでした。
杖を器用に使って反対側のお布団まで綺麗に整えて
ビシッとしたその様はホテルのベッドのよう。
部屋の中のすべての物がいつも決められた場所にきちんと置かれてありました。

一方、母は・・・・というと、
半ば放り投げるような置き方で確認も何もあったもんではありません。
子供の頃、鋏を踏んで怪我をしたことがあるというのに、
洋裁中も床に直に鋏を置いて、父に注意されていたことが何度も(>_<)

出入り口とか通り道、人がつまづきそうな所に物を置く・・・
これも亡き父が、そして今は父譲りの我が弟も同じことでよく指摘しています。
やはり、こういったことは、危険から身を守ること、
自分だけでなく人のことにもどれだけ気を配っているか・・
ということにつながる気がしますね。


そんな両親のもとに育った私は、父寄りな気がしてはいるんですが
父ほど徹底しているわけではありません(^^;)
最近では、昼間再び外に出るつもりで家に駆け込んだときには、
靴がハの字に脱いだまんまのことがあり
出かける時になって、「えっ?これ私?」ってギョッとすることがあって反省するんですが・・・
でも、人がたくさん集まるところで先の人の無造作に脱いだまんまの靴を見ると
人の靴まで揃えてしまいたくなる私なのです(^^;)

スッと履けるように靴が揃えてあるということは、やはり気持ちよく
例えば何かあって家から逃げ出さなければならない!って場合でも
玄関を出る方向に靴が向いているというのは、
ほんの少しのことかもしれませんが、違ってくるような気がしますね。



そして、また「玄関を見るとその家のことが全部わかる」と言いますよね。
気をつけたいものです。

玄関080704-3


まずは「目に見えるもの」から整えていくことによって自然と心も整っていき
心に余裕をもつことにもつながっていくのでしょう。
部屋を綺麗に整理整頓すると、気持ちもすっきりしますものね。
逆に心に乱れがあるときは、部屋も散らかっている気がします。
そして散らかっていると、さらにイライラしたりします(^^;)

ちなみに、この和尚さんの「はきものをそろえると心もそろう」を
私に教えてくれたのは同級生の男性なのですが
そこの小学生の息子さん、野球の練習帰り、
何故か玄関の土間で靴を脱いできちんと揃え
靴下を汚してから上がってくるのが困りもの・・・って苦笑していました(^o^)

訪問先の玄関で靴を脱ぐ際の正しいマナーは
まず正面を向いたまま脱いであがり、振り返って相手にお尻を向けないように
向きをすこし斜めにして膝をついてかがみ
手で靴の向きを玄関の方に向けてそろえる・・・・といいますが

自宅では最初から反対向きに上がってもいいと思いますし、私もそうしています。
きちんと整えて、こころ、みんなでそろえましょうね(^^)

そんな一人一人の心がけが世界を平和に導いていくのかもしれませんよね。

コメント

なんて素敵な詩でしょう。
ご紹介ありがとうございます。
恥ずかしながら私は片づけというものが苦手で、よそ様のお宅にお邪魔した時は必ず靴は揃えましたが家では・・・・歩いて来たそのままの形をして脱ぎ捨ててあったこともありました。

でも、《キッパリ》という本を読んでから、靴を揃えるという毎日の単純な繰り返しこそが自分を変える第一歩と自覚してからは気持ちが自然に足元に向くようになりました。
娘はアバウトで片付けも苦手な子ですが、靴は必ず揃えます。
息子は自分の部屋はきっちりと片づけておかないと気が済まない几帳面な所がありますが、靴は西へ東へ飛んでいて、娘がいつも揃えてやっています。
ふとした仕草やこういう習慣で見えてしまう・・・・我が家の本当の姿。
私も大切にしていきたいと思います

2008/07/04 (Fri) 23:01 | 南天 #ihn3MyrQ | URL | 編集

こんばんわ。
我家の子供達の行っている幼稚園は、仏教の幼稚園なので、この詩はもちろん、知ってます♪
私は、靴は揃えるように口うるさく子供に言い続けるのですが、玄関も狭いもので。。。でも、なかなかですね~
いっつもバラッバラです。
私も急いでいると、あっと思ったりすることも多々あったり(汗)
でも、子供達ね、どこかへお出かけすると、靴を揃えたりするんですよ~
とっても、要領のいい子供達です。
日頃から靴も心もきれいにお願いしたいです。。。

2008/07/04 (Fri) 23:04 | haru #- | URL | 編集

こんばんは~^-^
まゆみさんのおっしゃる通りだと思います。
靴の脱ぎ方には奥深いものがありますね。。
不思議なもので、私は人を見るとき、足元の靴が気になるのです。
それは高い靴を履いているとかそういうのでははなく
どんなに高級な洋服を着ていても、汚れた靴を履いているのをみると
その方の家での整理整頓の具合が見て取れるのです。
たった、それだけの事ですが、されどそれだけの事なんですよね^^

靴を揃えてぬぐ→規則正しく生活する→
精神が乱れにくい。。
それは繋がっていますよね。。確かに^m^

2008/07/04 (Fri) 23:10 | aya #EvmDRqhQ | URL | 編集

まゆみさん、おはようございます。

紫陽花から始まって、
新鮮な野菜・・・
そして、「はきもの」の詩、心地よい朝を迎えることができました。
ありがとうございました・・・
こちら、間もなくサミットが始まります、
「だまって そろえておいてあげよう
そうすればきっと 世界中の人の心も そろうでしょう 」・・・そんな精神で・・・

2008/07/05 (Sat) 09:07 | マンタン #- | URL | 編集

素敵な詩ですね。
和尚さんが、子どもたちのために作られた詩なんですね。
玄関は、家の顔ですから、はきものが揃えて綺麗になっていると気持ちがいいものですね。
小さい頃、お友達の家に行って、玄関のはきものが散乱していた時は、子ども心にも、「わーっ!」と思った覚えがあります(^^;)
ゆっち君は、ご挨拶も出来て、ちゃんと可愛い靴を揃えてえらいですね。
きっとおよめちゃんの躾がいいんですよ。
小さな子どもで、そういうのがきちんとしている子は、親の躾がいいんだなぁと絶対思います。
そんな子どもに育てなければいけませんね(って、もううちは遅いですが・・・^^;)

まゆみさんのお祖母様は、すごくきちんとされた方だったのですね。
ベッドのお布団が、いつもホテルのベッドメイキングのようだったなんて、すごいです。
そんなお母様に育てられたから、亡くなったお父様は、几帳面でいらっしゃったのでしょうが、まゆみさんのお母様は、おおらかな方なのですね。
わたしの家と似ています(^^;)
わたしの父も、とても几帳面な人でしたが、母は、ほんとうにおおらかと言うか、適当な人です(笑)
(若い時はまだしも、年取ってからますます適当になってきました ^^;)
お母様の洋裁の時のお話を読んで、笑ってしまいましたが、わたしの母もこちらに来た時、昔は洋裁をよくしていたのですが(孫やわたしの服を作るのが大好きでした)、マチ針などがよく落ちていて、主人が怒っていました。
主人の母は、小学校の先生をしていたことがある人なのですが、大変に几帳面で、洋裁の前と後には、針の数を数えて確認していたという人なので、実家の母とは正反対なんです(^^;)
冷蔵庫の中なども、実家のは、奥に何が入ってるんだろうというような状態ですが(恥ずかしい・・・@@;)、義母の冷蔵庫は、いつ見てもめちゃくちゃすっきりしています。
義母は、暇さえあれば、クローゼットや押入れの中を整理しているようなきちんとさんなんですよ(^^;)
わたしは、ずぼら者ですが、義母を見習わなければいけないなと思っています。

あらあら!
また長くなってしまいました(笑)
いつもごめんなさい・・・人( ̄ω ̄;)

2008/07/05 (Sat) 10:56 | み− #93tm7Y9E | URL | 編集

だいぶ夜ですが、こんばんは~。

靴!ゆっち、ちゃんと揃えて凄いですね。
自分の小さい頃を思い出すと、どんなに親に言われても、
玄関も閉めずに靴を脱ぎ捨ててました。靴が靴に刺さったり。最悪です。
今はまゆみさんと同じで人の靴まで揃えてしまう性格、いつからだろう…。

それにしてもこの玄関!!!最初、絵かと思いました。
小さく写ったサンダルが、上の写真と同じですよね。
この玄関から家を出る瞬間は、すごく気持ちいいんだろうなぁ。

2008/07/06 (Sun) 03:27 | iberico #- | URL | 編集

靴をそろえる。私も小さい時から言われてきました。
だから自然に子供たちには「靴をきちんとしなさい」と言い続けて来ました。
ユッチにもね。。きちんと揃えていますが、時々左右が逆の時がありま~す。
玄関は大切です。毎日、ほうきではいて、週に1度は雑巾かけをしています。
小学校の先生に「玄関とトイレを見れば家の中の様子がわかる」と言われたのを覚えていますし父にも言われて育ちました。母はダメですねぇ~アハハ

2008/07/06 (Sun) 14:06 | ゆきんこ #TluyS4YI | URL | 編集

整理整頓の苦手な私には、耳の痛い詩です(苦笑)
でも、その通りですね。
靴をそろえることと、心の乱れを重ねあわせて考えるって、とっても日本的な気がします。

>だれかが みだしておいたら
>だまって そろえておいてあげよう
「だまって」ってとこが、大事なんでしょうね。そんな人になりたいなー

あ、それよりまず、玄関玄関(>_<)

2008/07/06 (Sun) 23:59 | chibi #- | URL | 編集
南天さんへ

お返事、遅くなってしまってすみませんm(_ _)m
ゆっちが連日遊びに来ていて時間を取られてしまってました。
毎日の生活の中での基本の部分がすっかり出来ていると
自然と他のこともスムーズになること、ありますよね。
南天さんちのお兄ちゃんと妹さん、それぞれ自分が気になる部分があるのですね(^^)
掃除ひとつにしても、一生懸命にやってるようでも
ただなんとなく一通りすべてのところをする人と
要所要所を日々に分けて徹底的にする人がありますし・・・
どんなところに目が届いているか・・・って人それぞれのようで
同じ家の中も視線は違うのだなぁって思います。
ゆっちが昨日お昼前から夕方まで私のところにいて
連れて帰ったら玄関に入った方向で脱ぎっぱなしの大きな下駄(←ほんと下駄なんです。)が・・・
「パッちゃん!(←パパのこと)」って叫びながら、その下駄持って部屋の中まで伝えに言ってました。
黙ってそろえるより、ここは一言パッちゃんにお説教ですね!
ほんとに困ったパパです・・・私の躾が悪かったんでしょうかねぇ・・・

2008/07/07 (Mon) 13:20 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
haruさんへ

haruさん、お返事遅くなってしまって、ごめんなさいね。
この詩、ご存知だったのですね。
友人に教えてもらって、これはゆっちにも覚えさせよう・・・と思い
紙にひらがなで書いて、字を覚えるのと同時に暗唱させています(^^)
お子様たち、お出かけするときちんとできてるようですから、
要領たがいいというより、ちゃんとわきまえているんですね、偉いと思いますよ~

2008/07/07 (Mon) 15:09 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ayaさんへ

お返事遅くなりましたm(_ _)m
靴=足もと・・・って、とても大事ですね。
この詩を知って改めて、なるほど・・・と思いました。
息子は靴にはこだわるのに
外見ばかりを気にして、中身がついていってないうような・・(>_<)
靴の脱ぎ方・・・そして汚れていないかどうか
そこに目がいく・・さすがayaさんです!
ほんとに、その人の生活が出ますよねぇ。
自分の体を支えてくれるものでもあるし、常に意識していたいと思います。
今の自分がどんな状態なのか、そのためには足元をしっかり見つめることって
大人も子供も関係なく大切ですね(^^)

2008/07/07 (Mon) 15:24 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
マンタンさんへ

お返事遅くなりましたm(_ _)m
サミット始まりましたね。
美しい地球を次代に残せるか・・・ひとりひとりの心がけ、行いも本当に大事だと思います。
日本は豊かな国ですが、大きな思い違いをしていると思います。
自然に恵まれ、食料自給率192%とも言われる北海道で
よい議論が交わされることを望みます。
心をそろえる・・いい言葉ですよね。

2008/07/07 (Mon) 15:41 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
み-さんへ

み-さん、たくさん書いて下さってありがとうございます(^^)
ここんとこ、ゆっちが来ている時間が長くて
パソコンに向かう時間、取られてしまいました。
お嫁ちゃんが、ゆっちがうちに来るとき必ず
「お願いします」って言うので、来たい時には
ゆっちが「ママ、ま~ちゃんに『お願いします』って言って。」なんて言うのですよ。
ゆっちが必ず電話で「行ってもい~い?」って確認してくるのも、
お嫁ちゃんが聞いてごらん、って言ってるんですね(^^)
「お邪魔します。」「お邪魔しました。」も必ず言ってくれます♪
うちは亡き祖父母、父、そして弟もみんな几帳面なのに母は、
おおらか・・・ではなく、おおざっぱです(笑)
B型家族の中で母一人がO型なんですよ~
鋏にまち針、ほんと危ないですよね、母にはハラハラします(>_<) 
みーさんのお母様もなんですね。
冷蔵庫、私、自分でもわかりやすく誰に見られても大丈夫なように・・・を心がけていますヨ(^_^)v
でも、10代、20代の頃の時の方が潔癖性気味だったし
何につけても整理がゆきとどいていたように思います。
ある意味、融通がきいて丸くなったのかもしれませんが(^^;)

2008/07/07 (Mon) 16:35 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ibericoさんへ

お返事遅くなりました。
ibericoさん、夜そんな時間に・・・もしかして、お片付けしてたのかしら?
ibericoさんの几帳面は小さい時からじゃなかったのですね?
ゆっちは独自のこだわりがある子なんです(^o^)
うちの玄関は狭いので、水害に遭ったあと大がかりなリフォームで
玄関入って正面の和室だったところをバリアフリーで土足のまま入れる洋室に改造し
お洒落で光をさえぎらないアコーデオンドアをつけて
今までは玄関で済む用事の方にも土足でそこまで入れるようにして狭さの克服をしたのです(^_^)v
初めて来られた方は、ドアを開けるなり「靴はどこで脱ぐんですか?」
って戸惑われますが・・・
画像右側が玄関ドアで反対側にその部屋、手前、普段はカーテンで仕切ったキッチンから撮影しました(^^)

2008/07/07 (Mon) 16:48 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
ゆきんこ さんへ

くつをそろえる・・・・親に言われてしてた覚えはないんですが
子供の頃は今よりもっときちんとしてなくては気が済まなかったような気がします。
子育て、仕事で忙しくなってから、手抜きを覚えたというか
ある意味、融通がきくようになりました。
30代後半頃からかなぁ~
片付けに関しても、今日するのと早く寝て明日するのと、どっち楽?
って自分に問いかけるようになりました。
息子は言っても言っても、片付けてくれなくて
私が我慢できなくて、ついついやってしまってた・・・というか。
今、ゆっちには、待つこととできるように教えることができるのですけどねぇ。
一人暮らしの今は私がきちんとしてさえすれば、乱れることはないのですが
時たま、散らかってます(^^;) そんな時は、たぶん心も乱れているなって思います。
玄関とトイレ、ほんと大事ですよねぇ。
ゆきんこさんち、お母様はダメ・・・?うちと一緒かな?
父がきちんとし過ぎていたから、余計目立ってしまうのかもしれませんが、
一般的に普通でも弟から見たらたぶん落第点なんでしょうね。
母がちょっと可哀相かも?これって性分ですかねぇ。

2008/07/07 (Mon) 17:00 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
chibi さんへ

あれっ、整理整頓、苦手ですかぁ?
私はかなりの方向音痴で頭に地図が書けない人なので
たぶん整理整頓もやってるつもりが、実は抜けてるような気もするんです。
片付けている割には、捜し物してますもん(笑)
物を増やさない、整頓するにはそれが一番です!
それに気がついて、物を増やさないことをかなり意識しています(^o^)


2008/07/07 (Mon) 17:06 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集
いい詩ですね。

嫌みや押し付けのない、素敵な詩ですね。
10年以上、毎日(今でも)家族に「靴を揃えて!」と言いつづけている私としては、我が家族にこの詩を読んでもらいたい。

息子が小学生の頃、遊びにくるお友達は大抵上がると靴をしっかり揃えるお子さんが多かったのですが、息子はなかなか家でできていませんでした。
すると、よそのお母さんから「○○くんは(息子のこと)ちゃんとお邪魔しますと言って靴を揃えて上がるのよ。きちんとしているね」と言われたことがあり、「えっ!?よそではできているの?」とビックリしました。
・・・ということは、息子のお友達もきちんとできていても、もしかしたら自宅では脱ぎ散らかして・・・なんて子もいるかも?なんておかしくなったものです^m^

普段からうるさく言っているのに全く耳に入っていないように見えることでも、実は子どもの中に根付いていることも多いと思うし。(これは、自分の事を見て思うこと。親に言われた事を今になってやっていて、子どもにも言っているから。)

靴を揃えることも、これからも子どもたちに教えていこう。
ゆっちくん、しっかりと身についていますね。かわいらしい。
小さなことでも、やっぱり大切なことですよね。

2008/07/09 (Wed) 13:34 | ブレックファースト #Aiam0OL6 | URL | 編集
ブレックファーストさんへ

いい詩ですよねぇ。教えてくれた友人にも感謝しています♪
ゆっちも暗唱しながら、その意味を確かめるかのごとく
最後は「世界中の人が仲良くなれる!」って言っています(^^)
ブレックファーストさんのお子様、よそのお家ではきちんとできているんだもの。
それは、やっぱりお家でのお母様の躾なのだなぁと思います。
言われていることは、その時できてなくっても心に残っているものなのですよねぇ。
お箸と鉛筆の持ち方がおかしく20歳前でようやく正しい持ち方に直した私も
子供の頃から父に言われながらも、うるさいなぁってそのままにしてたんですが
でも、しつこく言われていたからやっぱり年頃になって気になり始め
苦労しましたけどなんとか直しましたもの。今では言い続けてくれた父に感謝。
言い続けることって大事なのだなぁって私も経験上思います(^o^)

2008/07/10 (Thu) 23:13 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。