スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋時間

higanbana140917-2

球根の花たちも、種が飛んで増えるって知ったのは
いつの頃だったかしら・・・

何故、突然こんなところに?

そんな疑問から、

根を下ろして動くことのできない植物たちは
自分を守る術を持ち合わせていて

子孫繁栄のためにも、生きることに一生懸命なんだって知ったとき

人が、如何にちっぽけなことで悩んでいるのだろうって恥ずかしくなりました。


植物って、ほんと素晴らしい!!

野生の百合や、原種系の小さなチューリップも
球根の花ながら、咲いた花の後が膨らんで、その中には種が沢山詰まってて

弾けて遠くまで飛んでいくんですよね


higanbana140917-1

青空に向かって、乾杯! 



慌ただしい朝の時間に、片手で撮影
なかなか思い通りに撮れなくて

何やってるのかしらって思いつつも
記録しておきたくて、結構何枚も撮っていたのです。


実は、うちのヤギたちが誤って食べてしまうと困るので
草に紛れていた生えていた彼岸花の茎を折ったのだけど
命を粗末にしたくないので
小さなグラスに短く生けていた彼岸花。

根に「アルカロイド」という毒を持った彼岸花は
ネズミやモグラが掘り起こして荒らさないように田の畔に植えられてきた植物らしいのですが

遥々、種が飛んできたようで
庭にも花が咲いて気がついてから、数年以上になります。

茎に触れるとポキポキ折れてしまって
短い茎の先端にある蕾が咲いてくれるのかどうか心配だったけど

健気に咲いてくれてホッとしました。

higanbana140917-3


最近の朝の作業は草刈りなのですが

雑草と呼んで嫌う人が多いけど
私は名もないような、多くの人に知られていないような草花が好きだから
園芸品種として改良された立派な植物は要らないくらいで・・・

そして

繰り返し咲いてくれるよう語りかけながら、草刈りします。

イネ科の草たちも、種が飛んでいく季節になり
私の体にもくっついてきますよ。

刈った草は、ヤギの食料になり
残った根からは、草がまた育っていく・・・・

そんな自然な循環の中で、どこに行くでもなく、今、ここで楽しめている自分が
なんて幸せなのだろうって感じます。

日の出の時刻がだんだん遅くなって
夏の間は4時台に起きていたのが、今日は2度寝してしまい6時だったので

もう、慌てて飛び起きました


外時間が好きな私には
1日が短く感じる季節になってきましたが

だからこそ、1日1日を大切に過ごしたいです

元気のもとでもあるヤギとの暮らし
私の、もうひとつのブログは、こちらです。



スポンサーサイト
Category: 道端の草花

小さな幸せを重ねて

hana140518-3

チューリップの花たちも咲き終わり
寂しくなったようでいて

本当は、小さな小さな草花が一番好きだというのは
子供の頃から変わっていない私です。

hana140518-1

ニワゼキショウ、これも大好きなお花

hana140518-6

咲き終わった後が、真ん丸になってるのも魅力

ヒメコバンソウと仲良く咲き乱れる姿に、ときめく私

hana140518-4

こぼれ種で毎年咲いてくれるジャーマンカモミール
今年は全般に背丈が短くて、一本立ちした小さな小さな花もあったりで愛おしくて・・・

ナガミヒナゲシも年々増えて
カモミールと共に風に揺れる光景が好きなのだけど

hana140518-2

残念なことに ケシ科のナガミヒナゲシはヤギが食べてしまうと良くないようなので
種ができないうちに抜いているんです。

胸が痛む瞬間ですが

雑草と呼ばれる草花や小さな虫達が、どのようの生きているかを知ると
ますます愛おしくなる・・・

稲垣栄洋さんの著書はユーモアに溢れる中で大切なことを伝えてくれる素敵な本

cyacya140519-2

たくさんの人に読んでほしいなと思います。


ヤギと暮らす毎日の中で

外時間で感じ合える植物や虫、鳥たちとも・・・

言葉のいらない世界

なのに?

だからこそ?

どんどんコミュニケーションが増えていく




久しぶりに、小さなお花の写真を撮ってみたら
それはそれは、息を止めることの連続で呼吸困難になりそうで(笑)

2つのブログ
「植物と香りのある生活」

そして
ヤギと共に〜循環する暮らしを目指して〜

なんでもない日々の中でこそ、味わえる私の幸せな時間です。

いつだって手の届く、小さな幸せを

いくつも重ねていきたい・・・





Category: 道端の草花

春を感じて

biora140319-1

私色のパンジーと

プランターの中で三年目のムスカリたち

そして

原種系チューリップのライラックワンダーが咲いたたら完成の小さな寄せ植えに

一日一日、春を感じています。

biora140319-3

ヤギたちが大好きなアケビ
白いラティスに絡まった蔓に、葉っぱと花芽が見えてきてワクワク

akebi140319-2

こぼれ種から育っていたのね。
ひょっこり草の間から顏を出していたビオラ

biora140319-2

子供の頃から大好きだったオオイヌフグリ

ooinuhuguri140319-1

小さな小さな野の花たちが、人目を引く立派な梅や桜より好きで
這いつくばって息止めして夢中で撮影してしまう・・・

ささやかですが
そんな時間も大切にしたい私です。

tanetukebana140319-0

ヤギたちに食べられちゃいそうな草花ですが
再生するパワーも十分ありますから頼もしい

ヤギブログはこちらです


Category: 道端の草花

道端の命


道端130306-1



ふと、立ち止まる瞬間



道端130306-2



なんでもないところに

自然の寄せ植え



道端130306-3



アスファルトの隙間から、たくましく伸びているハコベに胸がキュンとなる



そんな植物の姿も


そんな姿に惹かれる自分も


好きなのです・・・



春を待つ花壇


チューリップ130306-1


そう、待っている期間の方が
花開いた時より、ときめいている・・・
そんな私


人生も結果より


その過程を楽しむ


だから日々を大切に


特別な日なんて なくてもいい

でも平穏な日々を望んでいるわけでなく

山も、谷もあるから いい



「今、ここ」


それが永遠に続くだけ・・・


すべてを楽しむだけ・・・
Category: 道端の草花

シンプルに・・・穏やかに日々を送る

アケビ120329-1

今日は、雨風で気温高めで始まった朝
でも、いつの間にか気温が下がってきたりと、まだ安定しない春ですが
お昼頃からは青空が見えてきました。

そうそう、昨日も風が強かったけれど、家の中で退屈そうにしていた ゆっちを連れ出して
髪が乱れるのも気にせずに、二人で歩いて10分ほどの公園まで。
私の仕事の昼休み中のことですが、子供は外が好きだもの。
一緒にお出かけできて、外時間を過ごせてよかったなぁ~^^

今日のブログの植物たちの写真は29日に撮ったものですが、
3年前かな?地元のブログ友さんに頂いたアケビが、冬場は蔓だけになって落葉していたのに
新芽が出始めたと思ったら、今年は初めて花芽をつけていて興奮気味の私♪

ラティスの向こう側に植えてあるのが
ベランダ側に進入しているんですよ~

アケビには五葉アケビと、三つ葉アケビの2種類があるようですが
これは「五葉アケビ」ですね。こちらの方が香りが強く、花は、風情があるとか・・・
蔓もしっかりしてきました。これで籠が編めるようになると嬉しいのですけどね。

アケビ120329-2

そう言えば、去年、新潟のゆきんこさん
アケビの新芽が食べられると教えて下さったので、食べ方を調べている最中です!
利尿作用や抗酸化作用もあるらしく・・・
秋に実がなるのも楽しみです!う~~ん、待ち遠しい・・・

野草にハマっている今年の私
こうと決めたことには、実行するのみ♪
ここんとこ買い物行かなくても、ご飯があれば、あとは野草と頂き物で食事できてるんですよね。
なんて有難いことでしょう~ (まぁ、これは私だからこそのシンプル小食レシピ)

自然食品店で購入した、なたね油と地粉で天ぷらにして楽しんでいるのは
毎年、私の菜園にたくさん生えてくるカラスノエンドウの葉!!

カラスノエンドウ120329-1

これ、小さな葉っぱが口の中で儚く砕けていく感じがたまりません・・・
ヨモギも天ぷらにしてみましたが、野草のもつパワーや効能は素晴らしいものなのだと思います。
植物は、自分では動くことができないから、自らを守るべくして元から備えられたものがたくさんあり
だからこそ、
昔の人もまた、お医者様や薬に頼らなくても
身近に生えてきたものを有効利用し自然治癒力を高めることを知っていたのでしょう。

医学は進歩していると思い込んでいる日本ほど
現代の医学が発達する以前から存在していた「伝統医学」
というものに関心をもつ必要があるのではないかな・・・

今の私には、不快な症状はないのですが
それでも植物たちのパワーを取り入れることによって、
これから先も、ますます健康でいられる気がしてなりません。
自然に逆らわない暮らし・・・
今まで以上に、それを実行していくことが、これからの自分のために
そして次世代につなぐことになる生き方なのだと思っています。

洗濯も、合成洗剤を使うことなく
竹炭と天然塩を使って洗うようになると、
干したあとは、お日さまの匂いを存分に感じることができるんですヨ。


頂いた早生の淡路産玉ねぎと、お嫁ちゃんが採取してきてくれたツクシを炒め
今日の昼食にしました。
ヘタ栽培から出てきた人参の葉も彩りに♪
ハーブのセルフィーユみたいな繊細な葉がお洒落です。
グリーンがあると見た目が随分違ってきますね~
もちろん食べられましたよ!

ツクシ120329-1

イカナゴの釘煮、頂き物です。旬ですね~イカナゴ!
お砂糖使ったお料理は苦手なのに、これだけは特別なのが自分でも不思議です。
甘いけど「硬い」から、好きなんですね~わたし。

念願の曲げわっぱが手に入り(お香典返しのカタログより)
古代米(黒米)を入れて炊いた胚芽米は、もっちりとお赤飯みたいな感じになるのです。
お米は共に無農薬だし
地元産の白ゴマを炒ってかけると風味が もぉ・・・♪美味し過ぎて食べ過ぎに注意です。。。

自然に寄り添った、こういう食事が好きだし、幸せが溢れてきます。
本当に今年は、ますます野生化しそうな私^^

ビオラ120329-3

チューリップもこれから順番に開花して楽しませてくれそうですが
ふんわり柔らかな淡い色調の
私が大好きなビオラが咲き誇り、ダイニングじゃなく
ついつい、この光景の見える窓際に運んできて食事して♪

ビオラ120329-2

ささやかながら、日常の中の、こんな楽しみを味わいつくし
心穏やかに過ごしています。

ビオラ120329-1

ココロとカラダは繋がっています。

怒りの感情は相手にではなく、自分に跳ね返ってきます。
また相手がぶつけてくる 怒りの感情とは「わかってほしいという気持ち」でもありますね。
わかろうと理解することが解決に繋がることも・・・

周りでも、知らず知らず自分を追い込んでいる人を目にしますが。。。

自分次第で、周りの状況まで随分変わるというか
自分の中で受け止め方が変わると、結果的に自分が楽になれるということに気がつき
そうなると、救われるものです。

だって

怒りや不満の感情を持ちながら
相手や世の中を変えようとすることは、相当なエネルギーを要するものですから。

3月13日、神戸でホ・オポノポノのヒューレン博士の講演があり、
以前から興味のあった私はパートナーと共に行ってまいりました。

やはり

「すべては自分の責任」そう思える人の方が自分を苦しめずに済むと思います。
物質的要求や相手に求めるものが多すぎると、それは叶わない限り自分へのストレスとなるでしょうし

目の前に起こることが
「すべては自分の責任」ということは

自分を追い込むのでなく、自分を助けるためにも・・・です。
地球のためにもです。

今の時代だからこそ、今の日本だからこそ
より豊かな、それは、物質的な豊かさではなく、精神的な豊かさのために・・・

それにしても、つくづく感じること

私って、シンプルで単純^^
だから、救われてることが多い気が・・・

それにしても、またまた長くなっていますね~(汗)
どこがシンプル!?って突っ込まれそう!?(苦笑)

最後まで読んでいただき、今日もありがとうございます m(__)m
Category: 道端の草花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。