スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シチューの季節

ベイ


秋口にカイガラムシにたまりかね、思い切って枝のないところで切った月桂樹。
早くも新たな枝が、四方八方こんなにも出てきました!
植物って、なんでこんなに強いのでしょうね。
切られても切られても、まだ生きようとしている。

シチューの季節には、特に活躍のベイリーフ。
市販のものとは香りの新鮮さがまるで違って重宝します。
キッチンでディスプレイしながら乾燥させて保存しとかなくちゃ。




Category: ハーブ

コメント

おもいきり!

それにしても月桂樹は生育旺盛が過ぎ、あっという間に伸びて、茎だって、あっという間に太ってしまう。
カイガラムシ、気がつきませんでした。
私も明日、チェックしてみよう!

手をこまねいていたこの木ですが、今年は庭師さんにコツを教えてもらいました。
樹形が決まったら、伸びた枝の葉1~2枚残して切る。
そうすると新芽が出て、また1~2枚で来る。
樹勢は勢いを持ちすぎず、幹は太りにくくなり、
樹形は保たれる。
その繰り返しで伸びすぎると根元近くでバサリ。
新芽を出す繰り返しのようです。

そういえば、他の種の木でいつの間にか自分で思いついてそうしているものも確かに有り・・。
飽きるとよく、スタンダードにしてしまうので、あまりスタンダードだらけにするのも、と思いつつ、
月桂樹は結局”ほうき形”になっています。

人の気も知らないで・・、
って、この木の事の様に勝手に育つ子で、内心参っていますが、あるとホント、便利な木ですね。

2005/11/15 (Tue) 23:44 | waco #- | URL | 編集
wacoさんへ

詳しい説明ありがとうございます!
ケヤキやアボカド同様、切っても切っても・・・なんですね。
ここまで強いとは思いませんでした(^o^)
この生命力を見習えってことかしら?
切り株になったアボカドも
地中から出てきた芽、1本かと思ったら
手前からもう1本出てきてびっくり!

カイガラムシは、ミモザにもよく発生して
増えないうちの退治が大事なんだけど、
気がつくと・・・・うわ~って感じ(^_^;)
気をつけなくちゃ!

2005/11/16 (Wed) 20:47 | まゆみ #N.vW.TCs | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。