スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の訪れ

agapannsasu130629-5


梅雨時期の花のひとつ

アガパンサス・・・
子供の頃から、庭に咲いていて
季節を感じる、とても身近な花でしたが

私の中では、いつしか忘れられた存在になっていた時期もあり

小さな小さな草花が好きな私には、背丈の高い花を敬遠していたのかもしれません。

実家に植えられていたアガパンサスの球根を掘り起こして

私の花壇にも植えてから数年。 毎年、開花が楽しみになりました。


アガパンサスはユリ科の多年生宿根草。原産地は南アフリカ。

agapannsasu130629-2


「アガパンサス」の花言葉は

恋の訪れ・知的な装い・愛の訪れ・恋の季節・恋の便り・実直・優しい気持

ギリシャ語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)の2語の組み合わせらしく
「愛」や「恋」にちなんだ花言葉が多いようですね♡

agapannsasu130629-1


また、根は太く強いので、
斜面や土手などの土の流出を防ぐのに役立つとか?


私のウォーキングコースでもある近くの川土手にも、斜面にではないですが
地域の人の手で植え込んだアガパンサスが何本もあり
毎年この時期になると咲くのですが
誰かの手によって、茎をぽっきり折られているんです・・・
それも何本も・・・

心ない人の、そんな行動に悲しくなります。

ちょうど七夕の日にあたる日曜日は島内一斉清掃で、朝から、その辺りの草刈りとゴミ拾いをします。

草はあらかじめ役員さんで刈ってくれていて、袋詰めするのが
町内の人たちの作業なんですが

ヤギの大好物の、ヨモギを初め、たくさんの草が生えているので
うちのヤギたちを連れて行きたい気もするのですけどね・・・・

人にとっては邪魔者扱いされる草も
ヤギにとっては、大事な食料となるというのに・・・

この相互の関係を、もっと活かせる世の中にならないものでしょうか?

毎日更新中のヤギブログもどうぞよろしく♪

スポンサーサイト
Category:

白い花

ninjin130621-7


この繊細さが大好き・・・
まるでレースフラワーのような白い花

私のお部屋です。

雨の日に、おまけに逆光ですが
どうしても撮っておきたくて・・・

ninjin130621-6

そう、前回の記事では
菜園で撮影していたニンジンの花。

ninjin130621-5

実は・・・

ninjin130621-8


こはるが、引っこ抜いてしまったので。。。

こうして、家の中で眺めることができるようになりました。

それもあり、これも良し♪



で、もうひとつのニンジン物語


小さな小さなプランター植えにしていた

リトルフィンガーニンジンは、

この子たちのおやつになりました。 よかったら、コチラから
Category:

雨に感謝、自然に感謝、すべてのお天気に感謝して・・・

P1140458-120616

昨日は、久しぶりのまとまった雨でした。

それぞれの葉っぱに宿る雫が、輝いて見える朝

人と違って、激しく降った頃には
叩きつけられるような勢いで、雨の水を全身に受けていたはず

雨が降っても降らなくても、黙ったままの植物ですが

今朝は活き活きしているよう・・・


日照りが続くと雨が恋しくなるのは、みな同じだと想いますが

普段は、雨=悪い天気 との表現が多いような・・・・

晴れの日も、雨の日も、曇りの日も

すべての天気が良い天気

人も、人として生きている前に

地球上の自然の中の一部だと想えば

言葉をもたない多くの生き物のように、謙虚な気持ちでいられるのではないかと・・・


ninjin130616-3


私の菜園、どうも私は食べる目的より、

それぞれの命が循環して育っていく姿を見ているのを楽しみ、幸せを感じている気がしているのです。

私が育てているのじゃない、私が育てられている・・・そんな感じが年々強くなっています。

ninjin130616-2

ニンジンの花が、今、とても美しくて・・・

昨年、種を蒔いていたニンジンなのですが

ひょんなところに育っていて

今、清楚な花をたくさん咲かせています。

この花の種が、新しい命となって、また生きていくのですね・・・

ninjin130616-1


何にもいい事がない・・・と嘆く人がいます。。。
そんな声を聞くたびに悲しくなります。

人は何を求めて生きているのでしょう。

どうなれば、満足できるのでしょう。

どんなときも、いいこと探しは自分が見つけていけたらいいなと想います。


もうひとつのブログも更新中です
Category: 菜園

繋がりとは、人と人から、すべての生き物との共存へ

keyaki1306-3

このケヤキがあったから

ヤギの好物だというケヤキの木があったから

ヤギ飼いになれたのも、ケヤキのおかげでもあるんですよね。


こはる&ひより

keyaki1306-2

チャチャも

keyaki1306-1


そして

カノンとカレンも大好きでした。

keyaki12

乾燥させた葉を食べているところ  昨年7月の写真です。

keyaki1207

この子たちの写真を見ていると、今でも涙が出てきます。。。

↓は、カノンが風邪っぽい症状が出始めた10月
枝ごと切ったケヤキに、食い付いて・・・

keyaki1210

カノンとカレンとのお別れは、あまりにも早かったけど
涙の日々を埋めてくれるように
出逢えたチャチャとひより&こはる

人と人との繋がりから
他の生き物への命へ繋がって・・・・





昨日から
別ブログで、ヤギのことを綴っています。

よかったら、こちらから・・・クリック

家族の楽しみ

あじさい130611-3

紫陽花の季節ですね。

あじさい130611-1


今日は、朝から久しぶりの雨・・・と、言っても小雨ですけど

紫陽花には、こんなお天気がお似合いです。

あじさい130611-2

6月生まれの母の大好きなお花。
3種類の紫陽花の苗をプレゼントして植え付けてから、今年で3年目でしょうか。
実家の庭でも、今年は数多くの花をつけてくれました。

2日早かったのですが
この間の8日の土曜日、母の誕生日のお祝いを♪

ヤギたちと共に過ごしたい我がファミリー
一軒の家に一緒に住んでいるわけではないのですが
敷地内に別々に住みながら、交流できるのは幸せなことです。
私の菜園からは、今はまだリーフレタスしか収穫できなかったけど
弟の料理で、息子家族と共に屋外で楽しみましたよ。

母130608-2


母130608-1 
 長年の躁鬱を繰り返していた母
 薬を手放し、
 本当の意味で元気に生まれ変わった5年前から

 誕生日にはこうして、娘息子である私と弟、
 私の息子である母にとっては孫夫婦とひ孫と共にお祝いしています。



去年の6月の末に、我が家の家族となったカレン&カノンは
悲しいことに、一年を過ごすことなく虹の橋を渡ってしまったけれど
あの子たちから学んだこと、そして繋いでくれた御縁を大事にしている私たち。

母の長年の不調も、初めて飼ったヤギたちがあまりにも早く逝ってしまったことも
そんな辛い出来事があったからこそ、乗り越えた今があり、感謝の毎日。

振り返ってみると、いつののときもピンチはチャンスでした。
現状を受け止めながらも、自分がどうなったら嬉しいのかを自分自身に問いかけ
あきらめない気持ちを持ち続けていてよかったと思えます。

これも年齢を重ねてこそ、できたことでもありますが
だから、お誕生日を迎えられることを有難いと思えるのですね。


今年の2月から迎えた
こはる&ひよりと

やぎ130608-1

チャチャのおかげで、みんながまとまっている気がします。

やぎ130608-2

こはる&ひよりの実家であるK様宅に
昨日は、チャチャを連れてお出かけしてきました。
その時の様子も、記録しておきたいと想っています。
只今、ヤギ専用ブログも準備中・・・

ib マッピングその後

heya130609-1.jpg

毎日、色んなことがありながらも
1週間が、瞬く間に過ぎてしまったという気もします。

今日は、ちょっと曇り空
ここんとこ、梅雨はどこへ?とういうお天気が続いていたので
鉢植えの植物たちの水やりにも時間をかけていたけど
今日は助かりそう♪

お日さまの光が足りなくて
今日の写真が暗めなのは残念ですが。。。

どんな時も、気分良く過ごすには
部屋の中のインテリアも大事・・・ってことで

季節に応じて家具の配置を変えてみたりするのも大好きです。
外で動いている時間も長い私ですが
家の中で自分の居場所を心地良くするための工夫や時間も、あえて作りたいのですよね。

窓の外の白いラティスは、冬の間、落葉していたアケビの葉で覆い尽くされ
イイ感じの日除けにもなりつつあります。
日本の四季、それに応じた植物の力って、やっぱり素晴らしいなぁって思います。


最近、移動時の(仕事に行くときも)荷物が増えて
というのも、マッピングを始めて以来のこと。
紙と鉛筆されあれば、どこででもできる「ココロの整理術」なんですが
A4サイズのファイルが入れられる軽くて大きめのバッグがほしくて

bag130609-1.jpg

合皮ですが、雨のときも使えそうなバッグを購入。
スマホからメールのお返事をするときも、
最近、長文で返すような機会も増えて、キーボードを持ち歩いています。

時間をうまく捻出するには、いろんな工夫も必要ですよね。
読みたい本も、たくさんあるので、何かしらバッグの中には本も入っております。

さて、「最強のココロ整理術」といわれている ib マッピングですが

人のお話を聴くには、自分自身が満たされていないと・・・と思うので
持ち物も、私風の物を選び、まず自分が気持ち良くいられることには徹しています。
マッピングシートも簡単にですが、オリジナルなものにして

ファイルも、100均ものですがシールやマスキングテープで少しアレンジしてと

mapping130609-1.jpg

マッピングのテーマは、その人によってマチマチなのですが
今、気になっていることや悩んでいることがある方には
ダイレクトにそのテーマを真ん中にもっていって、そこから質問・・というカタチをとっています。

特に何ってない方や、緊張気味の方には
ここんとこ「食べ物」をテーマにし
好きなもの、嫌いなものを3つずつ挙げてもらい
そこから質問に入るといったパターンが、これが案外おもしろいのです。

どんなテーマから入っていっても
不思議なことに
その方が今、何を一番ココロの中で感じ焦点をあてているかに辿り着きます。

以前から食べ物と、ココロの内とは密接な関係があると思っていましたので
あえて、それをテーマにしている私でもありますが

私が、同じくマッピングを学んでいるパートナーにしてもらった食べ物マッピングで

私が好きな食べ物で一番に選んだものは、なんと「ワイン」だったのですけど
質問されて私が答える意外な答えの行く末が・・・・なんと!!

「ワインは、私がリセットすること、女を意識すること」だったんです。

自分でも、え〜〜そうだったの?みたいな、自分で答えながらも不思議〜〜と
自分が気づいていなかった自分のココロに気がついたのですから、おもしろかったです。


とっかかりとしては
「食べ物の好ききらい」から入っていくパターンは、答える方も割りと抵抗ないようですが
それでいて、ココロの内側が見えてくる・・・


質問させていただくことから、語り手さんになられた方が
自分でも気がつかなかった心情が次々と出てくるので
ご本人様もビックリされたり、おもしろ〜い!を連発されたり。


例を挙げますと

まず、好きな食べ物を聞かれても、すぐに思いつかない自分に、
「あれ?」「何が好きなんだろう」って考えることから始まり

「この食べ物がなんで好きなのだろう」っていうのも
質問されて始めて、あるところに繋がっていくんですね・・・


それは

家族と深い繋がりがあり、自分が家族のことを大事に想っていて
家族のために頑張っている自分を認めることができたり

また、ある人は、
時間に追われている中、ひとりでこっそり好きな食べ物を食べることで
自分の時間をあえて作ろうとしていたのだということに気づいたり

「いつからその食べ物が嫌いだったか?」・・の質問から
こんなことを話してもらっても大丈夫なのですか?と少し心配しながらも
私に普段は話さないであろうことを、「自己開示」して下さった方がいました。

「小学校3年生」という時期と重なり、いじめられていたことと繋がって
そこから好きだった人の話に発展し相手に避けられていたのも、
「たぶん、こうだろう。。。」というような
はっきり言われたことではないのに、
「それは、そう実際に言われたのですか?」との私の質問に
「たぶん・・・・」という言葉が繰り返し出てきたり、憶測や想像です・・・あれ?みたいな

たくさんお話して下さった言葉を書いたシートを見ていただいて

「何かに気がつかれましたか?」と聞いてみますと

共通の話題がないから人と話すことが苦手だったのに
こんなにたくさん口にすることができたという自信

またマッピングという手法で、
たくさんの自分の言葉から出たことにより、「思い込みが激しいと感じました。」
と、ご自身でも気がつかれたわけです。

辛い思い出話から、今後どのように自分が行動していくといいかについてもヒントになることがあったようで

こうした嬉しいマッピング例は、私が100人を目指している中
普段、無口な方に語り手様になっていただく場合は特に
私の質問力や俯瞰力も大きく関係してきますので
私自身の成長と学びに繋がるなぁと嬉しくなりました。


どんなときも、ib マッピング
語り手になっていただく相手だけでなく、
聞き手である自分自身にも気づくことがある、本当に有難いツールです。

神産み、国産みの「おのころ島」より

亜麻130603-2


種から育て、また採取した種を蒔いて・・・
ブログで仲良くして下さっている、ゆきんこさんからの亜麻(フラックス)
今年も爽やかな色の花を咲かせてくれました。
命は繋がっていますよ〜ゆきんこさん、ありがとう

亜麻130603-1



昨日は、地元・淡路島にて嬉しい出逢いが♡

昨年、おのころ心平さん経由で知ることになった

淡路島で開催された「日本國を本気で考える」


今年3回目を迎えた昨日6月2日
パートナーと共に、去年に続いて2回目の参加をしてきました。
昨年は、てんつくマンと、おのころ心平さんでの盛り上がりも楽しかったですが
記事にし損ねたので、昨年9月9日の写真だけでも、ここに・・・

2013/9/9-2


2013/9/9-1

このときは、私の母も、Eちゃんも一緒に行ったんですよね。

で、

今年、招かれていらっしゃったのは

初詣出には毎年お参りしている「伊弉諾神宮」の宮司様と

ハワイ島の広大な有機農場「ジンジャーヒル・ファーム」で、パーマカルチャーを。
いのちを大切にした生き方を若い人たちに教え
東日本大震災後、「女神の郷」プロジェクトを立ち上げられて

今春からは、なんと淡路島の南あわじ市に属する島で
神産み、国産みの「おのころ島」として知られる「沼島」に拠点を移されて活動されているという
小田まゆみさんだったので、お話を聞けるのを楽しみにしていました。

息子夫婦は、伊弉諾神宮にて結婚報告祭を。
その祭にも、宮司様には、大切なお話を頂戴しました。
宮司様とは有難いことに、その後何度もお会いする機会に恵まれ
この度は
お米の国である日本の稲作のことや漢字の文化、伊勢神宮のことなど
貴重なお話を沢山聞かせていただくことができました。

小田まゆみさんのことは、
今まで何ひとつ知らなかったもので、今回の申し込みにあたって、
初めて この方の存在を知り、こんな素敵な巡り逢わせが用意されていたなんて

「まゆみさん」繋がり

伝えたいことがいっぱいで長くなりそうですが、大事なお話、是非ここから下も読んで下さると嬉しいです。

本日のヤギたち

ひより130603-1

↑「ひよりちゃ〜ん」 モグモグ・・反芻中でぷっくりホッペだけど、可愛くカメラ目線よね♪

こはる130603-1

↑「こはるさ〜〜ん」 「な〜に?」 チラ見のカメラ目線♪ 柵の外の物も食べたい「こはる」です。

チャチャ130603-1

↑「チャチャ〜〜」 呼ばれたら早速見ているところでオシッコのお利口さん♪
ご褒美目当てですが、トイレの躾が簡単だった、この子たち。ヤギって結構賢いんですよ。



もう一度

「こはるさ〜〜ん」「こはる〜〜〜」「こはるってばぁ」

          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・
          ・



こはる130603-1


いくら呼んでも、振り向いてくれず、後ろ姿で失礼しました。。。

どこまで食べても、足りないのか、エサ箱に顔を突っ込んでいます。
ヤギに満腹はないのか・・・食べて反芻、排泄・・・の健康なヤギたちです♪

この子たちの記録のためにも
ヤギブログを別にしようかとも考え中・・・

記録したいことがたくさんありすぎ、今日は別カテゴリーで、もうひとつ更新するかもです。
Category: ヤギ

共に生きる

ヤギ130602-1

本日の、チャチャ&こはる&ひより

ヤギ130602-2

チャチャ、可愛いのだけど
ずいぶん、角が伸びてきたのですよ。

透明、ホースの角キャップ♪

チャチャ130602-1


こんなところから
カボチャの芽が・・・!!!

カボチャ130602-1

すべて
私と生きている仲間たちです♪
Category: ヤギ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。