スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月を楽しむ

イチゴ110424-1

3年目のイチゴはランナーでたくさん増えて
昨秋プランターも増やし、土も足したり、なたねの油粕を元肥にしたり
冬の間も、8つ すべてのプランターを再々見て回り、来春こそはと気を配っていたら、
実付きもよく、観賞用にも嬉しい色づいたイチゴたち。

感動して心から「ありがとう♪」と声をかけました。

思うように実がならなかった去年までは、
愛情が足りてなかったなと、今にして思えば当たり前かなと、反省。

植物って、ほんとに気持ちが通じるのですよね。

ベランダでは、下の丸い鉢の中にも、小ぶりのイチゴ。
可愛くて、もったいなくて、食べれません(笑)

イチゴ110424-2

イチゴと小さな苗のビオラが寄せ植えだったところに、
フラックス(亜麻)の種が飛んでいたのか茎もまっすぐ伸びてきて
狭いながらに仲良く育っているのが嬉しいです。
新潟のブログ友達 ゆきんこさんから種をもらって育てて咲いた去年のフラックスから
採れた種は、リネン好き、ハンドメイドがお得意のayaさんにもおすそわけしたので
今年はあちこちで亜麻の花が咲きますね。こんな繋がりが嬉しい♪

地植えにもしたし、来年からは、もっともっと増やしたいと思っています。
この花の種を採った後の乾いた茎をリースにして初めてその強さを感じました。
天然素材、リネンの服は心地良く、丈夫、また夏涼しく冬は温かいというのも納得です。


白いラティスの向こう側で育てている・・・というか育っているアケビは
地元のブログ友にいただいたもの。

アケビ110424-3


冬の間、枯れていたかのように見えてたのですが
いつの間にか、こちら側に入り込んでいた1本の蔓だけ葉っぱが残っていて、
その蔓は、置いてあった水色のカップの持ち手にしっかりと絡みつき、もう離れない♪

あけび110424-2

枯れてる?と思っていた蔓からも
春になると、葉っぱがどんどん出てきて、かなり茂っているのですよ。
花が咲いて、実がなるといいなぁ~





植物って、ほんと季節を良く知っていて、素直です。
私が特別どこに行かなくても日々シンプルな生活の中で楽しめるのは、
こうして少しづつ増やしてきた植物たちのおかげ。
多肉ちゃんたちも今花盛り。ひとつひとつを写真に撮って紹介したいところなのですけどね・・・
ここの環境にすっかり馴染んで、ほんとにみんな元気なの。

人が作ってきたものは、今回の災害でもわかった通り
いつか壊れてしまうけど
自然の力は限りなく偉大で、そこに根を張って生きている植物たちは
力強くて、人を癒してくれたり包み込んでくれる豊かさがあると思います。

もっとも、人の優しさや強さも
何かピンチあった時ほど、見えてくるもので・・・

つらいときほど、そのあとには、感じる幸せがあると思います。




さて、畑の方では・・・
スポンサーサイト
Category: 菜園

チューリップが咲く頃・・・幸せな時間 PART3

天然会110424-12

先月の24日にパートナーに運転をお任せし
前日から淡路島入りしていた
ブログ友、ayaさん、saboさんと訪れたここ、伊弉諾神宮。

早いもので、あれから もう3週間が過ぎてしまったのですね。。。

いよいよ私のチューリップ達も咲き終わり、毎年ながら、ちょっと寂しい気持ちです。

が、
夏野菜の苗の植え付けや種まきを終えても、日々、畑の様子が気になり
休みの日は、どうしても外作業中心になっていて
目の前のことに感謝しながら、自然界、そして植物たちから学ぶことは何年経っても尽きることなく
新たな発見もあります。

シンプルな生活、園芸作業は日課なので、仕事が休みでもそうでなくても
相変わらず、じっとしてくつろいでいる時間が少ない私。
家にいると、食事すら落ち着いてできない・・・というのが日常なのです。。。

食べ終わったら、あれをしよう、と常に頭の中で考えているからで
それが私らしい暮らしでもあるのですが(食べるより、したいことがありすぎて)

いっそのこと、出かけていた方が、のんびりした時間を過ごせているということですね。

そういう意味でも

「わくわく天然会」は、ほんとにリラックスできた2日間でした。


「伊弉諾(イザナギ)大神、伊弉冉(イザナミ)大神が
日本列島の最初に生んだのが淡路島」という国生み神話で知られている最古の神社。

最近は、関西のパワースポットとしても紹介されていますが
私が子供の頃、家族で初詣と言えば、ここでした。
そしてここ数年、パートナーと
大晦日から元旦に変わる時間をめがけて到着するようにし
新しい年を迎えたその瞬間にお参りしています。

桜の花が散ったあとの新緑の季節
モミジが赤い小さな花をつけていて

モミジ110424-2



県指定天然記念物「夫婦の大楠」

夫婦楠110424-1

この楠に触れて、見上げて・・・と
場のエルギーも感じながら
静かな心落ち着く時を過ごせました。

夫婦楠110424-2


運転手 兼 カメラマンのパートナー
知らない間にも私たち3人の様子、何枚か撮影してくれていて、ありがたかったです。

天然会110424-13



時は前後しておりますが

島花110424-1

前夜、宿泊した「島花」では
3人でワインを一本空けたホテルのレストランのフランス料理のあと
部屋でももう1本飲みながら、語り合うこと何時間?

気がつくと深夜2時だったのですが・・・

チューリップが咲く頃・・・幸せな時間 PART2

天然会110423-5

久々の更新です。
もっと早くのつもりだったのに、ほんとに一日一日が早くて・・・

春植えの野菜の畑仕事と冬物の洗濯に追われ・・・というか、好きでやってることですが、
動きっぱなしだった連休も終わり、私の腕は、表と裏が色違い。
すでに日焼けしてしまい、例年通りの私の5月の肌となりました

でも、こうして動けることって、なんて幸せなんだろうと感謝しています。

頭脳よりも、動物的な勘で生きてきて
どうも肉体派なので、動くのも、ずっと立っているのも全く苦になりませんが
今、頭の中の整理が追いついておらず、文章をまとめきれるか、ちょっと心配です。
訪問履歴を見る度に、気にかけて下さる方がいらっしゃるということが嬉しかった日々。
こちらからは、時間の関係上 長い間 お伺いできていない方が多いのに
ブログの繋がりって、自分の存在を再認識でき、ほんとにありがたいです

皆様、ほんとにありがとうございます


カレンダー通りのお休みだったので、ず~っと休みだったわけでないのですが
仕事が始まり、ふっと 思い出すのは、非日常な2日間だった4月の「ワクワク天然会」

ホテルに泊まるなんてこと、旅行とはまるで縁がない私には、
何年ぶりかも記憶ないくらい久しぶりだったのです♪



先月23日、私は地元ながら
淡路島にお越し下さったブログ友のayaさん、saboさんと共に宿泊した海辺のホテル「島花」
私がウォーキングコースとして浜辺を歩いていた海岸と繋がった先にあります。

この日のお昼頃バスを降りたときは、土砂降りの雨だったらしく
近くのカフェ小空壮でランチを済ませてもらったところへ、私が車でお迎えに行ったのですが
2人を乗せた後部座席では・・・

「saboさん、髪を綺麗にカールしてきてたのに、雨ですっかりとれちゃったのよ~
私はね、まゆみさんのパートナーさんに会うのは2度目だから、もうバレちゃってるからいいんだけど
saboさんは初めてだから・・・
初対面が肝心なのよ~ saboさん、まゆみさんところで直さなきゃ♪」

と、運転中の私が噴き出しそうになるようなayaさんの口から出る言葉と
saboさんの悲痛な声が飛び交っていて
私は、失礼ながらも この時点で楽しませていただいたというか・・・

実は、この天然会
もう来る前からハプニングが。。。
ほんとは、ハプニングその1が、お2人に内緒で もっと早くにあったのですが・・・

saboさんから
「パソコンがネットに繋がらなくて参っています。」は前日のことだったかな~
「ずうずうしいお願いなのですがパートナーさんに見てもらえませんか?」の メール。

え~~~淡路島までパソコン持ってくるのですか?
原因がわかって直るといいのだけど、荷物になると思いますが持ってきますか?ということで
ノートパソコンをスーツケースに詰めて やってきたsaboさんでした。
お洒落な車付きのスーツケースと、VAIOも写真に収めておくんだった。。。

ホテルにチェックインする前に、わが家に寄っていただき彼も到着。
これは、パソコンの不具合にかかわらず、その予定でしたが
メカ好きの彼ゆえ、初対面のsaboさんですが、
パソコンを前に、すぐに打ち解け楽しそうでした
翌日は運転手をお願いしてたもので、彼がこの場で馴染んでくれていたのは、
私としてもとても嬉しく、saboさんに感謝でした!

で、
見事に繋がったのです!!持ってきた甲斐ありましたネ。
何が原因だったか、なんて私には理解できていませんが
saboさんが「嬉しくて涙出てきたぁ。」とまた可愛いことを


彼女たちは、私の家の中をあれこれ撮って下さり

この旅のこと、ayaさんpart2もup
saboさんは、これから記事にしていただけるそうで、楽しみです。


パートナーに頼んで撮影してもらった3人での写真は・・・
何がおかしかったのか、自然な感じで少女のように笑っております、よね?

天然会110423-13




夕方にチェックインした「島花」では、すっかり青空も見えていて午前中の雨がウソみたい。
予約するときに「ブログで紹介しますからって言うとね、いい部屋に当たるの。」ってsaboさん。
なるほど~

島花110423-6


海が見える部屋と、そうでないのと大きな違いですものね。
さすがsaboさん、まかせておいてよかったです。

彼も是非、部屋を見たいと付いてきて(笑)

天然会110423-7

その時、私たち2人の写真をayaさんに撮っていただきました。
落ち着いたインテリアのこのお部屋、地元 淡路島にいることを忘れてしまいそうな空間でした。

島花110423-4



最初の写真には「島花」が映っているのですが
その島花からグラスボートで2分とかからない系列ホテルへの移動。


海辺の湯巡り
海を渡って行ける温泉、素敵なプランだな~と思います。

天然会110423-6

夕食のワインを飲みながらのフレンチは、saboさんがこれからブログで紹介してくれるだろうな~と思うので
その写真はお任せするとして・・・

今日は、ここまで。。。


夜遅くまでお話したことや
翌日、訪れたsaboさんご希望だったパワースポットのご紹介等

次回、また続きを・・・・


Category: おでかけ

チューリップが咲く頃・・・幸せな時間 PART1

天然会110424-2


私のガーデンとはまた違って、人工的かな?と思って
今まで敬遠して行くことのなかった「淡路島国営明石海峡公園」だったのですが、感動!!

チューリップ満開のこの季節
一緒に訪れることになったのは、天然3人組のブログ仲間♪プラス私のパートナー!

咲き乱れる 優しいピンク色の八重咲きのチューリップと、空色のネモフィラを挟んで
saboさんとayaさんが、撮影中。


天然会110424-1

私を上回るこの撮影の格好!!


天然会110424-3

倒れているのかと・・・

「だいじょうぶですか~!?」って

思わず誰かが駆け寄って来そうな姿でしょ。

近づいてみると

「テントウムシをネ、撮りたかったの。」って、にっこり。

そんなayaさんが、とても可愛かった♪♪♪

きっとayaさんファンにも、この姿、たまらないと思う!
だから ayaさん、この写真up 許してね~



先週の土日、一緒に過ごした時間
何から書こうかと思い巡らせていて

2日目のこの場面から・・・ってのも唐突な感じですが

ブログからの出逢い
実際にお会いしたのは、saboさんとは2回目、ayaさんとは3回目になりまして

でも、初めて会ったときから、初めての感じがしない
直接会って話してるわけじゃないことも、すでに伝わっている関係は、
ブログならではのことですね。。。


別のブログ友達のところで知ったお気に入り「二十四節記」
その すぐ近くにsaboさんがお引っ越ししてきたのも偶然のことで、
それを機に、去年の7月、集まることができた私たち3人。

不思議過ぎるほどのご縁を感じていたのですが

それから間なしに

今度は淡路島に、まゆみさんのチューリップが咲く頃に行こうって
お2人が話し合ってくれていて
この日を計画して待っていた私たち。

その間に、東日本大震災が起こり
関西に住む私たちにとっても、自粛ムードや動揺が行き交う中で
この計画も延期になるかもしれなかったのですが・・・

実現しました


チューリップには、格別の想いがある私。

遡って
2004年の晩秋のこと

同じことを何度かブログでも綴ってきたので
お付き合い長い方は、もうご存知の方も多いかと思いますが

当時は、ガーデニングなんてもう無理かも・・・って諦めていた私でした。

というのも、植え時期を待って、たくさんの球根を買い込んでいたのですが
花壇どころか
どっぷりと家の中まで泥水に浸かった台風による被害は、信じられない有り様でしたから

今回の震災に遭われた人に比べたら
家も命もあったのは、それだけでありがたいことだったのですが
私にとっては思いもかけない天災に
自宅に普通に住めるようになるのかと沈んでいた期間があったわけで・・・


少しづつ、片付けて花壇にも本来の土が見えてきたとき
春の楽しみを作っておきたい!そう想って、寒くなってきた12月
まだ間に合うかもと、また球根を買って植えたのでした。

そして、翌春
想いも通じて綺麗にチューリップが咲いてくれたときの感動

それは

自然の力によって一夜で多くの物を失ったことよりも

また巡りめく季節の中で、

決して自然は人を裏切らない、と知ったことでもありました。


だから

この度の震災に遭われた方も、希望を捨てないでほしいのです。

今日のあるメルマガでも

「人間として生まれて来たからには、
 多かれ少なかれ、誰にでも苦しいときは必ずあり

 これには大切な意味があって

 東日本大震災という、苦闘、困難は途方もなく大きくてとても、
 明るい将来など見出せない、、ような状態でも

 
 この困難を乗り越えて、初めて希望が生まれます。」と・・・



確かに、私にとっても、そうでしたし

被害に遭っていなくても、今また更に学ぶときが来ていますね。



チューリップ110501-1


チューリップが咲く季節になると、ありがとう、という気持ち
年々強くなります。

あれから1週間経って、その間、台風並の風があったにも負けず
いくつか蕾もまた開花して、花壇の様子、少しづつ変化しています。
今日は今一つのお天気ながら、ここからが見頃かもしれません。


根を張っている植物たちの力強さから教えられることは多く


こうしてブログだけじゃなく、そのまんまの私の住まいというか暮らしぶりを
今回、お2人に見てもらったということに加え

そこから感じ取っていただいたことを
早速ayaさんが記事にして下さり、コメント欄まで読んだとき
感動して涙がこぼれてきたのです。


ayaさんの記事はコチラ

合わせて読んでいただけたら、嬉しいです。

ayaさん、ほんとに嬉しかった♡
そして、すでに読んでコメント下さった方、ありがとうございます。

一番の天然「わくわく天然会」の名付け親、saboさんの記事も楽しみです♪

次回は、宿泊したホテルのことや淡路島のパワースポット
共に過ごした時間の中から ご紹介していけたらと思っています。



今日も、最後までお付き合い下さった方へ

ほんとに ありがとうございます♡



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。