スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイティブアメリカンのように

神はすべてのものをシンプルに創った。

インディアンの人生はとてもシンプルだ。

わしらは自由に生きている。従うべきただひとつの法は自然の法、神の法だ。わしらはその法にしか従わない。

【マシュー・キング(ラコタ族)の言葉】


私が過去、台風の被害に遭い多くのものを失ったとき

根を張った植物たちのパワーに勇気づけられたように

流れに逆らわない柔軟さを、自分も身につけていたいと思えるようになりました。

ベランダ120930-1

休日、家の中で過ごしていた今日
あぁ、こんな時間って久しぶりだなぁって思ったの。

夏、こんがりだった私の肌も、秋色に変わりつつあったのに
もしかしたら真夏時より日焼けした肌になった!?って思うほどに
ノースリーブ状態で外にいたもので

今日は台風の影響もあって雨風だったからこそ
小雨時は外でできることを少しだけして
部屋からベランダの植物たちを眺めながらパソコンを開いていた時間があり・・・

それがまた心地よかったのです。


外では、短時間で子供用の砂場には雨水が溢れるほどに貯まっているのを見て
思った以上に雨量があったのかなと思いました。

有難いことに
ラティスで囲まれたベランダは、風の影響も受けていなかったのは確かですが

菜園の方では強風に逆らうことなく、風にまかせて揺れている植物たちを
窓から眺めていても、それは、とても自然で、

人のように、がむしゃらに逆境に立ち向かうでなく
強く、そして、しなやかに揺れていて


でもその基盤には
しっかりと根を張って生きようとしている真の力があるからなのですね。



そんな自然の姿を観察していると、自ずとそれが無理なく生きていける方法だと気づきます。

どんなときも、自然はお手本なのではないかと思えるほどに・・・

人もまた自然の一部だから・・・



流れに沿ってこそ生きやすくなる仕組みなのではないかと思うのですが

便利さを求める人には、なかなか気がつかない自然の法則



それらを伝える役割が、今、生きている私たちにあって

これからの子供たちのために、

それは自分の子孫だけにとどまらず
もっと大きな範囲で考えていくことで、

私たちがこの世に生きてきた証として残り

繋げていけるものではないかなぁと。


単に次世代に繋げるではなく

ネイティブアメリカンは
何かを決めるとき、7世代先まのことを考えて決める・・・と。


私が

生まれるなら

縄文時代がよかった、と思うのは

縄文時代の人たちは、物質的な豊かさを追求せず
より神に近づく神々しい人になることだったからかもしれません。


でも

今の時代に生まれても

心の豊かさを一番に

より自然に、シンプルに、

今の瞬間瞬間を、大切に生きるということはできるのですものね^^


明日から10月

2012年

あと3ヶ月しかないと思って焦るより

まだ3ヶ月もあると思いながら

丁寧に、一日一日を過ごしたいと思います。


ベランダ120930-2

雨が降るたびに家の中に取り込んでいた多肉植物の鉢も
いつしか、外で耐えられるのだということに気づき
環境に慣れる逞しさを、いつの時も植物から学んでいる私なので


過去はすべて予定通りであり
起こる出来事から学べるようにわざわざ用意されていたことであり


そう思えると、すべてが有難く、人生ますます楽しくなりますね。


そして

ネイティブアメリカンのように


「あなたが生まれたとき周りの人は笑って、あなたが泣いたでしょう。

だから、あなたが死ぬときはあなたが笑って、周りの人が泣くような人生を送りなさい。」


「自分自身のことでも、自分の世代のことでもなく、

来るべき世代の、私たちの孫や、まだ生まれてもいない大地からやってくる新しい生命に思いを馳せる。」


そんな生き方がしたいです。

スポンサーサイト

ヤギに始まり、ヤギで終わる日々

朝、起きたら
まず小屋の掃除
4枚のスノコを洗うことから始まります。

もう、それが日課


カノン120920-1

カノン、マリーゴールドの花を食べるの?

エビヅル120920-1

大好物の山葡萄・エビヅルの葉を
夢中で食べるカノンとカレン。
下の方の葉っぱは食べてしまったので
コンテナの上に乗っかり、今度は上の方を・・・・

このエビツル、地元のブロ友さんから鉢植えでいただいたものだけど
ここまで成長していてよかったぁ
ほんとに大好きなんですよぉ。

さて、
この間、竹を切ってきたあと
着々と作業は進み、狭いながらもドッグランならぬゴートランが出来上がりました♪

ゴートラン

葡萄のパーゴラの下

ヤギラン120921-1

でも、動くより食べる!!
内側からも、エビヅルをひたすら食べ続ける2匹

カノン120921-3

ほんとに好きなのね〜
見る見る葉っぱが減ってきて

竹のフェンスに伸ばそうと絡ませた蔓まで食べています。

カノン120921-4

冬の間は葉っぱが落ちてなくなるのだけど
もうそれまでになくなっちゃうね。。。

それにしても、この竹を使った囲い
弟よ、よくやった!!
協力してくれた友人にも感謝♪

ヤギラン120921-3

カノンとカレン、今日は朝からお昼まで
初めてここで繋がれることなく過ごして
楽しんでくれていたと思います。

ヤギ120921-1

実は竹と竹の間が広くて抜け出せそうな箇所があり
急きょ、私が出られないように横に1本付け足したのだけど
今日は麻ひもで仮にくくり付けただけなので
ちゃんと針金で固定してもらわなきゃ。

自由に動きまくったあとは
いつもの小屋に連れ帰り、お昼寝タイム・・・

このときのカノン、とっても可愛い寝顔♪
まだまだ子ヤギって顔してるネ。

カノン120921-2

パッチリお目目のカレンちゃん♪

カレン120921-1

夜はかなり涼しくなってきたので
寄り添って寝ていました。

明日は休日
ゆっちも一緒に遊ぼうねぇ〜


こんな生活の中、夜は眠いのが勝ってしまい
最近はブログ巡りができていなくって。。。

にもかかわらず足跡残して下さる方々、ありがとうございます。
また時間作ってお伺いしますので、今後共よろしくお願いいたします♡

動けば変わる♪ 動きたいだけ動く!

外に出ようかと思ったら
またすごい雨!!

なので、もうひとつ記事を更新しま〜す。


写真は、昨日の夕方撮ったもの。
カノンとカレンを、菜園の方で鎖に繋がず自由にさせてみました。

辺りをキョロキョロ物色中♪

ヤギ120916-2


勝手に生えているヨモギ、春には母お手製のヨモギ餅の材料として活躍するのですが
ヨモギの葉って、ヤギの好物でもあるのです。


ヤギ120916-1

さっそくムシャムシャしておりました。


今日も、雨の合間を縫って、私はここで作業して
この子たちは、そばに繋いで食べたいものを食べてもらい・・・

ここに入るのも許してあげよう^^
(これは昨日の写真なので、自由にさせているとき)


ヤギ120916-3

でも、繋がずして安心して離しておけるスペースを作りたい。
候補は葡萄のパーゴラの下。
4本の柱を利用して囲いをすることにしました。

で、その材料として・・・・

肉体労働してきましたよ〜

竹120916-3

友人宅の裏山の竹薮に
竹を切りに行ってきたのです。

幼なじみ的存在の友人の好意で、
うちの弟と二人が竹を次々と切り倒し
私は、その枝葉をカマで落とす作業を。

もう、思いきり汗をかきました。
始める前は、かなりの雨で
行ってはみたものの無理かも・・・って雨宿りさせてもらってたのに
そのうち止んで青空が♪

あぁ、なんてラッキー!!

汗ぐっしょりになった私たちに
奥様が冷たい飲み物とアイスキャンディーを用意して下さってて感激!

その上、竹を積んで自宅まで運んでもらって(12本の予定だったのに、遥かにその数を超えていました。)

竹120916-2

さて、この竹を使って
弟が可愛いカノンとカレンの為に、素敵な柵を作ってくれることでしょう。
楽しみ、楽しみ♪♪

昨日の作業で筋肉痛がおきるかも・・・と思っていたんですが、全く大丈夫^^
私ってかなり肉体派!?
デスクワークより、そっち系で活躍する方が向いているなぁって

その勢いで、さぁ、雨が上がってる!!
外、行ってきま〜す♪

夏のこんがり焼けた肌から秋色に落ち着きそうだったのに
昨日からの外作業でまた肩にくっきりラインが。。。

でも、ノースリーブで動いているのが楽しい私です。

命を繋いで PART3

一日があまりに早く過ぎていく感じ
その中での充実感も、しっかりと味わっていますが
それにしても1週間が早かったと思います。

人と交わることも増え
誰と話ししていても、その内容が深く意味あるものになっているというか

記録しておきたいことは、山ほどあるけど
動いている時間も多すぎて、
今日も雨の合間合間に外に出ては、畑作業を繰り返しているのですが

ザ〜〜〜ッと降ってきたら家に入る
その時間に
少しづつカテゴリー別に記事にしておこうとしている私です。


まゆみ菜園から

春に種まきして育ってくれた大きなナスも
来年用の種を採る時期になりました。

ナス120912-1


黄色くなるまで待ってから9月7日に収穫した種採り用のナス。
重さ456g 周囲29cm 全長15cm
1ヶ月前、最初に収穫したものと比べると、やや小さめ。

ナスの種120914-1

充実した種は、ナスの下半分のところに。
ゴマ粒ほどの小さな種を、楊枝で丁寧に外していきます。

ナスの種120915-1

これだけ沢山あっても、すべて植えると後がまた大変なので
どうしましょう・・・って感じなのですが
種から育ててみたいと思われる方に、もらっていただけたら嬉しいなと思います。

とてもジューシーなナス♪
縦割りにして焼いた、ナスのステーキ。味噌との相性バッチリです。
熟しきって赤くなった万願寺唐辛子を添えて・・・

ナス120901-1


写真をまだ撮っていないのですが、プチトマトも採種していますヨ♪
来年は自家採種の野菜達がどれだけ育ってくれるか楽しみです。


去年、熟したものを頂いて
種採りとタワシになったヘチマ
ようやく実が!!

ヘチマ120915-1

夏の初めの頃に咲いた雌花は結実せず
その後の花は雄花ばかりで、諦めてもう抜こうかと思いつつも
毎日気になって眺めていたら、日に日に成長しているのですよね。
諦めないココロが伝わったのかしらね?

ヘチマを持ってきて下さった時に
「小さい時に食べたら、すごく美味しいから
種蒔いて、育てて食べてみて!!!」って
言われていたものの
この1本はタワシ用に
あとにできそうな4つは、食べてみようかなぁと考えています。

そんな出来かけのヘチマにお客様が。。。

虫好きの人はクリックを♪

カマキリ120915-1


昨日、
友達と久々に夕食を一緒に食べに行った先のイタリアンのお店で気になった野菜達。

野菜120916-2


プチトマトほどの大きさで緑色の野菜
半分にカットされていましたが

野菜120916-1

これ、なんだろう?ってお店の方に聞いてみたら
UFOズッキーニですって♪ 可愛い!!


ナスも、こんな小さくて長い品種のもあるのですねぇ〜
小さいもの好きな私のココロをくすぐります^^
Category: 菜園

ヤギ時間

ヤギ120908-1

今朝のお食事風景の一コマです。

「植物と香りのある生活」から

「ヤギのいる生活」にどっぷり(笑)


早朝から小屋のスノコを洗うことから始まって、エサやリに散歩と
朝は、この子たちと過ごす時間を外すことはできなくなりました。



あ〜〜〜
カノン、食べながら用を足しております。。。

kanon120904-1


ネコジャラシの季節ですね。
カレン、その旬の葉っぱを食べています。

karen120907-1

ですが

本物の猫がいたぁ〜〜!!!
ネコジャラシは好きでも、猫にはちょっと警戒していましたね。


karen120906-2

黒い線は、境界線というわけではありません。。。
(蒸し暑さが苦手なヤギのため、外で扇風機を使うときの電気の延長コードです。)


一番の好物は、山葡萄「エビツル」の葉っぱかな♪

karen120907-2

アイビーも大好き!

karen120904-2

カノンと違って、カレンは結構好き嫌いがあるのですよね。
性格も、食べ物の好みも

個性、ますます出てきた感じがします。




このとき、甘えん坊のカノンは、人間の赤ちゃんみたいな声で悲痛な叫び声を・・・
(雄の方が甘え上手?かも)

kanon120904-2

あ〜〜ん、あ〜〜ん、と鳴いていました。
これがまた、可愛いのよねぇ。早く側に行ってあげなくては。。と思っちゃう。


karen120904-1

が、
カレンは後ろで、シラ〜ッとした顔で座ったままでした。


ヤギの習性でもありますが

yagi120906-1


権力争いとして頭突き。

エサの取り合いや、ヤキモチやいたときにも、こんな感じ。
雄のカノンは本気っぽい表情なんで、ちょっと怖いですけど
そんなときのカレンは控えめです♪


お腹がいっぱいになった後のお昼寝。
気持ちよさそうな2匹です。

yagi120906-2

日々、癒されております。

ヤギに夢中の私に
昨日もヤギグッズを下さった方が♪

たくさん一度にいただいて、ほんとにありがとうございました。

日の入りが早くなり、徐々に一日の流れも変わってきそうですが
日々大切に・・・

来月からは、申し込みを済ませた受けたい講座も月に2回始まるので結構ハードになりそうなんですが
今年も充実した年で学ぶことが多かったし

それらが、すべて繋がっていることなので
私の人生そのものって感じでしょうか。

今月中に菜園の秋支度も進めておかなくては。。。と思いつつ
諦めて、もう抜こうと思ってたヘチマが今頃になって立派な雌花が咲き始め、
実ができそうなのですよ。タワシ、また作れるかなぁ〜

種採り用の黄色く熟したナス
プチトマトたちも自家採種を試みたいと思います。

私らしい暮らし、次世代に繋げる想いは、どこまでも続きます^^




み〜つけた♪

ニラ120901-2


ニラの花が咲き始めました。

ニラ120901-1


蕾がいっぱいの中で


気がつかなかった・・・・・



写真を読み込んでから、「え!?こんなところに!!」



虫120901-2


わかりました?


↓ これは、知ってて撮りたかったのですけどね。

虫120901-1


ついこの間のこと、

ゆっちが私のパソコンから検索して見つけた無料ゲームを一緒にしていたのですが

ピラメキーノ「しんれい君をさがせ」 を思い出し、笑えました。


虫120901-3

なんていう虫なのでしょうね?
知ってらっしゃる方がいましたら、教えて下さいね。

なんだか勢いで、本日3つの記事を更新してしまいました。

Category:

命を繋いで PART3

ゆり120901-1 

    




    知っていましたか?


    百合にも
    
    飛んでいく命があることを・・・・・





命を繋いで PART2

トマト120901-1

小さな空き缶の中で育ちました。


トマト120901-2  


  捨てられなかった

  プチトマトの

  脇芽の挿し木からです。


  いくつもこんな育て方をして、見守って







  そして今、ようやくできたトマトも色づいて・・・




こんなことをしてるから、夏場の水やりが大変で、葉っぱがクッタリしてたり、枯れそうな状況にもなったりと

でも

命は、そうそう簡単には捨てきれなかった私です。

あきらめなくて、よかった。


トマト120901-3


側に植えていたツルムラサキが、トマトに恋をしたみたい

しっかり抱きついています♪

Category: 菜園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。