スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出逢い・愛・繋がり

ko-n130902-2

9月に入りましたね。
虫の音が、心地よく響いています。

まゆみさんのお部屋に似合いそうだったから・・・と
ブログで繋がって繋がって出会えた関東にお住まいの方が
送って下さった小さくてキュートなトウモロコシでです。

無農薬無化学肥料の種を扱っている「たねの森さん」で、初めて野菜の種を注文した年
カラフルなトウモロコシ”ペインティドマウンテン”を見つけ
育ててみたいと思って注文したのだけど、残念乍ら品切れで手に入りませんでした。

「私のカントリー」というインテリア雑誌を買っていた20代の頃
ステンシルにはまって、木工やらカーテン作りやら、結構色々お部屋の中のものを作っていて
インテリアにいいなぁ〜って惹かれていたのも、このコーンでした。

そんな想いが、年月を経て
今、私のもとにやってきてくれたのですね。
う〜〜〜〜ん、感無量♪

ko-n130902-3

置いているだけでも素敵なのだけど、紐で繋いで吊るして飾ろうかって考えているところ。

「まゆみ姉さん」と呼んで下さるこの方は
体に辛い症状がいくつがあって、何年も闘病生活を余儀なくされ
それでも、素直で前向きに、月日と共に成長されている素敵な女性です。
出逢えたのを機にメールのやりとりをし、時には電話で話したりと

このトウモロコシと手書きのお手紙を頂いて
まゆみ化してる!!って思ったのは
靴下の重ね履きも実践中
多肉ちゃんも大事にして下さり、ベランダに出ることが好きになったこと
自然を大切にする生活
アロマでの癒し などなど

aroma130902-1


そして何よりも
自分を大切にするということ♪


一昨年、施術家であるパートナーと東京へ何度か足を運んだのも、
彼女と同じ病名がついた方々に会うためでした。

その後
長距離をご主人様の運転で、途中一泊しながら淡路島まで来られたのは昨年の夏のこと。

「まゆみさん、来ちゃった〜」

それが、到着して私と顔を合わせたときの彼女の第一声でした。

いつの頃からか、お姉さんのような存在・・って
慕ってもらえる年下の女性が増えてきて、本当に嬉しい限り。

これも、2004年、自宅と職場の両方が台風による水害に遭ったのが転機となり
パートナーのもとでアシスタントとして仕事できるようになったからで
数々の辛い症状を持ってらっしゃる方と接してきた中での出逢いが増えました。

一昨年は、自然治癒力学校 おのころ心平さんのココカラ塾を受講。
昨年から今年3月にかけては、マッピング講座
ココロとカラダは、いつも繋がっているということを実感しています。

実は、それまでは
カラダやココロのことに関して専門的に学んでいたわけでなく
コレといって資格があったわけでなく・・・

でも、想うに、だからこそ知識のないままの私で
ただただ良くなってほしいという想いで私なりに一生懸命接してきたので

その人の何がそうさせているのかを観察することから始まり
「自然」というお手本と「体験」を活かせて
少しづつ、ココロの交流がスムーズになってきたのではないかなって感じているのです。

母の二十年来の躁鬱の時代を、共に乗り越えたという事実も
私の人生上、この上ない学びとなり自信になりました。
治らない病気などなく、治したいという想いがあるかどうかなのだと。
治療を受けるのと、治癒するのは別で
治癒とは、
その人自身の中にある心が鍵を握っているから・・・

もそうですよね。


私も30代の頃は色々あって、
まだまだ未熟だった時は、今のような考え方もできてなかったから しんどいことは沢山ありました。

有難いことに、私も色んな方との出逢いがあり
食らいついていくようにして沢山のことを学ばせて頂き、成長したくて今日のこの日まできましたし

人生は終わる時まで学ぶことがあると想っているので
まだまだ未熟で人生の過程を楽しんでいるところ。

私は達成感より、その途中を楽しんでいるんだなぁ〜って自分でもよく思います。

相談事を受ける立場になってきた今も、決して一方的に私が・・・ではなく
常に、相手の方からも大切なことを学んでいる

そして、それが、また次に出逢う人に繋がっていくので
とても嬉しいことですし感謝しているんです。

それは、いつの時も、どんな出逢いでも、変わりなく・・・

一人だけ遠方の方で中途半端な状態のままになっていて
伝えきれない想いがあるのは心苦しいのですが

自分の体験と、出逢った人から学んだことを活かせて
喜んで下さる方がいるのなら・・・・
それも、私の役割なのかもしれないですよね。

そんな私の人生の中で共に生きて下さってる方々に

ありがとうの気持ち・・・伝えたいです。



もうひとつの私のブログ
ヤギと共に〜循環する暮らしを目指して〜 も、日々 更新中です♪



スポンサーサイト

どこでもibマッピング〜〜〜♪

umi130721-1

思い立ったら、即、行ける距離にあるんです。

10分後には、もう着いてるほど!

umi130721-2

テント張って、しばし日常から離れた時間を楽しんで・・・

毎年恒例になって

そう、一緒に仕事ができるようになってからなので、かれこれ9年かな・・・

年齢って関係ないですね。
こうしたいって思ったら、行動あるのみだもの♪

tennto130721-1

マッピングも、私の方が先に学び始めたのだけど
パートナーも興味を持ってくれたので
共に講座を受けに行き、

今日は、テントの中でやろうよって誘ったんです。

「ibマッピング」


紙と鉛筆があれば、場所を選ばず、どこでもできる手軽さ!!

お互いに聞き手語り手になって♪


今日のテーマは「海」 

真ん中の丸に「海」と書いて

そこから連想するものを3つ

私は

「貝殻」「砂浜」「青春」と答えました。

mattping130721-1

手前の紙は、私が語り手になって
パートナーが聞き手で質問してもらったもの。

向こう側が彼が答えてくれたもので

海から連想した3つは

「空」「白い砂浜」「松の木」

その3つから、枝を伸ばして質問していき、○で囲んで繋げていきます。

umi130721-4

それは、いつから好きだったのですか?
その時、どんな思いでしたか?

っていうふうに・・・


質問されることによって
自分のココロの中が整理され

あ〜私って、こういうふうに考えていたんだなって気がついたり
そっか、これがあったから、こう思うようになったんだ・・・とか
自分がしたいことって、こういうことなのね・・とか

ココロの欲求に気づくんですよね♪


海でマッピングするのって、また一味違ってて
答える時も、とても解放された感が強かったです。

家にいると、目先のことが気になるから
結構、縛られたような気持になってることもあり頭がフル回転してるから
知らず知らず、ガチガチになって力んでいたりすることもある。

だけど、海にいると、自然とボ〜〜〜って、できてるんですね。
余計なこと、考えなくて済んでる・・・って。

海に来ると、自分の中で、リセットされたみたいで

そして、やっぱり私は自然が好きで、年齢に関係なく
好きなものを目の前に自分らしく振る舞いたくて

その好きなものは、いつも手の届くところにある・・・

大きなことを望んでいなくて

身近に幸せを感じているから、遠くに探しに行く必要もなく楽しんでいられてるんだって再認識♪


淡路島に生れて住んでて、よかったなぁ〜って思いも

よりハッキリ見えてきました。



彼は

南国、特にセーシェル諸島に行きたい願望が強くって 
青・緑・白・・自然の色の中で、ボ〜〜っとした時間をとりたいのは、
普段、論理的に物を考えるタイプだからって。

(私みたいに単純ではないのね、笑)

頭、解放したい気持ちが、結構あるんですね。


ほら、マッピングのあと

カラダ、宙に浮いてるよ〜〜〜

全身、解放
されたんじゃない?笑

umi130721-5




ib-mapping体験会のお知らせ


あなたのココロを整理する最強のココロ整理術!

各教室で体験会があるそうです。

「マッピングとはどんなものか?」

というのを気軽に体験していただく為の場で

参加対象は

ibマッピングに興味がある人

興味はあるけどいきなり講座でやるのは不安という人

ibマッピング受けたい人(マッパーさんが対応します)

自然治癒力学校に興味があるけど、色々聞きたい人

など

各教室の日程は

東京教室  7月22日(月)

名古屋教室  7月29日(月)

横浜教室   7月29日(月)


大阪教室   8月5日(月)
神戸教室   8月9日(金)

福山教室  7月30日(火)


あなたの心の欲求を知る大チャンスですヨ!

詳しくは・・・コチラ

もし、淡路島の海で、マッピングご希望の方がありましたら

マッパー まゆみと、パートナーにお申し込みを♪♪♪


今日は海でリフレッシュしたあと、シャワーして

次なる場所へと移動した元気な一日なのでした。

ib マッピングその後

heya130609-1.jpg

毎日、色んなことがありながらも
1週間が、瞬く間に過ぎてしまったという気もします。

今日は、ちょっと曇り空
ここんとこ、梅雨はどこへ?とういうお天気が続いていたので
鉢植えの植物たちの水やりにも時間をかけていたけど
今日は助かりそう♪

お日さまの光が足りなくて
今日の写真が暗めなのは残念ですが。。。

どんな時も、気分良く過ごすには
部屋の中のインテリアも大事・・・ってことで

季節に応じて家具の配置を変えてみたりするのも大好きです。
外で動いている時間も長い私ですが
家の中で自分の居場所を心地良くするための工夫や時間も、あえて作りたいのですよね。

窓の外の白いラティスは、冬の間、落葉していたアケビの葉で覆い尽くされ
イイ感じの日除けにもなりつつあります。
日本の四季、それに応じた植物の力って、やっぱり素晴らしいなぁって思います。


最近、移動時の(仕事に行くときも)荷物が増えて
というのも、マッピングを始めて以来のこと。
紙と鉛筆されあれば、どこででもできる「ココロの整理術」なんですが
A4サイズのファイルが入れられる軽くて大きめのバッグがほしくて

bag130609-1.jpg

合皮ですが、雨のときも使えそうなバッグを購入。
スマホからメールのお返事をするときも、
最近、長文で返すような機会も増えて、キーボードを持ち歩いています。

時間をうまく捻出するには、いろんな工夫も必要ですよね。
読みたい本も、たくさんあるので、何かしらバッグの中には本も入っております。

さて、「最強のココロ整理術」といわれている ib マッピングですが

人のお話を聴くには、自分自身が満たされていないと・・・と思うので
持ち物も、私風の物を選び、まず自分が気持ち良くいられることには徹しています。
マッピングシートも簡単にですが、オリジナルなものにして

ファイルも、100均ものですがシールやマスキングテープで少しアレンジしてと

mapping130609-1.jpg

マッピングのテーマは、その人によってマチマチなのですが
今、気になっていることや悩んでいることがある方には
ダイレクトにそのテーマを真ん中にもっていって、そこから質問・・というカタチをとっています。

特に何ってない方や、緊張気味の方には
ここんとこ「食べ物」をテーマにし
好きなもの、嫌いなものを3つずつ挙げてもらい
そこから質問に入るといったパターンが、これが案外おもしろいのです。

どんなテーマから入っていっても
不思議なことに
その方が今、何を一番ココロの中で感じ焦点をあてているかに辿り着きます。

以前から食べ物と、ココロの内とは密接な関係があると思っていましたので
あえて、それをテーマにしている私でもありますが

私が、同じくマッピングを学んでいるパートナーにしてもらった食べ物マッピングで

私が好きな食べ物で一番に選んだものは、なんと「ワイン」だったのですけど
質問されて私が答える意外な答えの行く末が・・・・なんと!!

「ワインは、私がリセットすること、女を意識すること」だったんです。

自分でも、え〜〜そうだったの?みたいな、自分で答えながらも不思議〜〜と
自分が気づいていなかった自分のココロに気がついたのですから、おもしろかったです。


とっかかりとしては
「食べ物の好ききらい」から入っていくパターンは、答える方も割りと抵抗ないようですが
それでいて、ココロの内側が見えてくる・・・


質問させていただくことから、語り手さんになられた方が
自分でも気がつかなかった心情が次々と出てくるので
ご本人様もビックリされたり、おもしろ〜い!を連発されたり。


例を挙げますと

まず、好きな食べ物を聞かれても、すぐに思いつかない自分に、
「あれ?」「何が好きなんだろう」って考えることから始まり

「この食べ物がなんで好きなのだろう」っていうのも
質問されて始めて、あるところに繋がっていくんですね・・・


それは

家族と深い繋がりがあり、自分が家族のことを大事に想っていて
家族のために頑張っている自分を認めることができたり

また、ある人は、
時間に追われている中、ひとりでこっそり好きな食べ物を食べることで
自分の時間をあえて作ろうとしていたのだということに気づいたり

「いつからその食べ物が嫌いだったか?」・・の質問から
こんなことを話してもらっても大丈夫なのですか?と少し心配しながらも
私に普段は話さないであろうことを、「自己開示」して下さった方がいました。

「小学校3年生」という時期と重なり、いじめられていたことと繋がって
そこから好きだった人の話に発展し相手に避けられていたのも、
「たぶん、こうだろう。。。」というような
はっきり言われたことではないのに、
「それは、そう実際に言われたのですか?」との私の質問に
「たぶん・・・・」という言葉が繰り返し出てきたり、憶測や想像です・・・あれ?みたいな

たくさんお話して下さった言葉を書いたシートを見ていただいて

「何かに気がつかれましたか?」と聞いてみますと

共通の話題がないから人と話すことが苦手だったのに
こんなにたくさん口にすることができたという自信

またマッピングという手法で、
たくさんの自分の言葉から出たことにより、「思い込みが激しいと感じました。」
と、ご自身でも気がつかれたわけです。

辛い思い出話から、今後どのように自分が行動していくといいかについてもヒントになることがあったようで

こうした嬉しいマッピング例は、私が100人を目指している中
普段、無口な方に語り手様になっていただく場合は特に
私の質問力や俯瞰力も大きく関係してきますので
私自身の成長と学びに繋がるなぁと嬉しくなりました。


どんなときも、ib マッピング
語り手になっていただく相手だけでなく、
聞き手である自分自身にも気づくことがある、本当に有難いツールです。

「ゆるすいっち。」

さわやかで心地いい空気が漂っています。(今朝のパーゴラに絡む葡萄と空)

ブドウ130524-1


さて、
あなたには「許せないこと」って、ありますか?


パートナーの傍ら

どこかしら調子の悪い方と毎日接している仕事の中で

疲れることもあれば、大きな学びとなっていることを

ここ8年の間に実感しています。



私の中での数々の疑問から

ココロとカラダは、密接に関係しているのではないかと、

自分自身を見つめていても、そう確信するようになってから


ご縁あって

ボディ・サイコロジスト(カラダ心理学者)
カラダのクセや症状から、そのクライアントの心理状態を読み解き、
ココロの生活習慣、カラダの生活習慣改善をうながすカウンセラーとして
19年間、2万2000件以上の実績をもつ
「自然治癒力学校」の、おのころ心平先生との出逢いがあり

おのころ130524-1

ますます興味の出てきたところで

「マッピング」というカウンセリングの手法も学んできたわけなのですが

本日、「ゆるすいっち。」という本が発売されましたよ


自分の「許せないココロ」に気づけたら、

そして、ココロの奥からそれを許す許可をおろせたなら、

人はものすごい力でカラダをリリースしてくれる・・・

そのためにも

まずカラダの方に焦点を合わせ、

カラダを緩ませることに集中すると・・・・


目次より〜

PARTⅠ ココロとカラダをゆるす7つのワーク

第1ゆるすいっち 自分の見た目をゆるす

第2ゆるすいっち 母をゆるす

第3ゆるすいっち 父をゆるす

第4ゆるすいっち パートナーをゆるす

第5ゆるすいっち 過去の人間関係をゆるす

第6ゆるすいっち 自信を持てない自分のココロをゆるす

第7ゆるすいっち 社会の理想と現実のギャップをゆるす

そして

PARTⅡは、ケーススタディ&ワークで学ぶゆるすいっち です。

ピピッときた方は、是非手に取って見てくださいね。


自分のことって

知ってるようで、意外と知らないもの。

おのころ130524-2


マッピングをさせていただいていく中でも

質問されてから、自分自身に問いかけ、その言葉を口にして文字にして

それを目で確認することで、不思議とココロの中が整理されていく人がほとんどです。


もちろん私も♪


本当の自分に気づくことで

自分のことが、もっともっと愛おしくなるのですね、きっと♡


気づきから行動へ・・・ibマッピングから、もっと自分を知る

やぎ130518-1

茶色い柵の向こうは、私の菜園ですが
隣接する叔父の土地で、青いパラソルスタンドに繋いでいるのは
草刈隊としても活躍中の「チャチャ」「こはる」「ひより」です。

やぎ130518-2

去年は、こぼれ種から一面カモミール畑のようになっていた土地
短い草も丁寧に食べている この子達ですが
当然カモミールも美味しそうに食べていて、甘い香りが漂っているんですよ。

夢130522-2

去年の暮れに
相次いで虹のかけ橋を渡って行ったカノンとカレン・・・

まさかの出来事に涙に明け暮れた日々の中

想いを描き、ヤギのフィギュアと
パーマカルチャー日本代表の設楽氏・循環農法の赤峰勝人さんとお会いできたときの写真を並べ
自分の想い、目指していることをカタチにしていきたいと

夢130522-1


「まゆみワールド」を表現。

この棚の上、このコーナーは
パートナーの提案もあって今年に入り1月半ばに試みたことなのでした。

1月19日
100人マッピングを宣言されてお相手を探してらっしゃた晴さんという方に
私が語り手となってマッピングをしていただいたのですが

その際

「王国をつくればいいのよ。」って後押しして下さり
そこから自分の中で溜め込んでいたものが溶けていき、す〜っと楽になった気がしました。

晴さんは、「誕生数秘学」も学ばれている方だったので
私の誕生数である22というマスターナンバーを持つことにも興味を持っていただけたようだったのですが
カノンとカレンを失って悲しみのどん底にいた時の私に一筋の光を灯して下さった方でした。


私の場合は数秘術でみると誕生数が22
心に描いた夢を実現させる人なのだそうです。

11、22、33は、マスターナンバーと呼ばれ、ちょっと特殊な数字らしく
自ら「かなり変人」と認めた方が生きやすくなるというのも理解できるようになりました。
ちなみに私の息子は「33」 親子して、あら、まぁ・・という感じで楽しくもあり♪


 -22の意味-


「数秘術には、いわゆる幸運や不運という考え方はなく
人はこの世に誕生する時に、自ら選んだ使命を持って生まれてきており、
すべての出来事や環境は幸福になるための学びであると考えられている」

というのも
生きてきた年数を重ねるごとに
そうだろうなぁって納得できることが多いので

単なる占いと受け止めるでなく
自分が進む道の手助けとして参考になればいいなと。

私の場合は、晴さんにしていただいたマッピングと合わせて

「22は女王様よ、王様よ、王国を創ればいいのよ。」の言葉に救われた気がして

自分の想いを、少しずつカタチにしていこうと

思考から言葉
言葉から行動へ・・・と

日々、自分で自分にも問いかけながら動いているという感じでしょうか。


そう難しく考えているわけでもなく
自分の想いを受け止め認め楽しく過ごしているということなんですけどね。

昨年秋から受けていたマッピング講座の中でもペアを組み
語り手聞き手の練習をしていても
私が語り手となって言葉を発すると
それが、どんなテーマで始まったとしても、

「植物」「ヤギ」「命」「土」「アースカラー」「循環する暮らし」「創り出す」

という言葉が必ず口に出て、

何度も繰り返す言葉として自分でも私がやりたいことって
ほんとにこれなんだっていうのが、より明確化されたのです。

一緒に学んでいた方には、ヒーラーやセラピストさんとして活躍中の方も多かった中
私は土に触れる人としての発言が多かったので、ちょっと異色だったことでしょう。

おのころ先生にも
「この人、すごくおもしろいんだよね。」と奥様に紹介されたことあり
また講座の時も
「この人、すっごく自然派の人なんですよね〜」って。


語り手として答えるとき

「何ですか?それ?」みたいな

「循環する暮らし」と言っても「???」という顔をされたこともあり
その反面、初めて聞く話しに興味を持って下さったりで嬉しかったことも♪


100人マッピングを目指している今も

私のお相手をして下さる語り手さんから
たくさんの言葉をマップしていますが

語り手さんに自身の気づきがあり、楽しまれていただけるのも嬉しいです。

マッピングの魅力にハマっています♪

その魅力
もっと詳しく記事にしたいのですけど・・・今日はここまで

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。