スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心地よく過ごす

気持ちいいお天気♪

目覚めたときは窓ガラスの結露がすごかったけど
数日前、中から外から綺麗に拭いたので
今日は、窓を開けて空気を入れ替えながら自然に乾くのを待って

部屋091123-1
ほんのり冷たい空気が、気持ちを引き締めてくれて
心地いい時間を過ごせました。

光がいっぱい入る南に面した部屋って、本当にありがたい。

1枚目の画像は寝室。↓はリビングです。

部屋091123-2

午前11時。
室内の気温は17℃。温かくなりそうな陽射し
どちらの部屋もレースのカーテンを開けて思いきり光を取り入れました。

気になっていた黒いサッシを白のペンキで塗り替えてから2年。
思い起こせば、あの作業、3段ステップを使って一気にやり遂げたけど
(懐かしの記事はコチラ)
翌日は相当 肩が痛かった記憶が・・・
でも、白くなって あれから快適♪
窓枠が白いと、レースのカーテンを開けたくなるのですよね。
だから窓ふきも楽しくなるのかも。

窓の向こうは・・・
テラス091123-4

テラス091123-2

最近、使わなくなったカップ類や空き缶を実家からもらってきては多肉植物を

多肉091123-1
少しだけ植え付けて簡単でイイ感じになるのも小さなカップだからこそ♪

今年はさらに白を強調したガーデンインテリア。
部屋と、白くペイントしたすのこを敷き詰めたテラス部分が、
ブロック塀の外側に白い180cmの高さのラティスを立てたことによって

部屋外側091123-1

目隠しになって落ち着くスペースに・・・

狭いですが
テーブルとチェアを置いて、

テラス091123-1

ここで一人お茶を飲んだり本を読んだり
テラス091123-3

夜はキャンドルの灯りを楽しんでみたりと、
寒いのなんて平気平気の私なのでした。

砂場で遊ぶ ゆっちの傍らで、今日も畑仕事を少し。
砂場091123-1


昨日は雨が降るまでに、大根菜を間引いたり
大根菜091122-1

畝を足したくて土を追加したんだけど、有機肥料を使わず自然農法でと
その中に混ぜ込むための夏野菜の引き抜いた株の枯れた茎や根やら
草の乾燥させたものを刈り込み鋏で小さくカット。
手には豆、腕にも負担と結構大変な作業で
土091123-1

筋肉痛になるかと心配していたのも、大丈夫だったようです。

自分の目指していることを少しづつ

時間いっぱい、お出かけはあまりないのが私のこの季節の過ごし方なのですが
こうしてお家でコツコツ作り上げていくインテリア&ガーデン
楽しみながら過ごす時間が好きなんですね。

今年もあと1ヶ月余りの中で
計画立てていることをやりきってしまいたいなと思っています。



スポンサーサイト
Category: インテリア

めぐり逢い PART2

空091108-1

少し前のことなんですが
半袖でも十分だったほど暖かかった11月8日の午後
一人、車で出かけた先で待っていたものは・・・・



思えば叶うものですね。
ここんとこずっと、野生の柿が食べたいと思っていたのです。

柿091108-2

柿、イチジク、ビワ、栗は
買って食べるものではないと思っている私。

特別肥料も何もやらずに自然に育ったものが一番だとおもっているから
スーパーで同じ形をして並んでいるものには抵抗を感じて買うことをためらってしまいます。

せめて無造作に籠盛りだと違うんだけど・・・

こんな山の中で、木の枝を寄り分けて入っていかなければならない場所
高枝鋏を手に、収穫してくださったTさん。本当にありがとうございました。


柿091108-4

ご自身が所有している山で
「30年は経っているだろうな、何もしないのに毎年実らせてくれるんだよ。
これが美味しくって、ほんとに。」
って、聞いて
是非とも食べたいと思った私。

だって、だって、本当に野生の柿をいただけるところがないか、って願っていたんだもの。

「わぁ、食べてみたいなぁ~」の私の気持ちに、ちょっと危険な足もとを用心深く
踏み込んでくださって、内心ハラハラ・・・
シカとかイノシシが今出てきたらどうしようとか思ったし。

「大丈夫ですか?無理しないでくださいね~。」と声かけつつも
食べたい~!の気持ちが心の中でどんどん大きくなっていました。

「一個ゲット!2個目!」

「あっ、これは熟し過ぎかなぁ。こういうの好きな人もいるんだろうけどね。」

「はぁ~い!私です!」めちゃ、テンション高くなってた私(笑)
「え~!?そうなの?じゃ、これも。」

夕日091108-1

畑から始まり、田んぼ、そして山でも育ててるものがあってね
と、車で辺り何カ所か案内していただいて
陽が暮れる時刻まで、あっという間だったような・・・・

実は、私がまだ20代最後の頃にか、お会いしていたTさんなのですが
それから約20年の歳月を経て、
たまたま自然農法にたどり着いた今の私に
再びこうして不思議なめぐり逢いが待っていたなんて

その経緯をこれから、ここに記録しておきたいと思います。

Theme: 自然の中で | Genre: ライフ

めぐり逢い PART1

今年もキラキラ・・・

ネリネ091113-1

ネリネ、別名ダイヤモンドリリーとも呼ばれているように
なんとなくキラキラしているピンク色のお花で
10年以上前に(何年前だったか、定かではないのですが)
たった3個だった球根が地下で分球して
掘り起こして、植え場所を移動してからでも
どんどん増えて、毎年この時期になると咲いてくれるのです。

今は、家の花壇2カ所とプランターにですが随分増えました。
↓は窓辺に置いたプランター植えの・・咲き始めたところです。
ネリネ091113-2

最初に植えたのは、イタリア料理店をしていた頃のお店の花壇で
月桂樹の木の根元でした。
5年前の水害に遭ったのを機に、店を閉め、このネリネも自宅の方に移動しましたが
時期がくると毎年咲いてくれる植物って、健気でほんとうに素晴らしいと思います。

それにしても、私が好きな花って、痩せ地で肥料なしで育つ強い品種がほとんどです。
何故かそういう本来の力が秘められているもの
ハーブも多肉植物も・・・ですが
子供の頃から身近に育っている草花が好きだった私は
意識しているわけでなく、
自然と、そういう野生に近い品種のものを選んできたみたいに思えます。

これも「めぐり逢い」のひとつということなのでしょう。

自然界に問いかける生活、すべてに感謝する気持ちが増してくると
人も本来の能力を発揮できるというか、もともとはみんな持っているらしい?
超能力みたいなことも出てくるのだそうですね。

最近、不思議なことがちょこちょこ起こります。
出逢いにおいては、自分が心の中でふと求めていることが
自然と向こうからやってくるというか
そういうシチュエーションに恵まれる・・・・

私が自分で変わり始めたと思ったのは、
小林正観さんの本を読んでからなのですが

それも違うことを調べていてたどり着いたのは 去年のちょうど今頃でした。


Theme: 自然の中で | Genre: ライフ

秋の落とし物

「まさちんママに見せようと思って♪♪」

どんぐり091111-1


息子のお嫁ちゃんが、そう言って私の目の前に差し出してくれた
中身がふたつのどんぐり


小ぶりの松ぼっくりと並べても、こんなに小さいのですが

どんぐり091111-1

ふたつ入ってるのなんて初めて見たから・・」って私に持って帰ってくれたのです。

そう言いながら、ビニール袋にはもっと濃い茶色の実がたくさん!
「これ、シイの実。歯で噛んで割ったら中身食べられるねん。」

おぉ・・・私、食べたことないよぉ
えぇ?そうなの?
この実と「シイの実」は、また別物なのね?

私が子供の頃には、庭に「バベ」の木があって
夏にはニイニイゼミがやってきてて
秋には、実ができてよく拾って遊んだものでした。
あの頃は、落ち葉焚きもしていたけど、今は家で物を燃やすって禁止だものね。

そんな子供の頃を思い出しては懐かしくなり。。。

この前の土曜日、久々に実家の方にお泊まりだったお嫁ちゃん、
車で30分ほどの距離なんですが、私たちの住まいがあるところより
まだもっと自然に恵まれた場所であり、
子供の頃から草笛を楽しんだり
学校帰りに制服のまんま海に飛び込んで
濡れたまま自転車こいで帰っては、お母さんに怒られた。。。
な~んてエピソードの持ち主。

見かけは今風、顔は上戸 彩ちゃん似の25歳。
でも、彼女のお母さんは私より一回りも年上だし
おばあちゃん子でもあったからかな?考え方は古風。
したいことや好み、趣味も私と似ているので話が合うのですよね。
というか、私のしていることに興味を持ってマネしてくれたり
それがまた嬉しくて♪


彼女のお父さんは、幼い頃の病気がもとで、
右手が全く使えなく、左手だけで器用に何でもされるのですが
親戚が使わなくなった畑で野菜を栽培中。
私も一度見学させてもらったことがあるのですが、
一人でこんなに広い畑を相手に、しかも片手だけで・・・
木を切り、釘も使わず小屋を組み立て作ってらっしゃったのを見て
驚いたのは言うまでもありません。
夏には、そうめん流し用に、竹林の竹を切って運んで下さったり・・・

今回もその畑で採れたニンジン、ヤーコン、水菜のお土産が♪
もちろん、無農薬!有難いことです。


11月は、しなければいけないこと、というか・・やりたいことも多い月
でも仕事もしてるし、一日はあっという間。
園芸作業は、まだまだこれからすべきことがたくさんなのですが
楽しんでおります♪ 土を触っていると、心が落ち着くのです。

そんな中、
ブログに書きとめておきたいと思っている感動したこと
というより、こんなことってあるの?っていう不思議なめぐり合わせがありました。
その話しはまた次回にでも・・・


昨日から久しぶりの雨で、よく降りましたが、徐々に気温が下がってきたよう。
明日の朝は、大根菜の間引きの予定です。
おひたし?それともお味噌汁の具にしようかな?
Category: 菜園

土を知る PART3

手帳091103-1

11月に入りましたね。いかがお過ごしでしょうか?
今年もあと2ヶ月、お気に入りのハッピーダイアリー
2010年度版を購入し、4冊目。
お嫁ちゃんもこの手帳がお気に入りなもので、3年前から柄違いをプレゼントしています。
何かとおそろいが多い私たちなのです♪


一年のうちで、私にとってはたぶん・・・
今が一番多くの作業があり忙しく動いている時期かもしれません。 
なので秋は毎年お出かけすることが少なくて、休日もひたすら園芸作業。

花壇のアリッサムが秋になって復活、白い小さな花が咲き乱れる中
ヒメツルソバも負けじと、ピンクの小粒のお花
そして紅葉しつつある葉に季節を感じさせてくれます。

ヒメツルソバ091103-1


先週は仕事が遅くなった日もあり
週末は、ゆっちの相手だったりで(実は今日も・・お昼寝中から打ち始めて)
パソコンの前に座る時間が思うようにとれなくて、と同時に
半袖で充分!?みたいな気温が25℃という日もあって
暑くなると途端にやる気が失せる私
ブログの更新も訪問も止まったまんまでしたね(苦笑)
今日は、ほどよく冷えてます♪

9月10月もなんとなく残暑が続いていたせいもあって、
畑作業が遅れに遅れ焦りました。

まだまだ小さいですが 不織布のトンネルの中の大根の本葉

大根091103-1

種蒔きしていた育苗床から発芽した、ホウレンソウとレタス。
ホウレンソウ091103-1



基本的に暑さが苦手な私にとっては
涼しくなってからが本領を発揮できるというか
夏は暑いものと思っているから、冷房の効いた場所より
海のような自然のもとに出かけることは楽しみであり、
ブログでもいつしか
「まゆみさんというと海のイメージ」とも言われておりましたが
好きな季節は「冬」で、冷たい風の中で動いているのが好きな私なのですね。

部屋の中では白い椅子に白いひざ掛け、と相変わらず白にこだわっています。
ひざかけ091103-1 

 昨夜から気温が下がってきましたが
 相変わらず、薄着の私。

 上は素肌に
 七分袖のカットソー1枚ですが
 足もとは
 ふんわり温かいハイソックスに
 母の手編みのレッグウォーマー。

 基本は頭寒足熱、
 上下にメリハリをつけることは、
 冷え対策になるようで 
 足もとを
 温かく守ることは有効ですネ。

 
 とにかく足首から体温を逃さない
 レッグウォーマーに
 家ではひざ掛けは必需品です。



外作業では、かがむことが多いので、背中が見えちゃうのですよね。
もともと一枚でいることが好きなので薄手で温かいお洒落な腹巻きを愛用中♪

今年の冬も暖房なしで、自然のまんまに暮らします。
周りの人はビックリしますが、
室内では冬でも4℃以下になることはない地方ですから
私には工夫次第で、充分耐えられます。

でも、むやみに私のマネはしないで下さいね。

私は砂糖の摂取量が極めて少なく、コーヒーも滅多に飲まなければ、
食べ物によって体を冷やす要素が、
もともと一般の人よりもかなり少ないから、
寒さに強いのだとも思っています。
子供の頃から、お菓子もあまり食べなければ、人よりかなりの薄着で過ごし、
エアコンなんてない時代で外遊びも土いじりも大好きでしたから
かなりの抵抗力があるようです(笑) それに何より動くのが好きだし♪

最近、ネットでの調べ物も多いですが、本を読むことも増えました。
私はいたって健康ですが、これからの子供達のことを考えると心配でならないのです。
どうしたら、これを次の世代に伝えられるか・・・この頃そんなことばかり考えています。
自分ひとりが健康でいることだけなら簡単なのかもしれないですが
逆さ仏はもう始まっていると言われるように、
子供の方が早く天国に召されることも、環境や食べ物が大きく影響しているようです。

ここから下は長くなりますので、興味のある方のみお入りくださいね。


Theme: 自然の中で | Genre: ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。