スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌にやさしく、そして環境にやさしく・・・

最近、気になることのひとつ、経皮毒。
皮膚から有害化学物質を体内に取り込んでいるということについてどう思われますか?

アクリルタワシ1


右の白いお花に、ハート、お星様・・・
これ、アクリル毛糸で作られたタワシなんです。
タワシというには可哀相なくらい可愛いでしょ♪

眺めているだけで幸せ気分ですけど、これってお肌にもやさしい優れもの。

何故って洗剤を使わず綺麗に食器を洗うことができるので、
洗剤の節約にもなり、手荒れ防止にも!

日用品で多く使用されている合成界面活性剤は皮膚を通して体に吸収され
家庭排水として環境汚染も・・・
毎日のことだけに、慎重に選びたいので
洗い物、お掃除グッズとしては
お肌にも地球にも優しい環境を考えたアクリルタワシはかしこいですよね。
一昔前にも流行ったけど、環境問題が深刻になった今、
また静かなブームを巻き起こしているのでしょうね。

このアクリルタワシはブログでいい刺激を受けているcafe feelさんのお手製なんですが
リネン糸で編まれたという小さなカゴバッグもいただいてしまいました。
彼女は、大がかりな部屋のリフォームから編み物までお得意な女性。
窓のサッシをペイントするきっかけを私に与えて下さった方なんですが
針仕事の苦手な私には憧れの人です。
編み物のできる方は、それぞれに素敵な作品を編んでいらっしゃるのですね~
Maaさんayaさんもアクリルタワシ作っておられました。

でも、コレ可愛すぎて、もったいなくて使えないので
当分はインテリアとして飾っておいて(もしかしてずっとかも?)
もっぱら使っているのは、こちら↓

重曹080225


うちの母に頼んで編んでもらった丸い基本の形のシンプルなもの。

でも色は白にこだわりました。(って実は余り毛糸で白があったのを知っていたから)

食器洗いの他に浴室・洗面台で・・そして鏡磨き・窓拭きにと大活躍!
お家のあちこちに置いて、そう、玄関では靴磨きにも使ってます(^^)

ついでに、洗剤にもこだわってみようと
(アクリルタワシを使い始めてから使用量はぐっと減っているのですが)
試みているのが、合成洗剤ではなく 
なたね油からうまれた「なの花せっけん」や
食品にも使われ、研磨作用もある「重曹」です。
油落とし、クレンザーとして、ナチュラルなものに変えていくことも環境に優しいですものね。
洗濯用の洗剤はお中元お歳暮で毎年いただくものがあり、
買わなくても済んでいるのですが界面活性剤43%と高め。う~ん、どうしよう。

もともと洗剤類も場所を取るのが嫌なこともあって
用途ごとに使い分けるためにそれ用のものを買うということもしていなかったし
買い置きもしない派なんですね(^_^;)
アロマセラピーにも興味あったので雑巾がけも窓拭きも、バケツに水を入れ
天然100%の精油(ティーツリーやラベンダー、オレンジ等)を2.3滴落として
植物の持つ香りの成分で自然な殺菌・消毒作用、プラス精神的にも穏やかな効用(^^)
お掃除は基本的に楽しくなくっちゃね!

除菌・抗菌グッズも最近ブームのようで、たくさん出ていますが
そんなに殺菌することって大事なのでしょうか?
消臭・除菌スプレーは手作りしていたし
やっぱり私は香りも天然のものを選ぶナチュラル派でいきたいと思います♪

食べ物同様、調べていると今風の便利なものほど余計なものが入っていて
安全ではないのかもしれないなぁ・・・という私の選択です。

で、↓は思わず食べられる?って手を出してしまいそうな
「娘のいる暮らし」のブレックファーストさんよりいただいた石鹸。
ひとつずつ、丁寧にラッピングされています♪

石鹸1


クッキー型でくり抜いた、こんな可愛いのまで・・・

石鹸2


もったいなくて使えない~と思いながら、最初にお風呂で体を洗ったのは
こちら。一見、チーズみたいでしょ。おいしそ~(^^)

アボカドソープ


アボカドオイル配合、お肌につるんと、とっても優しい石鹸でした。
もうひとつ、写真にはありませんが
ラベンダーの香りの石鹸はお嫁ちゃんにあげました♪
石鹸の表面が固まらないうちにスタンプを使って英字を入れているのもお洒落でした。

手間暇かかる石鹸作りを、次々とブログで紹介されていて
その手際よさ、センスのよさに惹かれていくうち
液体ソープが主流になった今こそ、本当に体に安全なものを選んでいきたいなと思うように。
様々な家庭用洗剤や柔軟剤、シャンプー・コンディショナー、入浴剤、
お口に入る歯磨きまで
やたら必要のない有害化学物質や人工的な香料、着色料が使われているのは
怖いですよね。
子育ての頃、布オムツの洗濯には柔軟剤を使わないように・・と言われてきましたが
最近は洗濯用洗剤も、柔軟剤入りが流行で?好まれているよう。
ふんわり柔らかいのは、みんな好きなのでしょうけど
持続性のある人工香料もアトピー等の皮膚障害の影響もあるの?となると
考えてしまいますね。

赤ちゃんのお尻拭きやら、濡れティッシュも外出時には便利かもしれないけど
お肌には案外刺激があり、皮膚に異常が出るケースも増えているとか。
家にいる時にまで必要なのかなぁ・・・濡らしたタオルで十分でしょう?
昔はそうだったのに・・・って言いたいところです(^o^)

自分でまだまだ若い若いと思っていたのに
「今時の若い子は・・・」って言葉が出てくるようになり
いつの間にか私も昔の人になっていくのですね(爆)
あ~こわい、こわい(^_^;)

スポンサーサイト

お花のある暮らし

お花をもらって、2週間を過ぎた頃からが楽しい生け方♪

ラナンキュラス080209


重なり合う花びらが美しいラナンキュラスも、頭をもたげてきたので
花首からカットして水を張ったガラスの器に浮かべてみました。

横から眺めると、こんな感じ・・・

ラナンキュラス080219-2


オレンジ色って自分では選ばないんですけど
最近はピンク系より、お部屋にしっくり似合っていて、
そんな元気色のお花の影響を受け
カメラを構えていると、パワーが伝わってくるような・・・そんな気がしました。

バレリーナ080219


このチューリップも、もう最後の力をふりしぼっている感じ。

バレリーナ080219-2


花びらの先にまで、心奪われそうになり
もうちょっと咲いていてね・・・と声をかけたくなる。

デミタスカップに生けた、アルストロメリアとスイトピー。

デミタスカップ080219


蕾までしっかり咲かせてあげたいから、茎をできるだけ短くカットして生けています。

アルストロメリア080219


残った、ガーベラと薔薇は、まだお気に入りバケツの中(*^_^*)

ブーケ080219


終わりを告げる切り花と、今から命を吹き出す 種。

暖かくなって種まきするのが楽しみなのは
仲良くしていただいているブログ友達が、送って下さったもの!

「イエローキャンパス」は、みきちゃんから。

花の種08-1


玉川大学農学部育種学研究室で品種改良されたもので
「学園を彩るコスモス」にちなんでこの名前が付いたのだそう。
風に揺れるコスモスの姿、だ~いすき!
貴重な種を分けて下さった、みきこさんに感謝(^^)

そして、見て見て!
ハート型の模様の入っているのがわかりますか?
「ふうせんかずら」は、南天さんより♪

花の種08-2


ハートの印象が強くて、つい「ハートカズラ」って呼んじゃいそうになるの。
葉っぱがハートの植物でありましたよね。
それにしてもこの種、なんだか、このまま飾っておきたい気も・・・
小さいもの好きの私には、たまらないのですよね、この可愛さ!

ちゃ~んと育って、夢をいっぱいふくらませたような
風船ができたら、嬉しいなぁ。

一日一日、春は近づいてきますね~
Category:

待つ楽しみ

ヒヤシンスの芽080213


蕾が見えてきたヒヤシンス。
ガラスの容器にセラミスを入れてその上に球根を乗せていたら
エアコンなしの部屋では湿度が高いからでしょうか?
湿らせたセラミスに気がついたらカビがいっぱい発生していて、慌てて外へ。
あれから10日程経過して、いつの間にやらカビはなくなって
途中から環境が変わっても、花芽が出てきたのでホッと一安心(*^_^*)

ペットボトルの再利用バージョンのヒヤシンスは
こちら↓

窓際080213


もう少し暖かくなったら、履きたいなと思って買った
ベージュとアイボリーのコンビのシューズも春の訪れを待っています。
すっごく軽くて足に優しい・・・とにかく体を守る靴にはかなりのこだわりがある私。

↓は、もう数年経過のヒヤシンス。
昨年春も、とっても小さいながらにも花をつけてくれていたの♪

ヒヤシンスの芽080213


秋に土を掘り起こしてみたら、小さすぎるほどの球根で
そうね、二十日大根より小さいくらい。
もう寿命かな・・とも思ったけど、あきらめずに植えていたら芽が出てきました。
花が咲かなくても・・咲かなくても・・・もう十分だから
頑張ってるよ!って姿を見せてくれただけでも、今は嬉しい(*^_^*)


レースラベンダー080213


レースラベンダーも花付きがよくなってきました。
エアコンの室外機の上には、雑巾用に使っているファーマーズバーンの
ウォータータブ(ホーロー製のたらい)
夜、雑巾がけするのに水を使うときも(例のアヒルさんの蛇口がここにあるのです)
靴を履かなくても部屋から降りられるようにとスノコを敷いて。
白にペイントする予定なんですけどね、これも。
手前に写っているのは、泥んこになっても大丈夫なガーデン用のシューズです。

レンガを敷き詰めた花壇のビオラ、パンジーも花が次々と順調です。
それに負けじと伸びまくっているハコベやホトケノザもすごいんですヨ(^^)

パンジー080213


小さめのオーバル型のプランターには、白いビオラを。
あえて、白、白の組み合わせ。

チューリップ080213


ニョキニョキ出ている葉なんですが
昨年植えっぱなしにしていたチューリップの球根を
秋のレンガを敷いた花壇作りの時、下敷きになるからと掘り起こして集めて植えたもの
・・・・と記憶しているんですが(^_^;)
だから、たぶん咲いたとしても小さい花だと思って、
この小さなプランターに植え込んだような気がします。
(秋、植える時は数が多くて必死だったから記憶が曖昧)
他にも、そんな2年目、3年目の球根を集めて植えた鉢があるんですが(それは確実に!)
こんな球根の方が、愛おしくて想いが込められているから期待しちゃいますね♪

一足お先に春を迎えた室内のチューリップ オレンジ色の「バレリーナ」は
誕生日のブーケの中に蕾の状態で入っていたもの。

チューリップ080213-2


あれから9日目、お気に入りバケツの中でお花たちはまだまだ元気です♪

少しずつ変化する花壇、心のなかで植物たちに声かけながら
春を待ちこがれている今が、私の一番好きな季節なのかもしれません。

Category:

日本の農家を応援しましょ♪

チャーハン080208-1


ある日のお昼ご飯です。
玄米ご飯に、残り野菜でチャーハンを作りました。
前日、お好み焼きをしたときに残った刻んだキャベツ
葉付きでもらった大根があったので茎の方の部分を、
彩りにもかかせない人参もみじん切り
歯ごたえを楽しみたいので、乾燥したかえりちりめんを入れて♪

ほっといてできる煮込み料理やオーブントースター(オーブンは持っていません)利用のロースト
ぱぱっとできちゃう炒め物、そんな料理が多いですね~私って(^_^;)
このチャーハンの味付けは炒めたニンニクの他、
チリメンの塩分があるので、ひかえめに 塩、コショウ、仕上げに醤油とゴマ油。
お皿に盛ってから、白ゴマをかけて・・・

寒い時期は、やっぱり、汁物はほしい!
必ず熱いほうじ茶も飲みますが(^^)

チャーハン080208-2


皆さん、ブロッコリーの茎の部分はどうしてらっしゃいますか?
私はきんぴらにすることも多いのですが、スープでいただくのも好き!
これはスライスした玉ねぎとブロッコリーの茎を、
月桂樹の葉と固形チキンブイヨンを極々少なめに使用
クタクタになるまで火を入れて、天然塩で味を整えたスープです。
何日分かできたので冷蔵庫に保存。
最後のこの日は、卵を落として(そのままでも溶き卵でもいいですね)いただきました。
スープをミキサーにかけてとろっとさせミルクを加えるのもいいかな(^^)

最近、野菜が甘いのですよね~
チャーハンもキャベツの甘みが効いていました。
化学調味料は、ほんとにいつも控えめにしか使ってないので、
それぞれの野菜の旨みが引き立ちます!

シンプルでお金のかからないメニュー。でも、国産、それも地元の野菜には注目している私です。

今は日本人の米離れが多く、朝はパンって方が多いですよね。
そういう私も過去何年かはそうでした。子供の頃はご飯に味噌汁が当たり前だと思ってたのにね。
自宅でパン作りに励んでいる方も多いと思います。
ほんと、上手に美味しくパンを作る人が増えたと思います。
おやつに食べるにはいいんですけどね~
最近、お米の需要が少ないから日本の農家の人は大変。
日本みたいに食料自給率の低い国って類を見ないようですね。

冷夏だった、平成5年の米の不作の年のことを覚えていますか?
詳しくはこちらをクリック→平成の米騒動

日本政府が各国に米の緊急輸入の要請を打診し、これにいち早く答え対応してくれたのはタイ政府だったのに
タイ米としての食べ方を知らなかった日本人は、結局その好意を踏みにじるようにして
投棄したり家畜の餌にしたのですよね。
安くて手軽なものを求めるがあまりに輸入に頼らざるをえない中で起こった中国の冷凍餃子事件。
食料はいつでも外国から買えるという考え方を改め、日本の農家をもっと支えることができないのかしら?と思います。

ここからは、笑い話のようですが・・・↓

昭和の時代を想う その1

ブーケ080204-1


先日、誕生日を迎えて、いつになく自分が生まれたときのことを知りたくなりました。

私自身は息子を7月に出産しているので、
夜中のおむつ替えや母乳をあげるにしても
室温のことなど気になったことはないのですが
この寒い時期に生まれた私・・しかもその頃は土地柄もあってか
病院と自宅と半々くらいだったのかもしれませんが、母は自宅出産でした。
どんな状況だったのだろう、大変だったろうなぁ・・と思いつつ
「私は4日の何時頃に産まれたの?」と聞いてみました。

「何時やったやろ?朝ではなかったと思うなぁ・・・昼過ぎかなぁ。
う~ん・・・はっきり覚えてないわ。ごめん。」
とすごく申し訳なさそうな言葉から始まったのですが
どうやら夜中に陣痛が始まって、私の父が産婆さんを迎えに行ってくれたそうなのですが
初産だったこともあり、たぶん昼過ぎになったと思う、とのことでした。
「ごめん・・・時間はっきり覚えてないわ。写真があったら思い出すかもしれないけど」

そう、出産して間もない写真は何枚か私のアルバムにもあったはずなのですが
(几帳面な父が小さく丁寧な字で日付けと一言を添えて)
残念ながら3年前の水害時に泥まみれになり捨てざるをえなかったので・・・
当時の写真はアルバムから剥がせたものが数枚しかなく、
でも、生まれて何日目かの写真だと思うもの
大きな口を開けてあくびしているのと
母のおっぱいを飲んでいるものをなんとか残してありました。

写真まゆみ1


そして父に抱かれた写真と
大人になるまで捨てられなくて大事に持っていた「ぴーちゃん」と私が名付けたぬいぐるみをおんぶした写真。
白黒写真がセピア色に変わりつつある、1960年代のもの・・・

また長いですが、続き、読んでいただけますか?

あったまる(*^_^*)

焼き芋080203


結構、冷えてますね~
控えめのお昼ご飯の後、
熱いほうじ茶にオーブントースターにそのまま入れて30分少々の簡単焼き芋!
自然の甘みはいいなぁ~地元の農家の人が作ったサツマイモ。
安くて、ほっくり、とても美味しかったです。

今日は節分でしたね。
ぼけていますが(^_^;)玄関に吊った魔よけのイワシの頭と柊です。

イワシ080203


今年はいつになく、豆をたくさん食べました。と言っても歳よりひとつ多くですよね。
実は明日になると、もうひとつ歳をとるんですが・・・今日の歳よりひとつプラスして(^^)
小学生の頃、この節分の豆を食べ過ぎてお腹が痛くなったことのある私は、
それ以来敬遠してたのですけどね・・・

夜はかなり寒いかなぁ~と思ったけど、実家で手作り巻き寿司を食べたあと
渋っている母をなんとか連れだし、まご「ゆっち」も一緒に、神社にお参りに行きました。

節分080203-2


古くなったお札やお守りを持って、どんど焚き、温まってきましたヨ(^^)
その煙にあたることでこの1年の無病息災を祈る。
やっぱり来てよかったなぁと思いました。

あれ、いつの間にか大きなダルマさんも、火の中に・・・
先に見たお店で一番大きなダルマに惹かれた ゆっち。
「一番上の大きなのがほしい!」
「可愛い小さいのにしようよ。」って言っても聞き入れてくれず・・・
「でもそんなに大きいの持って帰れないし、ま~ちゃん買えないわ。」であきらめてもらいましたが
火の中のダルマさん、母に手をつながれて、じ~っと見つめておりました。

今日の巻き寿司ですが、やっぱり丸かぶりをさせようと
ゆっちに「かぶって!」って声をかけると
なんと、「頭にかぶる」と勘違いした様子(^o^)

節分080203-1


ゆっち用の細巻きを持って、頭の上に持って行き、ニコニコ顔でした。
Category: おでかけ

食に関して思うこと

小かぶ080201


いただいたものなのですが
飲食店を経営されているという方が畑から収穫したばかりという「小かぶ」
収穫が早かったからか、かなりミニサイズ。
千切りにして軽く塩もみしただけで、しなやかになったかぶは
天然の甘みが感じられ、いくつかはすぐさま美味しくいただいたのですが
その中でも格別小さかったものは(ラディッシュほどの大きさ)なんとも可愛いかったので
キッチンの調理台の上でカゴに入れ眺めておりました。

子かぶ2-080201


葉付きだったのを落として、
炒め物や味噌汁の具にしましたが、再び伸びてきた葉っぱ
あぁ、この野菜はまだ生きているんだなぁ~って
その生命力を思い知らされました。
というわけで画像の小かぶは、もう何週間も経過したものなのです。

根付きで買ったネギ、もちろん使ったあとは栽培!
切っても切っても、また伸びてくるネギって、たくましいですよねぇ~

ネギ080201


人参のヘタも、またまた、こんなことしています♪
これ、相変わらず好きなんですよね~

人参080201


淡路島はまだまだ自然に恵まれた島。
有り難いことに農家の方や家庭菜園されてる方から
季節の野菜をいただくことがちょこちょこあるので嬉しい♪

今、世間を騒がせている中国産の冷凍餃子。
報道を見ていて、なんか違うんじゃない?って思うのは私だけではないでしょうが
便利になったとはいえ、手軽に使えて保存できるといった冷凍食品の多さ。
いつの間に、お弁当向けにも電子レンジで解凍しただけで詰められるものがこんなにも増えたのでしょう。
食料自給率の低さ、日本では40%と言われていますが、安いということもあってか
大量に輸入されている野菜や果物、お肉に魚・・・
そして、今回の餃子のような加工品はその過程で見えない部分というのがありすぎて、
本来は口に入るものだけに安全であるべきだとは思いますが
安易に加工品に頼っている日本人の「食に関する姿勢」にも問題があるし
視点を変えて、根本から考え直すきっかけを与えられているようにも思います。

またまた話は長くなりますが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。