スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココロも安定する あったかい暮らし方 PART2

御訪問頂いている皆様
いつもありがとうございます♡

PART1を読んで下さった方から
コメントそしてメール
なんだか「まゆみ化」に反応して下さり
冷えとりにも今まで以上に興味を持って
取り組まれる姿勢の方が増え、本当に嬉しいです。

yutanpo1401-1

私が愛用中の、あったか湯たんぽ
この他にブリキ製がもうひとつ。

やっとPART2更新できそう・・・という日から
下書きで止まってしまって何日も放置してしまいました。
申し訳ありません。


今日も中途半端になりそうですが


突然起こった、息子の目の前の視界がおかしい
というのは、私も去年始めて体験した閃輝暗点(せんきあんてん) でした。

閃輝暗点とは、片頭痛の前兆現象として現れることが多いようで
起こる原因は、脳の視覚野の血管が収縮し、一時的に血の流れが変化するためらしいですが
また、そうなる元の原因というのがあるはずなんですよね。

Wkipediaでも
眼球の異常ではなく、ストレスがたまり、ホッとしたときにこの症状に見舞われることが多い。
とありますが


暮れからお正月にかけて
調子が悪そうにみえたヤギのこはるが元気になったきて
ホッとしていた3日のこと、今度は息子か〜〜〜という事態に

息子と話ししていると、今日一日終われば一段落・・と思って
前日力を抜いたのが早すぎたなぁ〜って苦笑いしながら言うんですよね。

ま、それもそうだったかもしれませんが
カラダの歪みは、常々から少しづつ蓄積されて
いっぱいいっぱいになった時に、自分でも気付く症状となってお知らせしてくれているってことでもあり


それを機に、息子も日常の生活の見直しの方向に。
今まで拒否されていた、私が勧める「冷えとり」も始めてくれることになったんですよ〜


ひどい頭痛で寝かせていたとき
首には水枕で足には湯たんぽ

その湯たんぽの温かさが、とても気に入ったようで
翌日、職場の冷えている方に貸してあげ
私の一番大事な、お気に入り湯たんぽを息子に取られること数日間。。。

天然素材の靴下も素直に履いてくれるようになりました。

お嫁ちゃんにも、ずいぶん心配かけ迷惑かけてしまっていますが
家族みんなが元気でいるのが一番って想いは同じはず。

ゆっちは、耳やほっぺたが赤くなっていることが多かったのですが
レッグウォーマーしている日と、そうでない日で
はっきりとその差が出るんです。

今日も夕方
耳が赤いと思ったらレッグウォーマーをしていなくて
付けたら、赤味が消えていく
冷えのぼせ状態の方は、ほんとに多いなって思っていたのですが
ゆっちの場合、見る見る目に見えてその変化なので、とてもわかりやすい例ですね。


まだまだ記録・発信しておきたいことはたくさんあるのですが

この続きは、また次回に・・・


写真も入れながら更新したかったのですが
そうなると、ますます先延ばしになってしまいそうなので


私らしい暮らし
私のパワーのもと

写真盛りだくさんの
私とヤギの日々の記録
「ヤギと共に〜循環する暮らしを目指して〜」
の方も合わせてご覧頂けると嬉しいです。


スポンサーサイト
Category: 健康

ココロも安定する あったかい暮らし方 PART1

手だけは、冷たくて痛いほどの朝

でも、カラダは温かい
上半身は薄着でいながら、とても温かい

不思議なくらい、温かいのです。

hietori140119-4

足元を守れば、これほど寒さを感じず、精神的にも落ち着くのかというのは
やってみた人でなければわからないと思うけど

hietori140119-3

本当に、おかしくて笑っちゃうほど あったかいのでですよ。
毎朝、母も同じことを言うから、なお、面白くって

そして

ピンチはチャンス、受け取り方さえわかっていれば
チャンス以上の「ギフト」なのだって つくづく想います。

母は心身共に本当に元気になりました。
昨日も、御近所に住んでらっしゃる3軒お隣同士で一人暮らしという92歳の方を筆頭に
母を含む70代80代の5名での女子会に招かれていて、
手作りの栗きんとんと甘酒を持って嬉しそうに出かけて行きました。
季節のお餅類、糠漬け、お味噌作りなどなど、針仕事プラス食に関しても
私が望むことが次々と実現していって、大助かり(もう、頼り過ぎですよ〜〜)
母達の女子会は、歩いてほんの2~3分のお家というのが、またなんと有り難いことなんでしょう。

2012年の過去記事ですが、お時間ある方はコチラ覗いて見てくださいね。


すっかり「まゆみ化」した母から 逆に私が助けてもらっていることも多くなりました。
※ 「まゆみ化」とは、私のマネをし、プラス思考が身について私のように元気でいること(笑)


大晦日、ほとんど母一人でお節を用意してくれて
重箱に詰める作業だけを私が手伝って(31日まで仕事になった私は母に任せっきりになってしまっていたのです。)
本当によくできたよね〜って喜んでいた矢先
お風呂に入る前の服を脱ぎかけた段階で
大量の鼻血が出てきたと電話をかけてきたので、一瞬「また救急車?」との思いもよぎったけれど

hon140119-1


靴下の重ね履きを初めとする「冷えとり」を私と同じように真面目にしていたから
年内にカラダの大掃除として「めんげん」であろう脳の毒が鼻血となって出たのではないかと。

脳の古血が出た・・・20年来飲み続けてきた、鬱で処方された薬の毒が出たんだ!
そう考えると、新年を迎える前に
なんて有り難い事だろうと、二人して喜んだのは言うまでもないのですけど

私がかけつけたとき
「お風呂に入って、頭洗ってる時でなくて良かったわ〜 ホントに良かったわ。」
と、まず母の口から「良かった」という言葉が出たのは、確かに「まゆみ化」である。

「うまくいってるよね〜 なんでこんなにウマくいってるのかしらね〜」

↑ このセリフは、私たち母娘の間では口癖になっているほどでもあり
これが、また次のウマくいくことを運んできてくれるわけです。


そして

クリスマスから年末お正月にかけて、忙しかった我が息子夫婦
息子が一段落できる・・・という手前だった3日の午後
仕事先から息子の電話が鳴り

ほとんどかかってくることのない息子からの電話というのは
過去、イイ事があった試しがないので
内心、今度は何?という思いも隠せずに電話に出ようとすることもあるわけですが

案の定。。。。というか

「なんか、目がおかしい。視界がおかしいねん・・・」だった。

これまた、ビビってはいけない

大丈夫大丈夫、落ち着け まゆみ!!

ドキドキしてくる胸を抑えながら対応

これも回数を重ねるごとに、ドキドキが治まるのが早く
良い方法に向かうのであるから、やはり面白い。

たまの更新で一度にまとめようとすると、長くなってしまいそうなので
(もう、十分長いようですし・・・汗)

この続きは、次回に・・・ということで


とにかく、ココロの持ち方
日々、口にする言葉を、どう選べば良いかということは大事だな〜と思います

冷えとりを含む健康記事は
ブログを通してお友達になれたayaさんが
とても上手にまとめていらっしゃるので
次回の更新まで、そちらもお楽しみ下さいね。

ayaさんの健康記事は、コチラです。

ちなみに、今日私が履いている靴下は
お手ごろ価格で品質も良い お気に入りの「シルクふぁみりー」さんのがほとんどの9枚履き。

kutusita140119-4
「シルクふぁみりー」さんのカタログできました!

最近購入した、ウール90%のスパッツをシルクのレギンスの上に重ね履きしてるのですが
もう、びっくりするくらい心地良くて温かい!!!
羊さんに、なんて感謝すればよいのでしょう〜〜〜〜〜

それから

同じ価値観で同じ方向を向いていると思える方に
もうひとつの私のブログ
ヤギと共に〜循環する暮らしを目指して〜の方で出会うことができました。

御縁って、不思議なようであり
そう巡りあえるようになっているのでしょうね。
ヤギを通しての発信も、続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


出愛に感謝です。


Category: 健康

食べないから元気の日々♪

三熊山120429-2

昨日は、歩いて片道1時間半ほどかけての町内のハイキングで山登りをしてまいりました。
子供大人、合わせて70名ほどの参加でした。

山から市内を見下ろした風景
一度使ってみたかったデジカメ機能、ミニチュアライズで、なかなかおもしろいですよね~

三熊山120429-1


ゆっちと、お嫁ちゃんも一緒でしたが
子供は坂道でも走るほどの元気ぶり、モチロン、私も元気過ぎ♪
それに引き換え、日頃、歩く機会があまりない お嫁ちゃんは今日はふくらはぎが筋肉痛だとか。
もし、息子が参加していたら、途中で音を上げていただろうなぁ~と思います。。。

三熊山120429-4

あれこれイベント続きで充実している中

夏野菜を種から育てようとしているから例年より作業時間が増えているのも頷ける話しですが
いくら時間があっても足りないくらい、菜園の方で過ごす時間が・・・
朝抜き1日2食で時間有効に、またカラダも軽く動きやすくって♪

本日は薄曇りから始まり、小雨に至り、傘をさしてでもやりたいことがあり
そんな菜園の様子、また記事にして記録しておきたいと思っていますが
その時間がなかなかとれない・・・


昨日は、ハイキングから帰ってきてから
炭をおこして実家の庭でバーベキューでした。
収穫したスナップエンドウを茹でたもの、ジューシーで好評だったなぁ~
(あ、エンドウの写真を撮り損なっている・・・)

食べることが大好きな息子に、あまり食べさせないようにしたい旨を弟に伝え
厚揚げ&野菜で先にお腹をふくらませるプランとなり成功したような・・・
食べるのに時間がかかりそうな骨付きのチキンもいいよね~笑

BBQ120429-2

私同様、小食のゆっちは、食べるよりお手伝いがしたい様子
イカのあと、塊のお肉も切ってくれました。

BBQ120429-1

昼間のハイキング時もBBQでも、おにぎりは人より沢山食べてたけど
お腹が大きくなると、ボールを蹴り始め、
ワイン飲んでる私が相手して・・・と、結構無茶なこともやってしまいましたが
やっぱり食べない人は元気というのは、ホントだと思います。

最近、これ系の本、色々出ていますね~
調子が悪い人、病気の人がどんどん増えている現代
それに対しての警告ですね。

本1204-1
↑ 興味のある方、クリックしてね~ 

最近、一日一食、ゴボウ茶で若返りのお医者様、南雲吉則先生
ちょくちょくテレビに出演されているとか。
パートナーが南雲先生の本を買って、興味深く読んでおりますが
私の生活もこれで納得でしょ~

食べ過ぎが病気のもとだと、
スポンサーに食品業界の多いテレビでも言える時代になったということは
それだけ食べ過ぎて運動不足の方が増えているという証拠でもありますね。
飽食で便利な世の中になったが故、病気は増えて・・・

これらの本や、テレビ出演されている方は
本気で病気から救いたいと思っている少数派のお医者さまかもしれませんが

薬の消費量が世界でも類をみないほど多い日本でありながら
私利私欲より、本音を出せるお医者様からの忠告ととっていいのではないかしら・・・
健康な人を増やすためにも、自分で予防できるようにも、医療はもっと変わるべきなのだと思います。

私の生活も、このようなお医者様の本が出てこそ納得される方もあり
私の話にも説得力が出てきたかもしれないですよねぇ。

空腹でいる時間が、自然治癒力を高めているということを
もっと多くの人に知ってほしいなぁ~
食べて消化するって、とてもエネルギー使っているのですよぉ。

だから、病気になった時は本能が働いて食欲がなくなる。

だけど
食べないと元気になれないと思い込んで無理してまで食べている人がどれだけ多いか・・・


草食動物のシマウマが、お肉を食べなくても筋肉モリモリで
持久力があって性質は温和♪

反対に肉食動物は、凶暴で瞬発力はあっても持久力はなし・・・

私も、昨日のBBQではもっぱら野菜でした。
(私のカラダは、お肉を求めていないし・・・)
最後に食べる、お味噌を塗った焼きおにぎりも、大好き!

BBQ120429-4

弟も私も、昨日ノースリーブで活動してたのは
息子に筋肉モリモリを見せて刺激を与えたかったのもあり♪

GW中に、今度は飯ごうでご飯を炊いてみたいと考えています。
動くの大好き!アウトドア大好き!!

これから日焼けが始まりますが
太陽のパワーをふんだんに取り入れ
素手で土に触れ、大地と繋がって

今年の夏も、元気いっぱい過ごしたいと思います。
息子に、私の元気のもとを伝えるためにも♪

Category: 健康

生命場を高める

先月、誕生日を迎え
これからの人生を「成長・貢献」というニーズに合わせ
さらに磨きをかけたいと思いながら日々過ごしていますが

そんな中で
母が最近お仲間に入れていただいている素敵な方の集まりに
私も参加させてもらいました。

場所は実家。

お寿司120225-1


幾つになっても、女性はお雛さまの前では少女のままなのかもしれません。
実家にて、私が誕生した年に祖父が買ってくれたお雛さまを前にして
ひな祭りの歌を静かに唄って下さっていたIさん。
お雛さまの歌って、5番まであるそうですね。知りませんでした・・・


お雛さま120225-2

ガラスのケースに入ったこじんまりしたものだったのですが
実家も私の住まいと同じく、台風の水の被害に遭った2004年、
中身のお人形たちは助かったのですが、ケースは水没。

私は女の子でありながら、どういうわけかお雛さまに興味なく

いえ、今年その理由が、なんとなくわかりました・・・

たぶん、「変人」の私(笑)
自称「永遠の少女」は、一風変わった、自他認める、ちょっと変わった人なんですよねぇ。

本能的なものなのだと思いますが
狩猟民族の縄文時代が好きな私には、
移り変わった時代の中での貴族のお遊びに、どことなく馴染めなかったのでしょう。
動きのないお雛様より、空を泳ぐ鯉のぼりの方が好きだった。。。


ひな祭りが近づいて、出して並べて、また大事にしまい込んでくれるのは、
いつも、母と弟なのでした。
ケースのなくなったお雛さまを、工夫して檀飾りにしてくれたのは弟です。

お雛さま120225-1

でも
雛祭りは、女子のすこやかな成長を祈る節句の行事。
今まで興味なく過ごしてきて申し訳なかったなぁ・・・と反省しつつ
今年は祖父の愛を特別感じながら、
お雛さまと向き合いました。

さて、最年少は今年77歳になる母
ご近所にお住まいの方ばかりですが
メンバーの最高年齢の方は、なんと90歳です!
年齢の差のある集まりというのが、また良いところでもあるようで・・・

ことあるごとに、手料理でもてなしてくれる弟に感謝♪

お寿司120225-2

この日、
「結婚しなかった息子と出戻りの娘がいて、よかったね!」
と皆さんの前で母に笑いながら切り出して

弟とイタリア料理店をしていた時のことを思い出しながら
用意してくれた料理を私がサービスし・・・

ここに集まられた方々は、夫や子供と死別されていたり
息子さんが病気で不自由な身ですとか
娘さんだけなのに長男さんに嫁がせていたりと

決して、一般的に言う恵まれた環境のもとにいらっしゃるわけではないのですが
皆さん、とても明るくて日々楽しんでおられます。

お辛いことがあったけど、クヨクヨせず
不満をもらさず、人を非難せず、笑顔が本当に素敵な方ばかりなんです。

さて、お食事のあとは


Category: 健康

太陽を見つめて

朝陽110111-1

おはようございます。
私が、去年から試みていることのひとつですが

太陽光を浴び、太陽を凝視することで意識レベルを向上させ直感力を養うことができる?
ということに興味があり


太陽の悪影響ばかりが強調されている昨今ですが
海が好き、アウトドアが好きな私にとって
日々の生活の中からも太陽からは偉大なエネルギーを受けていると感じていました。
太陽を避けている人が多い中
実際のところ、日照時間が短い国では、鬱の人が多いというデーターがあるとか
太陽エネルギーの不足によるマイナスの面もあるわけで


あるサイトで知り
これなら大丈夫そうと太陽の凝視を去年から少しづつ始めていました。


太陽を凝視する時間帯が大切なので
日の出から1時間まで、もしくは日没の一時間前。 

私も毎日。。。となると時間的に無理なこともあり
できるだけ、できる日からということで
今朝も日の出から1時間以内の時間帯を選んで
また昨日は、たまたま日の入りの1時間前の太陽を10秒間、凝視できました。

その時間帯であれば太陽の有害な紫外線などの悪影響を受けることはないというのを信じて

毎日10秒づつ増やしていき、9ヶ月後の44分がマックスということなんですが
そこまでは無理としても
一日10秒でも朝陽を見つめることができたらいいなと♪

太陽凝視のメリットには

精神的緊張や心配、恐れがなくなる
健康になる
マイナス思考が消えうせる

などなど


意識レベルが格段に上がるようです。

朝陽110111-3
 
昨日の朝は、まだ山の向こうから見える太陽を待ちきれずに
掃除当番だった公民館に行くはめとなったので

今日は、時間を遅めに
昇った太陽を見つめて・・・・

朝陽110111-2

これからも健康でいたいために、自らできること
それらを楽しみながら、今年も過ごせるように
そんな努力は惜しまないでいようと思います。

あら、外は雪が降り出しました。
只今午前9時半。

ゆっちと外へ出て遊ばなきゃ♪


Category: 健康
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。