スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AWAJIアイランド

目の前を赤い車が走ってる・・・
空も、海も青くて、
それだけで絵になるなぁ・・・と、嬉しくて助手席から思わず写真を!!

nojima120826-5



近場で、ちょっとしたリゾート気分でした♪

野島スコーラ120826-5


統合のため閉校になった小学校を再盛


野島スコール120826-3


こんなのも、あり!ですね〜〜

のじまスコーラ


週末お出かけのためには
仕事のある日も朝から汗をかきながら動いています^^

すべてを楽しみにするのも自分次第♪♪
スポンサーサイト
Category: おでかけ

命を繋いで PART1

ブドウ120813-2


3年目にしてやっと実ったブドウ 「ベリーA」

小さな一粒の中に3〜5つ、入っている種♪
これが嬉しくってネ。

手前の小さなのは、山ブドウの「エビヅル」ですが
これも小さな粒の中にも数個の種が。

このエビヅルの葉っぱは、カレンが大好きで食べ出したら止まらない!

カレン120723-1

散歩中、カレンが食べている間
私はこの上のパーゴラに絡まってるベリーAを摘んでは食べてたんです(笑)
で、皮は、カノンが食べてくれるの。

この間、収穫したスイカを食べた時も
種が男でお父さん、畑は女でお母さんなのよ、って
ゆっちに「種の話」をしたのですが


ブドウならず、スイカまで「種なし」が出回っている時代になりましたね。
頂いたスイカに、見事に種無しのスイカがありました!!

これって、スイカもブドウも、手間をかけて栽培途中で
ブドウは、小さいうちにジベレリンという植物成長調節剤に浸け
スイカは、受粉時にコルヒチンという薬品を使い染色体異常を起こさせ
種無し品種があるわけでなく、種無しにすべく処理をしてるんですって。


種があると、面倒くさいから食べない
そんな声を聞くことも多く

「夏はスイカでしょ♪ 暑い時に体を冷やしてくれる食べ物なのよ。
 夏は、アイスクリームよりスイカだよ〜〜!!」

と、ゆっちのお友達が来ているときに
自家栽培のスイカを外で食べてもらおうとしたら

みんな口をそろえて

「スイカ、好きじゃない。。。 アイスクリームの方がイイ!!」

なんか、納得できないというか、なんで??の疑問が残りました。


結局、ゆっちだけが、美味しそうに食べてくれて

スイカ120730-1

これは、100均バケツで育ったミニミニ小玉スイカですが

種が命を繋ぐということも理解してくれたのか
以来、スイカを食べるときは「種は命!!」という言葉が必ず出てきます。

↓のスイカは、地植えで、まともな大きさになった小玉スイカのシュガーベビー♪

スイカ120812-1

小玉だけど、種は一人前に沢山ありましたよ〜〜ちょっと茶色っぽい種ですね。

スイカ好きな私も、お嫁ちゃんも、母も
「スイカに種がなくて絵になるだろうか???」って同じ事を考えていました。
外で種を飛ばしながら食べたら楽しいのになぁって。

海で海水浴に来た人が食べたスイカの種から発芽しているのを見つけると
たくましい命を、そこに感じる私です。


消費者が望むように生産者は食べやすいようにと改良していく・・・
それが現代社会の風潮ですが、疑問に思わない方も多いのでしょうね。。。。

去年、種なしのブドウを探したけど見つからなかったと
それを知って、同じ思い、方向性の私は
なんとしてもayaさんに種のあるブドウを食べてほしくって

今年は、収穫できるようにと、昨年までパーゴラまで1本で立ち上げていなかった枝もカットし
成長を見守ってきました。

ブドウ園みたいに袋をかぶせる方がいいのかしら?とも思ったのですが
太陽の光を浴び、肥料も菜種の油粕のみ、株もとには刈った草を程よくマルチし
病気になることも、虫や鳥が食べられることもなかったし、モチロン農薬なんて必要ないし
自然のままに、すくすく育ってくれたという感じです。


出来はじめた時のワクワク、色づいてきたときの、ときめき

不格好な形のも含めると20余りの房ができました。


そして、

ブドウ120823-1


これからの子供達が、種がないのが当たり前だと感じてしまうことの怖さを
ブドウとイエローペアトマトを送った先の ayaさんが、その日のうちに記事して下さり感激♪

タイトル「子供達に伝えたい事」は、
コチラ です。


時代の波に流されて
命を繋ぐもとである種を、人間のエゴで無くしていく・・・

食べやすいからイイじゃない、と思う前に、
これでいいのかな?って、少し考えてみる人が増えることを願う私です。


自然を知ることで、不自然を見抜くことができる。


まだ暑いと感じてらっしゃる方も
夏の後には必ず秋が来て、そのうち寒い冬が来ることも知っているはず・・・



自然界では、

「コオロギ」もすでに鳴き始め

「赤トンボ」が飛び交い、

セミも秋を知らせる「ツクツクボウシ」の声に移行しています。


昨日、終わったキュウリの株を取り去れば

夏の初めから賑わっていたクマゼミの死骸が、ふたつ見つかり・・・



こうして終わった命が、土に返る

また命が育つ土を作っている



そう思うと、「自然の営み」に涙がこぼれそうになりました。





ヤギと共に♪

ヤギ120812-1

ヤギを飼い始めてから、もうすぐ8週目。
当時2ヶ月足らずだった子ヤギ達の体重は5kgもなかったけど
昨日量ってみると、♂のカノンは8,3kg ♀のカレンは7kg。
雄の方が大きくなるのが早いとは本で読んでいたけど、その通りみたいです。
食べ方も、好みも、性格も、日に日に2匹の個性が出てきましたよ。おもしろいです♪

待ち焦がれていたはずなのに
パパもママも、私たち家族みんなが、僕よりヤギを可愛がっている。。。って
意外にもヤキモチを焼いてスネていた ゆっちだけど
小屋から出して繋いで遊べるようになると嬉しそうで♪

ヤギって食べ始めると、黙々エサの方を向いて呼びかけても お愛想くらいで、
満腹になってからが、人と戯れてくれる時間。

私も、しゃがんでいた時に、カレンが後ろから乗り掛かってきて背中を掻いてくれた時は
すっごく嬉しかったのですよね。

ほらほら、こんな風に寄って来てくれると、ゆっちも可愛くって仕方ない様子。
カノンが服をくわえようとしてる♪

ヤギ120812-2

この頃は、夕方のお散歩はママと一緒に楽しんでやってくれています。
お散歩と言っても、隣接している叔父所有の草の生えている空き地ですので安心です。


そんな折、荷物が届きました。
英字新聞にかけた紐を、水色の「おはじき」で留めてあるのが なんとも素敵♪
興味を持ってらした本を、私が送ったお礼にと、ブロ友のhimekichiさんから。

ヤギ120812-3



中身は・・・・♪


わ〜〜ヤギだぁ!!! 興奮!!

ヤギ120817-1

実はこれ↑
私もネットで見つけて買っていたのだけど
もうひとつ買ってたらよかった・・って思ってたのが伝わったのでしょうか!?

双子ちゃん用に、好物の果物の皮なんかをあげる時
取り合いになるから、別々に入れてあげたらいいなぁって。

同じ物を見つけてるっていうのも、嬉しくって♪ 
ほんとに、ありがと〜

ヤギを飼い始めてから
ヤギグッズがほしくて色々探していたのですけど

ヤギ120815-2

ヒツジはあってもヤギって少ない気が・・・
それなのに、スタンプまで見つけて下さり感謝です^^

お子様が描いてくれた絵も嬉しいなぁ〜〜感動♪♪
ちゃんと、足のヒヅメの部分も知ってるのね、すごいです。
3人のお子様たちのお写真もポストカード仕立てにして入れて下さって。

himekichiさんの手にかかったら遮光瓶もおめかしして素敵に変身!
この中身は、ブログでも紹介されてた数珠玉にする植物なんですヨ。
コサージュを付けた木のクリップも私好み。


最近、私自身は人に贈り物をするのが下手になった気がしてて・・・
でも、こうして贈られるものが、私にピッタリもので
その方の気持ちが伝わってくるのが、とても嬉しいです。

ゆきんこさんからも、自家栽培の白坊ちゃんかぼちゃと
パッケージがとっても可愛い2色の手打ちパスタと
手作りドレッシングが作れるドライハーブが入ったボトルを送っていただき
写真を撮っていたのに、upしようと思ったら画像が見あたらない。。。
あ〜〜〜ごめんなさい。
ドレッシングはまだですが、カボチャとパスタは美味しくいただきましたヨ。ごちそうさまでした。


そして、これ、別々の人から頂いたのですが
ひとつひとつも存在感あり、また、ふたつ並べると色合いが素敵でしょ〜
しかも、小さい物好きを知っていてくれてのサイズなの。

うちわ120815-1

素敵な夏の贈り物
自然派の私に・・・って考えた時の発想が同じだったというのに感動しました。


↓は、手作りハンコでヤギを作って、お土産を入れた袋に押してくれていたもの。
小雨の日に、外でもらったから濡らしてしまったのが残念なんだけど、可愛い〜♡

ヤギ120815-1


ヤギに話しは戻りますが

ゆっち、弟がほしいと言っていたから
カノンびいきしている感じがします。

ヤギ120812-4

ヤキモチやいてた時の記事

「ゆっちくんのことが少し心配のようですが
人間同士の兄弟と一緒で 最初はやきもち焼くかもしれませんが
ゆっちくんとヤギちゃんが 時間と共に両親の愛情を共有し
兄弟のような関係になると思います^^ 」って

3人のお子様の子育てを日々楽しんで
姉弟が、とっても仲良し
そんなhimekichiさんがコメントして下さっていて・・・


今の ゆっちとカノン&カレンを見ていると
ほんとにその通りになってきたようです^^



しあわせの色

ブドウ120807-1


一粒一粒は小さめですが、色づきかけたベリーA

試食するには、早いですが
ひとつ、つまんで食べてみましたら、まだ すっぱいながらも
房全体が本来の紫色になった頃には甘味が出そうな感じで嬉しいです♪

水やりしながら、ついつい、つまみ食いのトマトたちは、赤と黄色の元気色。

トマト120806-1

想いは叶う 

野菜はウソをつかないですね〜

ナス120806-1

初めての自家採種からのナス、実りました!!

種からのナス 買って植えた種からとは歓びの類いが違う気も。

3月11日に種を蒔いてから、5ヶ月弱

愛情をかけ、応えてくれた ひとつめのナスは
去年より大きい周囲31,5cm 重さ471gでした♪

全長は去年の23cmに比べ17cmなので、ちょっと小太りなカタチですね。

この宝ナスを伝授してもらった師匠のナスは
今、アライグマに食べられている!?とかで
今年の採種は責任重大かも・・・


ようやく本来の小玉らしい大きさになっていた
「スイカシュガーベビー」も、収穫できました! 周囲45cm 重さ1,5kg。
受粉からは40日を超えていたので、もういいかな〜と思って

スイカ120807-1


ブロ友 ぐっさん。が教えてくれた
スイカは、お尻がキュッとしてるのが良いという話。

スイカ120807-2

う〜〜〜〜〜ん どうなんでしょ?

まだ切ってないんですよ〜美味しいかな?



最近、落ち着いて写真を撮る間がない生活

去年の今頃は、一昨年は?3年前は?
とブログを振り返ってみて感じること・・・・


生活の中でのやりたいことが増えています。
野菜を植えている範囲も広がり、種から育てることを基本としたいし
手間を惜しまず・・・これには、やる気はモチロンですが、時間捻出が必要で。。。

この春から、体全体で動いている時間が増えているのは間違いなさそうで
かと言って、仕事もあるので、どうしてもバタバタ時間に追われてしまうのです。
ヤギ時間もプラスされたことだし♪

何枚も何枚も写真を撮り、パソコンに取り込んでも納得いかなければ
また撮り直し・・・って、
そんなことしてた頃の写真は、今、見ても
私の心が映し出されているって感じます。


そう思うと
記録的な写真しか撮れなくなっている今日この頃ですね・・・






でも


こんな色

祭120804-1


あんな色

花火120805-1



↓ 待っている間は、美味しそうに見えたのだけど・・・(パートナー撮影)

屋台120805-1


600円もしたタコ焼き
タコらしきものは、ちょこっとあった・・・

けど

ネギもショウガも入ってなくって色味なく味気なく・・・忙しくって入れ忘れたんでしょうか?? 笑


そんな
祭りの夜の色も


しあわせの証ですね♪

足りていることに感謝しなくては^^


パートナーのブログの祭り編 

花火はこちら
踊りはこちら



Category: 菜園
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。