スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイート10

kinmokusei131006-1

ブログを「植物と香りのある生活」と「ヤギと共に〜循環する暮らしを目指して〜」
の、2つに分けてから
こちらの更新が滞りがちですが、ご訪問して頂いていること
本当にいつも嬉しく思っております。

私は、どうも子供の頃からシンプルな考え方で
特別な日よりも、日常の何でもない出来事や
また、複雑に考えることができないゆえ
どこにいても
どんなことが起こっても、自分という味方が常に内側に存在しているので
つらいことがあっても、心底そこだけに焦点を当てて落ち込んでいたという時代がなかったと思えます。

それって随分自分にとって都合良く生きてこられたものだと・・・

それも私らしさなんだろうな・・って感じています。

そして、何故そうできたかっていうと
「大自然」という存在が、いつも守ってくれていることに気がついていたからなのかもしれません。
土に触れ、草花目線で感じることが、支えてくれる存在として感じていたから・・・
今になって想えば、そういうことなんだろうなって。

どちらのブログも 「生活」「暮らし」と
日々を如何に楽んでいるかがメインだからこそのタイトル。

そんな中、息子夫婦が
結婚10周年を迎え、「スイート10」って属に言われる豪華なものでなく

お嫁ちゃんの要望、手を繋いで歩きたいって伝えたそうで。

10年経っても、彼女の内なる可愛さ
それもお嫁ちゃんが私にこっそり話してくれたので、尚更嬉しいのです。

kinmokusei131006-2

キンモクセイが香っていた頃から暮らし始めたから
この香り=新婚生活として、思い出すのだそうで

甘いばかりの生活ではなく
息子たちも、この十年の間に色々ありましたから・・・
それもまた、成長できる材料だったことでしょう。

今日は

10月のキンモクセイを「スイート10」
と置き換えて
本日のブログのタイトルにいたしました。


hon131006-1

ここに記しておきたいことが本当は沢山あります。
それは自分で読み返すときのためでもあり、過去記事は遡って読むことも結構あります。

hon131006-2

最近の愛読書

hon131006-3

老子の教えを、わかりやすく書いてくれてあり「LIFE」「バカボンのパパと読む老子」
を読んで、老子って・・
そっか、私自身の想いと通ずる所がたくさんあったんですね。
学生時代、漢文は苦手でさっぱりでしたが、バカボンのパパ風に書いてあるこの本はイッキ読みできました。

hon131006-4

老子の教えは、とてもわかりやすい考えでありながら、なかなか人に理解してもらえなかったようですが
私も同じ想いの人と、巡り合えることが少ないので、ホッとしました。

「無為自然」TAOである自然から生まれて、そこに還っていく存在
生きているということは、自然の摂理とともにあるということ・・・


世の中、人間中心に考えていることがあまりに多く
「繋がり」という言葉も良く耳にするようになり

もちろん、人と人との繋がりも大事なのだけど
他の生き物たちの命があってこそ、
人が生きていられることに目を向けられる人が増えるといいなと。

最近出版された本ではありませんが、こういった書物を読んだ時
人はどう感じるのだろうって・・そんな声を聞いてみたく
ここに紹介させていただきます。

hon131006-5

ヤギブログは、私の中に深い想いがあって別にしています。
ほぼ毎日更新しているのは、ヤギたちの成長日記ということでもありますが
単に可愛いとか癒されるというだけでなく

異種間の生き物と接することによって
彼らのココロの声を大事にし
ペットと表現すると、なんか違和感がありすぎ
共に助け合って生きていく存在としての「コンパニオンアニマル」とか「伴侶」
と私は位置づけしているんですが

粗食草食ならではの動物として、人の食べ物と奪い合いになることなく
世のバランスをとることができるのが「ヤギ」なのでは?と

1960年から日本では、ヤギの数が激減したそうです。
牛、豚、鶏が家畜として人に必要な動物とみなされ、保険で守られていますし
ヤギに関しては、文献も少なく経験のある獣医さんもなかなかいません。

ヤギが調子が悪くなったとき、可哀相な位置づけにされていると想ったんですが
よくよく考えてみると、ヤギが家畜として受け入れが少なくて逆に良かったのかも
と考えるようになり

もし、家畜として肉もお乳も牛並みに人に歓迎されていたなら
ヤギは人間に食べられる生き物として存在するということになっていたのでしょうし・・

動物たちは、必要以上に欲しがりません。
ライオンでさえ、お腹がすいてから狩りをしに行くとか。
お腹がすいたから
即、食べているのではないのですね。

ヤギは大食いですが、低カロリーの草を主食にするので、量は多くなるわけですが

食べることは生きること

でも人間は、それ以上のものも求めている。
決して、それが悪いというわけではないんです。
だけど、世界全体とか
地球上に存在する生き物をトータルで見た時・・・・

視点を変えて
もし、自分が、他の生き物だと考えたとき


人間がしていることが、気持良く受け入れられるかというと
ハタと気がつく人もあるかもしれませんよね・・・

他の生き物の天敵が人間だってことになるのかも・・・


今、あちこちに茂っている葛の葉はヤギの大好物でもあります。
家畜として飼っているわけでないヤギ飼いさんたちとブログで繋がりをもてるようになりましたが
自生している葛の葉を刈りに行ったり、
自然の中で増えていることにより人に厄介者扱いされている存在のものも大事にしています。

除草剤で簡単に処分しようとする植物に対して
それがだと感じるか
草にも役目があって存在しているのを知っているか

また、その植物を「生きるための食べ物」としている動物がいることを
ちょっとでも意識してもらえるなら、私も嬉しいな〜と。
気持は、すっかりヤギですね(笑)

植物も動物も、人以上に純粋に生きているから
文句を言ったり、憎んだりの感情はもたないと想いますが・・・

人以外の生き物は、命の循環をしながら
生態系を守っているのですから、
人が贅沢に食べていくために殺生するでなく
命の尊さを、もっと感じ、次世代の子たちに伝えたい。

私も、今まで以上に意識を変えて、
「種」を大事に、「命を繋ぐことに喜びを感じて」生きていきたいです。


pendanto131006-2

昨年は神戸で、循環農法の赤峰勝人さんの講演を聞ける機会に恵まれたと想ったら
今年は、来月
なんと淡路島で自然栽培の河名秀郎さんのお話を聞くことができるんです。
自然栽培普及会近畿ブロック 淡路島根っこの会

野菜って、本来何ナノ?
興味のある方はハーモニックトラストより枯れる野菜と腐る野菜を見極めて下さいね。

プランター植えのナスも腐るでなく朽ちていきます。
何年も種を繋いで生きてきた自家採種で育ったナスの今の姿です。

nasu131006-1


そう言えば
私も2009年に、こんな記事を書いていました。

すべてのことに感謝して〜原点に戻るときPART1
すべてのことに感謝して〜原点に戻るときPART2
すべてのことに感謝して〜原点に戻るときPART3

あの頃の写真の方が自分では好き
あの頃の想いを今も持ち続けて・・・・

長い長い本日のブログを最後まで読んで下さりありがとうございます♡
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。